« 東京拘置所へ・・・。 | トップページ | 月蝕歌劇団 »

2013年7月 1日 (月)

「月刊実話時代(8月号)」

現在発売中・・・!

Img_20130630_1909461

「六代目山口組四代目誠友会、一家内盃直し」

Img_20130630_1913371

私も北海道の月形刑務所、帯広刑務所では、

誠友会の方たちとも親しくなり、

先日は、

初代の頃から直参の組で若頭に付いてた方からも電話があった。

もう離脱して長くなるが、

息子さんの方は、

関東に居て、

新木場の格闘イベントに行ったとのことで、

詳細を聞くと、

キャットファイトの試合・・・。

お父さんの方は体調も良くないそうで、

続けて二度の心臓手術を行ったが、

服役中も息子さんのことばっかり心配していた。

やはり元も現役も同様に、

ヤクザの子ということで、

親からすれば心配になるのは、

私も娘を持って分かる・・・。

それから、

九州での両会が、

大抗争完全決着・・・。

私が属していた組織は、

両会とは縁が深かった。

個人的にも、

両会に友人はいたが、

今では交流をしてはいない。


Img_20130630_1914011

それは私ながらに、

離脱した身として、

交流するヤクザも、

「ある程度に限って・・・」と思っているからだ。



Img_20130701_0541151

そして、私らの懐かしい池袋抗争・・・。

Img_20130630_2032091

私が甲府刑務所に服役中、

会長は絶縁処分になり、

出所後の明くる日から、

本部で一ヶ月間缶詰状態。

「お前は警察に口が堅い」という理由で、

特攻第一班のメンバーに選ばれた。

某所のマンションで、

「GO!」の指令を待っていたが、

一応は先方側とも話が付いて・・・。

あの頃のことを思うと、

「あれほど関東で過激な抗争を繰り返す中で色々なことがあったな・・・」という感じです。

通称「十年戦争」と呼ばれてました。

私の場合、過去を振り返れば、

短期刑でよく済んだものだと思うし、

先達ては「最後のヒットマンが・・・」って、

何だか私の住居の近くに潜伏してたの?

Img_20130630_1914561

私は個人的にも、

府中刑務所で中野会の方と親しくなり、

出所後には、

最初の頃に逮捕された「ヒットマンのヨシダさん」を紹介されたことがあった。

徳島刑務所も「中野会工場」と呼ばれる工場で、

同じ雑居房には、

高知の「超いごっそ」な方と、

中野会の方と一緒だった。

工場では、

初代健竜会の舎弟さんにもお世話になり、

そうした方々のお陰で何とか無事に服役を終えられた。

中野会出身の方とは、

京都刑務所でも親しくなり、

私の次の作業班長も、

中野会に・・・。

それでも宅見組さんの方にも親しい知人はいた・・・。

しかし、流石に山口組さんには、

凄い方々が・・・と思える記事も掲載されてます。

Img_20130701_1915191

懲役ばっかりの私だったが、

徳島刑務所へ移送前に、

実母が心筋梗塞で、

又、

私を若頭の役に付けてくれた川村伸一親分も脳溢血で他界・・・。

せめて実父の死は見届けたかったが、

シャバに居たのに、

見届けられず、

葬儀では、

本当に悔しくて・・・。

「↓」という時のことが連載に書かれてます。


Img_20130630_1915481

人は悔しさを重ねることにより、

逆境を乗り越えられる逞しさが身に備わる。

それには、

私的に、

まだまだ・・・・ですね。

Img_20130630_1915571

そして、今回は代紋バッジが・・・。


Img_20130630_1916371

「殺しの軍団・・・」






Img_20130630_1916521

現在では超貴重な・・・。

Img_20130630_1917031

懐かしき・・・・。


Img_20130630_1917121

甲府刑務所では新潟の源清田会の方たちも多かったけど、

あの方、この方と、

今は皆、如何してるのか・・・。

それと、

雑誌とは別に、

梶原一騎さん、真樹日佐夫さんの追悼興行の通知が届いた。

Img_20130630_1908141

亡き実父と、

梶原一騎さんとは、

交流があり、

お互いに陰口を言ってたのが知れて、

野球で勝敗を決めたそうである。

実父は、

「俺が勝った」と言ってたが、

後の森哲郎兄弟と比べたら、

お話にならない・・・。

あとね、2ちゃんで、

何やらとか、

ブログの方にコメントをくれた方、

それ私では御座いませんよ。

最近でも「LINE」で、

私の経歴を送ったり、

誰だか知らないけど、

ミクシーのアカウントも取られて、

成りすましの私が存在してるようです。

前に私もブログ荒らしされてましたから・・・。

山根さんという方のことも存じ上げないし、

コメントもアップ致しません。

私らの頃の関東連合設立者は、

阿佐ヶ谷マッドスペシャル初代と、

新宿ブラックエンペラー初代で、

会長に立ったのは、

神奈川県鶴見市から、

世田谷区に移り済んだアベ会長で、

昭和52年、関東連合最後の集会を指揮したのは、

赤坂ブラックエンペラー初代です。

確かに今のインチキ歴代総長やら単車の頭じゃないのに、

単車の頭だとか、

そうした変てこなのが、

誰も文句を言わずに作られちゃったから、

私も服役中でしたし、

後のと比べたら、

後の方が遥かに凄いんじゃないですか?

時代の違いもあるでしょうね。

私らの頃は、

人数での勝負みたいなものでしたから・・・。

それと私は喧嘩が強くて、

中野ブラックエンペラーの初代してたのではなくて、

強いメンバーが周りに居たからです。

ヤクザ云々というのも、

私は

池田会木村睦、

後に一家の直参、

目白貸元、川村伸一親分の下では、

若頭もしてたけど、

川村亡き後は、

連合会に移り、

出世云々とか考えず、

懲役続きで、

後輩らには遅れを取るし、

サッサと離脱して、

物書きに・・・となった訳です。

で、一九才年下の嫁を持ち、

三才半になる娘を育て、

アウトロー規制じゃ何やらで、

アウトロー誌や暴走族雑誌が減りつつあるのを、

つまらん、と思ってる次第です。

でも、「実話時代」を今後ともご愛読下さいね!!!

|

« 東京拘置所へ・・・。 | トップページ | 月蝕歌劇団 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

瓜田純士の父親も、

「俺たちの頃のと、後のでは違う」ということを何かの雑誌にか書いてたように、やることの違いではないかな? 私らの頃は道路交通法改正前で規制も緩かったから派手に暴走族できた。

そして、段々と暴走族が愚連隊化していった。

投稿: 中野ジロー | 2013年7月 1日 (月) 22時40分

最近話題になっている関東連合の暴露本について中野さんの意見が聞きたいです。

投稿: 経堂 | 2013年7月 5日 (金) 15時35分

ああ後に関東連合を名乗った人たち、それに繫がる芸能人も大変だな、おの人たちの、向こうの人も・・・という感じでしょうか?

私ら中野ブラックエンペラーは関東連合を名乗ってないので、後に名乗ったのは知らないで名乗った、又、ズーッと末端の末端のほうなので、初代たる私が認めない限り中野エンペラーは関東連合ではありませんから・・・。
まあ警察さんも半ぐれ狙いでお忙しいかな、と思う程度です。

投稿: 中野ジロー | 2013年7月 6日 (土) 06時32分

あとは暴対法の強化、暴排条例、それで良いのかな? 離脱者は増えても職場がない、という人が多く半ぐれとなる、それでは治安が悪くなる一方でしょうね。

投稿: 中野ジロー | 2013年7月 6日 (土) 07時05分

山根氏とは誰?

投稿: 中野ジロー | 2013年7月 8日 (月) 04時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京拘置所へ・・・。 | トップページ | 月蝕歌劇団 »