« 「実話時代8月号」 | トップページ | 「実話時代(9月号)」 »

2014年7月24日 (木)

「戦争の教室(月曜社)」

Img_20140724_1201591

今月末には刊行されます。

様々な業界の著名人が「戦争」について書かれてますが、

その中に私も書かせて頂きました。


Img_20140724_1234491


Img_20140724_1205221

題材は「子を守る戦い」です。

ヤクザにせよ、

堅気にせよ、

警察官にせよ、

自分の子供を守るためには、

戦いというものが生じてくる。

私にはノアという娘がいるが、

ノアを産むまでの過程でも、

色々な出来事が生じ、

その度に「戦い」というものがあった。

自分との戦いでもあったが、

もし自分の子供がイジメにあってたら?

子供が誰かに脅かされていたら?

子供が猥褻行為を受けてたら?

子供が交通事故に会うのではないか?

そういう事に対して、

誰しもファンを感じてはいるだろう。

他人は所詮、他人でしかない。

他人が他人の子供を命がけで守れるだろうか?

そりゃあ、「産みの親よりも育ての親」とも言うが、

全く私と同じ顔したノアである。

何処で誰が見ても、

「中野ジローの娘だ!」と思うことだろう。

私の実父、漫画家・森哲郎は、

「俺の息子だというプライドを持てよ!」と言っていた。

実母は亡くなる時に、

私の写真を手にしていたという・・・。

中学校を卒業してから直ぐに私は親元を離れて、、

以降は殆んど両親とは一緒に暮らしてはいない。

私には実兄も居れば、

腹違いの妹、洋子もいるが、

やはり殆んど別々で、

特に洋子とは、

幼少の頃、2回だけ会った思い出しかない。

たまに実兄とは連絡を取ることもあるが、

洋子の連絡先は分からず、

「何処かで苦労してるのかな?」と思うこともあるけれど、

私は苦労を苦労と思わないタイプの人間だが、

実父がいう「プライド」とは何か?

確かに実父は多くの作品を世に残して亡くなった。

私が物書きになり、

政治にも関心を持つようになったのも、

実父から受け継がれた血筋なのだろうか?

実母は小学4年生の時に、

愛知県でも有数な呉服店を営む両親が他界してしまった。

(愛知県、中村家本家筋の母方)

以後は呉服店も失い、

親戚やお寺や施設を転々とし、

戦争孤児みたいな育ち方だったのだろう。

故に家族愛というものに飢えてもいたのか?

私は、

伊勢湾台風の関係で、

予定より2ヶ月早く未熟児で産まれ、

病院の先生も、

「この子は病弱だし育ちませんよ」と諦めを諭したけれど、

実母は先生の言葉など聞き入れず私を意地になって育て上げた。

そして、今では年齢的には人並み以上に元気だが、

いつかは私にも「死」は訪れる・・・。

「人は死して名を残す」とも言うが、

物を書く、書いた作品を残すということでも、

又、私ながらの生き方を人は良くも悪くも言うだろうが、

こうして著名な方々の中に加えて、

物を書かせて頂けること・・・。

今回、この本の刊行までに、

尽力して下さった、

編者・松本彩子さんに深く御礼申し上げます!

14056883277321

(ノア・・・、私は私なりにノアの父親として、人様が何を言おうと、恥じなく生きるからね!)



|

« 「実話時代8月号」 | トップページ | 「実話時代(9月号)」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
おもしろそう-という言い方がふさわしくないのは
承知の上で-ですね。非常に興味深い御本です。
ぜひとも購入・拝読させていただきます。

昨年は、鈴木先生の生誕祭に参りましたが、
今年は都合がつかず伺えません。
また来年、参加できるようでしたら、先生にも
お会いできればと、鬼に笑われながら待っております。

投稿: ぴんくの着物 | 2014年7月24日 (木) 23時55分

戦争は起きてからでは遅い、しかし止める事は難しい。

中野さんはどうして戦争が起きるのか本気で調べた事がありますか。起きてからの戦争で子供守る事は難しいでしょうね。その為にも根本を探る必要があるのですよ。 

ただ戦争反対なんて言っていたって駄目なのです。 戦争の本当の原因追求と回避させる為の提案を国民レベルで両方を行なわないと駄目なのです。

薬物撲滅も他人の運動に賛同していても駄目なのです。個人一人一人、自分自身の強い意思を固める修行的な努力、苦労、正しい苦労が無駄な行為、マイナスすぎる行為である事を気づかせてくれるようになるのです。

あなたは政治団体を立ち上げているみたいですが都合が良いではないですか。 暴力団云々ではなく神様から授かった子供の命を守る為に大いに利用すべきです。

それが正義と言うもの、真の任侠ではないでしょうか。

投稿: 被害者 | 2014年7月25日 (金) 22時33分

世の中は常に戦争です。

仕事を得るのも、収入を得るにも、欲望を満たすにも・・・。

ただ喧嘩するより仲裁に入る方が難しいとは言われますね。

戦争は起きてからでは遅い、しかし止める事は難しい。

東北の震災で施設に入った子供が変な投薬を受けて施設内で暴れるという相談もありました。

実の母親が自分の幼児を虐待する所も見ました。

それは段々と不況や生活苦、貧富の差、規制などでストレスを抱えてる人々が増えてきたからでしょうね。

私自身は違法薬物を絶ちました。

私が政治団体を立ち上げたことに対して人様にとやかく云々言われるものではないでしょうね。

投稿: 中野ジロー | 2014年7月26日 (土) 00時12分

薬物は本当に絶てましたか。

一人で時間を過ごしている時に白い粉末が目の前にあっても手を出さないぐらいでないと駄目です。それ以外はタイミング、白い粉末から距離を置くしかないですね。基本的に10年以上経たなければ駄目だと思います。 しかし健康、身体が元気な場合は10年以上経ようとまた手を出す可能性はとても高いですね。

お子さんが小さいうちは手が掛かりまた可愛いので気持ちが子育てに集中しますがその後は要注意です。

C型肝炎、覚醒剤を打つ人は何故かこのウイルス感染が多いですね。針の使い回しでしょうか、あるいは薬物による免疫低下も後押ししているのかも知れないですね。

辛い病気が薬物使用にストップをかけるきっかけも多くあります。とにかく薬物は限られた行動しか出来なくなりやすくデメリットだらけと言えます。内臓器官の機能低下は脳にも大きく影響してやる気を無くさせてしまいます。臓器消費も激しいのである時期からよほど健康的に食事などを意識しないと老化が加速します。

減速させる為にもこれからの生活を意識した方が良いでしょう。

しかし過去に1度刑事、警察との知恵比べで薬物使用者の薬物購入に付き合って入手から使用までのアドバイスをしながら試してみようかなと思ったことがあります。その方法は此処では書けませんが当然発覚しても自分には罪が発生しないように手を打ちますが。 此処だけの話です。ng

投稿: 匿 名次郎 | 2014年8月 8日 (金) 00時25分

全く目の前にあっても使用する気にはならないですね!!!

投稿: 中野ジロー | 2014年8月 8日 (金) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「実話時代8月号」 | トップページ | 「実話時代(9月号)」 »