スポーツ

2011年6月 1日 (水)

パチンコ「ガイア」代表もポン中?

神奈川県警にパチンコ会社「ガイア」の代表取締役渡辺直行さんが、

覚せい剤の使用容疑で逮捕された。

どうやら「あのね、あの人、シャブ食ってるよ」という密告者がいたようで、

その情報をもとに同署の警察官らが自宅を家宅捜索した訳だ。

すると、尿検査で陽性反応が出ちゃった。

だが、これほどお金にも余裕のあるような人でも

事件を揉み消すことが出来なかったとは・・・。

ただ「ポン中」だと疑われるだけで、

簡単に家宅捜査とか出来るのだ。

だから、ポン中は常に非常に危ない身に晒されている。

最近は覚せい剤を売って、お客を警察に売るということも少なくない。

私などは覚せい剤の前科だらけだから、

いつまで経っても疑われる。

確かに今でも密売とかしてる人とかも知ってるが、

私は「いずれパクられるから他の方向性で・・・」と、

伝えているけれど、

なかなか密売は止められないし、

ポン中も減らない。

やや品薄状態が続いており、

今はコカインとか大麻に切り替わっている感じだね。

それでも、やっぱり密告者とか、

仲間を裏切る者が増えた。

そうでなくても悪いことしてれば、

いつかは捕まることになる。

ちゃんと色々なことを警察は御存知で、

時期が来たら「さて、今度はヤツでもパクるか!」と待ち構えている。

警察官も不況で必死に犯罪者を捕まえて、

点数上げないとボーナスや昇進に影響が及ぶから・・・。

まず近頃は「お金持ち」から狙いを定めているのかな?

だが、何でも捕まえれば良いという問題ではない。

刑務所とか入ると更に悪友を増やしてしまい、

更正する人が少ないのは事実である。

そうしたことでも、

法の見直しや矯正指導の仕方を

お国の偉い方々に考えて頂きたいものです。



| | コメント (2)