« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月24日 (水)

「アサヒ芸能&ノアちゃんの誕生日&クリスマス&スカパー」

先週号のアサヒ芸能では、

Img_20141216_1506171

高倉健さんと菅原分太さんのことでコメントを致しました。

私は実父が東映さんとも関係ある中で育ち、

早くから任侠というものに関心を抱き、

暴走族を引退後には、

ヤクザ組織に加入した。

そして、江戸末期から続く名門博徒の教えと、

新興ヤクザの両方をトコトン教え込まれた物書きです。

25年間のヤクザ生活の中で、

刑務所に服役していた期間も長かったが、

服役中にも総長クラスの方々にも、

様々なことを教えられたものだった。

元ヤクザで私ほど多くのヤクザと接してきた物書きは他に居ないことだろう。

そうしたヤクザの経験を今は実話時代などの雑誌や本に物を書いている訳だが、

正式離脱してから6年が過ぎて、

22日放送の「スカパー」にも出演してきた。

Img_20141216_1506431

両方も子供の問題もあったことだろう。

Img_20141217_17104711

ノアちゃんは、12月16日で5才になり、

誕生日祝いで玩具を買ってケーキを食べて、

Img_20141223_1420421

クリスマスのプレゼントも買ってきた。

Img_20141223_1432311

毎年、麻布十番にはサンタクロースが単車や外車で来て、

ノアちゃんも単車に乗せて貰った。

私は過去が過去だけあって、

謙虚に仕事を頂けるだけで嬉しく思っています!

私はノアちゃんの父親として、

ノアちゃんを守りながら犯罪には手を染めずという姿勢を貫き通して、

物を書き続け、

次々と本を出したい。

物を書き始めてから、

来年で10年が経つが、

まだまだ未熟ながらも、

幾度も幾度も手直しをしながら、

「書く」ということを大切に、

今後とも頑張りますので、

宜しく思う次第です!

















| | コメント (2)

2014年12月 5日 (金)

高倉健さん菅原健さんと死去

私の父親の家は東映の俳優さんの溜まり場でもあった。
そうした中で私は幼少の頃から東映とも関係があり、父親もヤクザの親分を舎弟にしたがある。。 
高倉健さんを語るには、
北海道の刑務所を服役した者にしか分からないものでもあることだろう。
北海道の私の知人も高倉健さんに憧れてヤクザになったけど、
映画と現実との問題に悩んだ末に自殺してしまった。
高倉健さんの映画は主に新興暴力団と古風な伝統を守るヤクザとの戦いになっているが、
その両方を備えた組織に私は27年間所属をして
後に物書きという業界で生きるという方向性を選び、
今でも断る仕事も多くあり、物書きを渡世と考えている。
私の後輩も東映で働いてもいた。
私の先輩も東映の関係者をヤクザの親分に紹介して結婚したが、
その親分も二度と出所できるか分からない懲役に行ってしまった。
菅原文太さんは俳優から政治家になったけれど、
高倉健さんも菅原文太さんも私が所属していた関係とは繋がりも深かったようで、
仁義無き戦いは、
何故に起きたかというものもあろう。
私は義理あるヤクザと恩義あるヤクザと居る中で、
筋は情で曲げられるという言葉もあるが、
私は筋を語らせたら日本一とも言われる方と、
新興ヤクザとして北海道から九州まで武力で名を轟かせた方と、
両方の教えをトコトコ叩き込まれた。
もう両方のような俳優さんは再び世には現れないことでもあろう。
中野ジローという人間も世には現れない物書きと成れるよう
今後も更に磨きをかけて、
勉強に勉強を重ね、
生きた経験を生かし、
俳優云々や政治家より、
私は私なりに努力と根性で、
両方の死去とともに、
更に頑張るぞーと決意を固めた次第です!

| | コメント (9)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »