« 実話時代4月号 | トップページ | 週刊アサヒ芸能「『西成の帝王』がモノ申す」 »

2013年3月10日 (日)

大阪・・・!

5日、私は東京の品川駅から東海道新幹線で新大阪駅に向かった。

Img_20130305_1101181

(新幹線内)

当日は原稿を書くのと、

西成の「ドヤ」という木賃宿が如何になったかという事も知りたくて、

ドヤに泊まったら、

身体中が痒い痒いになってしまった。

Img_20130307_0550381

(こんなのがアチコチに出来てしまった)

一泊1800円という安いドヤだったからか、

室内は不衛生で変なダニやら南京虫だか知らないが、

何匹も・・・・。

Img_20130307_0620391

(この変な虫・・・)

消毒液と塗り薬と飲み薬を買って、

痒い痒いを治そうとしてるが、

なかなか治らない。

痒くて寝ても直ぐに起きてしまうし、

物事に集中出来ないでいるが、

一応、原稿は仕上げて、

以後は衛生的な所に知人の関係で泊めて頂いております。

Img_20130306_1027371

しかし、大阪のポスターというのは、

オモロいもので

綺麗な”あいりん”と言っても、

見た目やうわべだけでなく、

本当の綺麗とは如何なることか・・・。

Img_20130309_1326241_3

西成は高齢者の方が多くなり、

仕事にあぶれてる人たちは暮らしにお困りで、

ホームレスやヤケクソでの犯罪も増加・・・。

「まかしとき」と言っても、

火事は多くて先日も殺人事件とか起きた。

Img_20130306_1027581

(防火のポスター)

まだ浪速の誇りや人情は廃れてはいないが、

貧困の差も広がり、

テロ的な事件も増えつつあり、

警戒をしても変な虫は、

如何にしたら全滅するのか?

最近は高熱を発させるようなダニもいて、

死亡者も出ている。

所謂、恐るべしテロ的な虫で、

ジロちゃんを攻撃するとは・・・。

Img_20130306_1028151

(テロ警戒のポスター)


Img_20130307_1053561

通天閣の方は、

新世界と言って、

賑わいはしてたが、

以前、2年前かな?

その頃よりは人が少ない。

そう言えば、

あれは6年前くらいかな?

私が暫く大阪に滞在してた時に知り合い、

親友みたいな関係になった通称「福ちゃん」と再会した。

Img_20130308_1959291_2

(通天閣の福ちゃん)

もうすぐ彼は入籍するそうです。

彼とは大阪で苦楽を共にした事もある。

友人が幸せになってくれることは嬉しいものであり、

何とか幸せになって欲しいと心から願う次第です。

その「幸せ」ということは、

各自の考えで様々な事だが・・・。

そして、飛田新地の方も人が少なかった。

次々と居酒屋や色々なお店が閉店していた。

Img_20130308_1059241

西成界隈では、

タスポをお持ちでない人も多くて、

煙草の自動販売機も、

機械の前で目をパチパチして、

それから購入という東京では見たこともないような販売機である。

Img_20130308_1118571

それから大阪に来ると、

よく行くのが、

西成区太子の交差点から堺筋を北に向かった方にある「つけ鴨ソバ」のお店です。

Img_20130308_1700261

(つけ鴨ソバ。並は二玉分の量)

Img_20130309_1014031

ミナミの方にも行ってみたが、

こちらの方には若者は多いけれど、

年々と人は減りつつあるような・・・。

まだ季節的な事も関係するのか知れないが、

陽気も段々と暖かくなってきたし、

夜中には行ってないので、

後にクラブでも・・・とは思ってます。

Img_20130309_1015021

ミナミでも何人かの知り合いと会い、

互いに以後の事を語り合ったが、

何しろ、体調を崩してる人や服役中の人は多くて、

親しい人が段々と減っていくというのは淋しいものです。

しかし、悲しんだり、淋しがったりもしていられない。

社会全体が明るく楽しく偏見や差別のないように、

私は私なりに取り組んでいきたい。

なんばグランド花月はお笑いを世間に提供し、

私的にも吉本興業の芸人さんは、

めっちゃオモロくて好きです。

Img_20130309_1044341

(なんばグランド花月)

梅田の方でも、

「おもろナーレ」と書かれてあり、

本当に社会全体がオモロくなって欲しい。

それには私もオモロい事を書いて、

オモロ差を増さなければ・・・。

このオモロいというのにも、

お笑いでも、

許される事と許されない事はあるが・・・。

Img_20130309_10590911_2

(梅田の看板)

まあ私も未熟な物書きなれど、

オモロい物を書けるよう更に前進をと心掛け、

一歩前へ、と考えて、

政治団体「愛心会」の活動と共に行動致しますが、

まだもう少し大阪に滞在し、

今の所、

さて、その後は如何しようかな?

という考えです。

Img_20130309_1121571_2

(トイレに書かれてありました)

では、また後ほど・・・・!!!

|

« 実話時代4月号 | トップページ | 週刊アサヒ芸能「『西成の帝王』がモノ申す」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにコメントさせて頂きます。謎の虫に刺された画像、物凄く痛々しいです。時間があれば是非とも皮膚科に行って下さい!しかし現代でも安い宿に宿泊すると、南京虫など昔の匂いを思わせる謎の虫達がいるのですね!他人事で申し訳ないのですが、ある意味で感動しました!

投稿: 清剛 | 2013年3月12日 (火) 15時44分

到着日は西成のドヤに泊まりました。
そこに変なダニがいて食われてしまいました。
西成のクリーン化と言うならば衛生面を考えて頂きたいものですね。
仕事の方も済んだので、
12日には友人と難波でお食事をして、
新大阪駅まで車で送って頂き、
新幹線で東京に戻って来ました。
明くる日には早速、
東京の病院へ行き、
今は少しずつ回復してます。
何しろ身体中がカイカイになってしまったので、
まず早めに治療をしなければならないですからね。

投稿: 中野ジロー | 2013年3月15日 (金) 03時30分

青田会は幸平一家十代目総長だった青田富太郎親分が初代ですがなぜ住吉一家なのですか?

よろしくお願いします。

投稿: 名無し | 2013年3月16日 (土) 19時26分

青田会は幸平一家が清水幸一親分が十一代目を継承する際に幸平一家から抜けて住吉一家青田会となりました。
幸平一家も一時的に住吉一家幸平となりましたが、後には幸平一家に戻った。それが元々の条件ではあったそうですが・・・。
住吉会として各一家を西口総裁は住吉一家として一本化を考えての事ですが、あくまでも幸平一家は江戸末期から続く幸平一家という名称を失わず独自のスタイルを貫いています。
ただ住吉一家には青田会も含めて他の各一家も吸収はしたけれど、実際には一本化というのは無理な話なのではないのかな? 元々が連合体の組織でしたから・・・。
そう私は現役時代は考えていました。
各一家の縄張りが住吉一家のものになれど元々の各一家としての考え方はあると思います。
関西に行く度に聞かれはしますが、
説明にしても「?」の場合が多いですね。


投稿: 中野ジロー | 2013年3月17日 (日) 03時17分

あとコメントも極力は「名無し」ではなくお名前を・・・と思ってます。

投稿: 中野ジロー | 2013年3月17日 (日) 10時26分

はじめまして、何となく携帯で、ネットしてたら 有名人の方がブログ…がありましたんで メールさせてもらいました。私は 元不良品の人間なんで 大したことしてませんが 済みません、頑張って下さいとしか 今は 言えないです。失礼します

投稿: てつ | 2013年4月19日 (金) 01時18分

釜ヶ崎にもこられていたのですね。
私もよく行ってますよ、釜ヶ崎。
先生にこういうことを言うのも申し訳ないのですが、
売人とかシケハリとか、結構立ってますので、
内心ちょっと不快なこともありますが、(特に何をされるということもないのですが)なかなか味のあるところですね。
先生、1800円のドヤでそのムシはいけませんわ。
私が泊まるのは2500円のドヤ、ムシなんかいませんわよ、ホホホホ

投稿: ピンクの着物 | 2013年8月 8日 (木) 09時13分

売人とか立ってるからオモロいです。

前は虫が居なかったドヤです。

普段は殆ど知人の所かホテルですが、

あそこは露天風呂があったからでした。

投稿: 中野ジロー | 2013年8月 8日 (木) 16時27分

初めまして!ジローさんに興味を持ち初めてコメントさせていただきます。私はジローさんの2歳下になります…中野区立第7中学校出身です!新宿のディスコはもちろん同じ世代を生きてきた人間です。昔話が出来たら楽しいでしょうね!

投稿: みなみ | 2013年8月 9日 (金) 15時52分

はい、7中だとスペクター関係が多かったのかな?

5中、6中はエンペラーの集会に参加した人たちもいました。

4中関係とはヤクザ時代に親しくもあったけど、

ディスコでもエンペラーとスペクターが揉めたり、

神宮たちは私が中野スペクターの設立を許したのに後輩たちがやりに行ったり・・・。

今から思うと良くも悪くも懐かしい思い出ですね。

たまに居酒屋スペクターには行きますが、

私、7中は余りよく知らないです。

確か江古田の方だったかな?

二個下の中野エンペラーは荒木と安田のツーチャンだけが連絡は取れないだけで今は真面目に暮らしているようです。

この二人がディスコでは踊りが上手かった・・・。

あの頃は色々なことがたったけど、

まだ何かと規制も厳しくない時代でしたね。


投稿: 中野ジロー | 2013年8月 9日 (金) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実話時代4月号 | トップページ | 週刊アサヒ芸能「『西成の帝王』がモノ申す」 »