« 「月刊実話時代10月号」 | トップページ | 「ハルモニと楽しい演芸会(2)」 »

2013年9月25日 (水)

「ハルモニと楽しい演芸会」

22日、日本出版クラブ会館での演芸会です。

Img_20130922_1220521

ここへは「見沢知廉を偲ぶ会」以来だった。

私は京都刑務所で服役中に、

見沢知廉氏の「囚人狂時代」を読み、強く影響を受けた。

2005年6月、京都刑務所を出所後、

見沢知廉氏に幾度もメールや手紙を出して、

作家に成るための指導も受けたかったし、

彼自身を知りたかった。

彼は暴走族から政治活動家に・・・。

私は暴走族から暴力団組員に・・・。

そして、同年9月、彼は自決し、

結局は会えず・・・。

ただ手紙とかの関係で私の元にも、

「偲ぶ会」の通知が届いた。

あれから8年が経つ・・・。

その間、何かしらの雑誌に連載は持ち続け、

四冊の本を出した。

今回の演芸会は、

「政治抜き」で、

韓国から80才のハルモニが来日して行われたが、

要は慰安婦の問題ではあった。

Img_20130922_1358061

Img_20130922_1537151

「着物美人さんと久田将義さん(共に編集者)」

Img_20130922_1603421

「韓国メディアの方とかも・・・}

Img_20130922_1718491

「講談師の美人さん」

まあ私的には、

国内のハルモニで色々な方を見てきた。

日本人ヤクザを裏で支えたハルモニとか、

占いハルモニとか、

金貸しハルモニとか・・・。

韓国美人の虜になり、

スッカラカ~ンに成った大親分もいた・・・。

ただ韓国人には強制送還というのがある。

でもね、何だかんだ言っても、

何人とかの問題は抜きにしても、

オバチャンは強かりしです。

特に大阪のオバチャンたちは、

平気でヤクザと喧嘩するからね!!!








|

« 「月刊実話時代10月号」 | トップページ | 「ハルモニと楽しい演芸会(2)」 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「月刊実話時代10月号」 | トップページ | 「ハルモニと楽しい演芸会(2)」 »