« 実話時代(6月号) | トップページ | アカウント泥棒なりすまし! »

2015年5月24日 (日)

電流爆破!

昨日は大田区総合体育館でのプロレス興行を観に行って来た!

井上貴子さんとか女も年齢問わず威勢良く闘っていたが、

プロレスも命懸けでもある。

Img_20150523_183122

私は小学校二年生の時には大田区山王小学校で

暴走族の頃には大森や新宿歌舞伎町でも有名な不良少女と交際をしていたが、

そうした女との思い出も残る大田区だった。

その不良少女は私が誰かとケンカに成ると私よりも先に相手に向かっていた。

かつては歌舞伎町の喫茶店マイアミで働いていた。

古き時代の歌舞伎町では少年ヤクザや暴走族やヤクザと群雄割拠して法律など関係無かった。

そうした生き残りの私は物書きです。

Img_20150523_184915

そうした世代の女たちも未だにプロレスをしている。
Img_20150523_195230

大仁田厚さん、TERUさん、長与千種さん、ダンプ松本さんの電流爆破は、

反則アリで歌舞伎町には何にもルールは無かった。

Img_20150523_195739

ダンプ松本さんと長与千種さん!

そうした男も女も威勢良く強いが子供には優しいのが国士館という存在だった。

私は女子供を守りながら物書きとジャーナリストをしているが、

私の名前を使って異性悪くブログ荒らしや邪魔メールやアカウント詐欺は業務妨害です。

Img_20150523_2016111

女の成長は早いが所詮は女であり、小説も所詮は小説であるが、

大仁田厚さんには長与千種さんもダンプ松本さんも、

試合終了後には深々と頭を下げて、

大仁田厚さんは「俺たちはプロレスが好きなんだ!」と語ってマイクをリング上に叩きつけた!

最後はやっぱり悪役ダンプ松本は悪役的に徹していた。

私は今まで何人もの人間に助けられ、恩人も数知れず、、

物書きとジャーナリストも命懸けで、

幾度も危険を乗り越えて今があり、

明日があり、

そうした思い出は決して金では買えないものであり、

今はノアちゃんを守りながら、

漫画家森哲郎の次男坊として、

女子供を笑わしながら、

実話時代の連載を大切にしています!







|

« 実話時代(6月号) | トップページ | アカウント泥棒なりすまし! »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実話時代(6月号) | トップページ | アカウント泥棒なりすまし! »