« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

「実話時代(11月号)

現在発売中・・・・!

Img_20130930_1322191

今月号の最初は、

「三代目福博会会長の誕生祝賀会」

Img_20130930_1251341

福博会には、

執行さんと言う人と京都刑務所で一緒だったけれど、

今は連絡取れなくなった・・・・。

そして、

「ヤクザ灼熱の時代 列島を揺るがした大抗争 大地に刻まれた昭和、平成の爪痕」

Img_20130930_1252091

そうした方々とは殆ど徳島刑務所で知り合い、

色々なことを聞かされた・・・。

関東では私が所属してた組織が一番抗争が多かったかな?

熊本刑務所に服役してた知人もいるし・・・。

大概の組織には知人がいるけど、

今は多くは付き合ってはいない。

今回の連載「893のブルース」では、

ヤクザの見栄について・・・。

Img_20130930_1254421

ヤクザにはクルマは必需品だし、

やはり何のクルマに乗ってるか、というのは気にしますね。

Img_20130930_1255001

義理というのも、

何かとお金がかかるもので、

「金ねえな、誰か死んだことにして葬儀でもして香典集めするか?」というヤクザもいた。

「義理場はヤクザの社交場」とも言われて、

見栄の張り合いの場所でもある。

それも暴排条例で場所の提供も禁じられてはいるが・・・。

Img_20130930_1255101

「見栄=金」で、

「金ねえ野郎とはシノギはしない」というヤクザも多い。

Img_20130930_1255321

もう今は如何にシノギが上手いかということが重要視されるし、

会費が払えなくて建築現場で働いてるヤクザもいる・・・・。

会費未納でトンズラとかもね。

もう食い凌ぐには御法度も何も無くなったような・・・。

Img_20130930_1255401

私も現役時代には何人か兄弟分の縁は持ったが、

離脱と共に現役の人との縁は絶った。

ただハートとハートの付き合いはあるけどね。

ある意味、ヤクザも懲役に行くと、

その人物性が分かる。

嘘がめくれて工場にいられなくなったニセヤクザとか(実は破門中なのに組員を名乗ってるのとか)・・・。

親分でもカタギ苛めしてて、

開き直られてボコボコにされちゃったのとか・・・・。

私は「懲役番長」というか、

務め方が上手かったのか、

殆ど優等生だったけどね。

何処でも大概は、

応援団長か、

作業班長だったし・・・。

金銭的にも、

そうは困らなかった。

差し入れとか、

良い友人に恵まれたからだと思っている。

まあ元身内からもあるにはあったけど、

何だか元の身内よりも、

他組織の人からの方が多かったような・・・。

Img_20130930_1256261

女はね、私らは、

「女にボケるな、惚れるな、惚れさせろ」という教えだったけど、

意外と私のヤクザ時代に、

如何なる女と交際してたかというのは、

あまり知られてはいないような・・・。

今の嫁には、

離脱後、すぐに捕まってしまったけど・・・。

嫁も年齢が19才下だし、

出産後は、

娘と同様なものです。

ヤクザは、

家に置いとく女と、

外で連れ歩く女と分かれてることも多いけど、

女の芸能人というのが好きでもありますね。

やはり人様には、

美人さんを連れ歩いて、というヤクザの見栄でしょうな。

それも今では、

黒い交遊になるのか?

Img_20130930_1256071

ヤクザは、

博打にせよ、

女遊びにせよ、

酒を飲むにせよ、

伊達で粋な遊び方というのは、

ヤクザとしての器量を問われます。

Img_20130930_1256351

そうしたことが書かれてますが、

イラストというのもオモロいですよ。


Img_20130930_1255241

(若い衆よりクルマを大事にするヤクザ)


Img_20130930_1255461

(そう似たようなものよ・・・)



Img_20130930_1255571

(女嫌いはガチホモか、余程のモテないヤクザか・・・)

Img_20130930_1256421

(そう刑務所でも、誰を慰問演芸会に呼ぶかでヤクザの親分さんは競い合ってた・・・)

Img_20130930_1256521

(って、意外と冗談じゃないことも多かりし・・・)

しかし、

やはり山口組の当代に立つ方は、

オシャレで男前な方たちばかりですな。

Img_20130930_1301291

そうしたことも土地柄にもよりますが、

私は現役時代から、

今でも見栄の付き合いはしたくはない。

ただ嫁がね、割と煩いから、

それなりに恥ずかしくはないような服装をとは思ってます。

一応、義歯も作ったし・・・。

あとね、ノアちゃんが、

キレイキレイな服とアクセサリー好きで、

「これカワイイ?」と、

「これナーニ?」とばかり、

超カワイイ声でお喋りするようになって・・・・。

これはパパとしても、

た~まらんですな。

では、実話時代を今後ともご愛読下さいませ!!!














| | コメント (3)

2013年9月25日 (水)

「ハルモニと楽しい演芸会(2)」


Img_20130922_175653_8

「講談師美人さんとオルガン美人さん」

楽しく明るい古き良き時代を演芸会では感じました。

で、私のノアちゃんも・・・。

Img_20130921_1820101

いつも演芸会みたいなもので、

Img_20130921_1820141

お歌も可愛い声で歌うし、

Img_20130921_1820241

意外とテレ屋さんの、



Img_20130921_1820291

気取り屋さんでもあり、

アクセサリーとか、

キラキラと綺麗な物好きで、

よくお喋りもするようになった。

踊りも上手だし、

英会話も・・・。

嫁も、

嫁の母親(通称「ババ」か「グランパ)も、

ノアちゃん狂いです。

あれほど出産には反対してたのに、

今では、

「皆ちゃえ、孫ちゃ可愛いが言うがぁ、

やっぱ孫ちゃ持つと可愛いもんがぁ」とか言ってるようで、

毎日、嫁はノアちゃんの写メを送って、

送らないと怒るとのこと・・・。

私ら出産まで色々とあったけど、

まあ嫁も嫁で母親らしくなりました!!!


| | コメント (3)

「ハルモニと楽しい演芸会」

22日、日本出版クラブ会館での演芸会です。

Img_20130922_1220521

ここへは「見沢知廉を偲ぶ会」以来だった。

私は京都刑務所で服役中に、

見沢知廉氏の「囚人狂時代」を読み、強く影響を受けた。

2005年6月、京都刑務所を出所後、

見沢知廉氏に幾度もメールや手紙を出して、

作家に成るための指導も受けたかったし、

彼自身を知りたかった。

彼は暴走族から政治活動家に・・・。

私は暴走族から暴力団組員に・・・。

そして、同年9月、彼は自決し、

結局は会えず・・・。

ただ手紙とかの関係で私の元にも、

「偲ぶ会」の通知が届いた。

あれから8年が経つ・・・。

その間、何かしらの雑誌に連載は持ち続け、

四冊の本を出した。

今回の演芸会は、

「政治抜き」で、

韓国から80才のハルモニが来日して行われたが、

要は慰安婦の問題ではあった。

Img_20130922_1358061

Img_20130922_1537151

「着物美人さんと久田将義さん(共に編集者)」

Img_20130922_1603421

「韓国メディアの方とかも・・・}

Img_20130922_1718491

「講談師の美人さん」

まあ私的には、

国内のハルモニで色々な方を見てきた。

日本人ヤクザを裏で支えたハルモニとか、

占いハルモニとか、

金貸しハルモニとか・・・。

韓国美人の虜になり、

スッカラカ~ンに成った大親分もいた・・・。

ただ韓国人には強制送還というのがある。

でもね、何だかんだ言っても、

何人とかの問題は抜きにしても、

オバチャンは強かりしです。

特に大阪のオバチャンたちは、

平気でヤクザと喧嘩するからね!!!








| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »