« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

「実話時代(5月号)」

現在発売中の「実話時代」では、

Img_20130331_0940441

まず稲川会三代目山梨一家の取材記事が掲載されている。

Img_20130331_1609091

昭和57年頃から私は、

初犯で、

しかも22歳だというのに、

再犯成人刑務所で「関東の吹き溜まり」と呼ばれるような、

山梨県の甲府刑務所に収監されていた。

懲役は殆どが年長者のヤクザであり、

喧嘩や口論は日常茶飯事で、

ただ私などは、

小生意気なチンピラではあったが、

最初の洗濯工場には、

今は亡き防共挺身隊の対馬総隊長に可愛がられ、

工場担当の赤沢健太郎も面倒を見てくれた。

静岡県のヤクザから、

又、超左翼の過激派さんとか

他にも色々な方々が居たけれど、

あまり問題は起きなかった。

だが、後に健太郎が雑工の担当へ変わるのに、

私も一緒に付いていったら、

洗濯工場とは違って、

問題有り工場で

頻繁に喧嘩が起きていた。

工場は地元のヤクザたちで仕切りはしていたけれど、

これもまた同じ地元でも派閥で幾つかに分かれていたし

私ら東京や新潟などの若い連中は、

何かと逆らったりもしてたが、

Img_20130331_1118411

「↑」の真ん中に居られる方かな?

工場の計算工的立場で何かと私の相談に乗ってくれたけれど、

やはり地元の、

しかも私より体格が倍以上はあるようなヤクザと喧嘩というか、

マトモに喧嘩しても勝てはしないので、

兎に角、ムカつくから一発だけでもと思って

「パ~ンチ!」と拳を飛ばしたが、

私の蚊の飛ぶようなパンチは空振りして、

逆に大怒りの熊の如く、

「ウオォォォ~!」と襲いかかられてしまった。

それを健太郎は向かい合い、

私を庇ってくれた。

しかし、2人して暴行という事で、

懲罰を打たれ、

次に私は洋裁工場へ・・・。

そこには関東の私からすれば、

親分の兄弟分的存在の方とか居て、

あまり問題は起きなかった、

というか、

起こさないように指導された。

(はい、幾度か問題を起こしはしました)

「はい、何だか訳の分からん規律違反というやつで、

懲罰も打たれたけど再び同じ洋裁工場に戻してくれました)

そうそう工場全体では問題は起きなかったが、

後には工場も懲役が二派に分かれてしまい、

私の出所後に大乱闘になった・・・。

まあ、甲府刑務所には、

著名な親分さんとかも多く、

何かとヤクザの事を教えられた。

高崎の親分、

大日本一誠会の会長、

現、住吉会副会長、

下田の組長、

向ケ丘遊園の組長、

広島の超有名な方・・・とか、

業界では凄い方々ばっかりで、

まったくヤクザを28年間してても、

「懲役ジロー」で私は凄く成れなかったが、

刑務所という所は学び場ではあり、

後の後の後の・・・徳島刑務所には、

更に超歴々たる親分衆ばっかりで、

酒梅組の組長さんも居られた。

(服役中に癌が発覚し医療刑務所へ移されたが泣き言や弱音も吐かない立派な方でした)

そして、今回は酒梅組代目継承盃の記事も掲載されてます。

Img_20130331_0942301

「勢力地図第二弾」も掲載されいるが、

警察さんね・・・というか、

お国も暴対法強化とか、

暴排条例とか少し緩和して頂きたいものですな。

Img_20130331_0941401

まあ、私はサッサと離脱して、

今では未熟者ながら物書きしてるけど、

それには見沢知廉氏という人の存在は大きかった。

又、

やはり実父の影響も・・・。

Img_20130331_0941581

色々と運命的なものを感じるが、

私は私ながらに、

政治団体「愛心会」として活動を行い、

Img_20130331_0942061

自らがポン中を卒業し、

違法薬物は完全に撲滅は無理でも、

その危険性を世に訴え、

同様の類の前科だらけである私でも、

密売とか犯罪に手を染めずに、

必死で真面目に取り組めば、

「ここまでやれるぞ!」という姿勢を見せ、

娘のためにも、

更に頑張るのみです!!!




___351





| | コメント (5)

2013年3月18日 (月)

週刊アサヒ芸能「『西成の帝王』がモノ申す」

橋下徹大阪市長の「あいりん特区構想」などに対して、

「西成の帝王」木崎進会長の取材記事が掲載されてます(3P)。

Img_20130318_0928281

木崎進会長も今は暴力団組織を離脱したが、

「西成の帝王」というべき存在だと多くの人は認めている。

西成生まれの西成育ち、

独立組織から初代倉本組顧問、最終的な肩書きは二代目倉本組舎弟頭、

西成でも「木崎軍団」と呼ばれ武力に秀でたが、

強さだけでなく優しい一面も持った会長であり、

西成という無法街で軍団を率いて生き抜いてきた。、

やはり会長が生きた時代と、

私らの年代の者たちが生きた時代とでは、

相当に違うことだろう。

戦争を体験した人間、

学生運動、

服役経験、

敵対相手との抗争、

暴走族、

不良だけではなく、

真面目なカタギの人間、

お金持ちや貧乏人・・・。

今まで私は幾度も西成には足を運んできたが、

今回は高齢者ばっかりで、

閉店中の店も多かった。

ミナミの繁華街は若者だらけになっていたが、

若者が高齢者たちと交流する中で学ぶことは、

後の未来に大きく影響するのではないのかな?

良いことも悪いことも・・・。

私も会長と接するたびに色々なことを教えられる。

会長は”ヤクザの激戦区”とも呼ばれる西成で

極道として数々の修羅場を潜ってきた。

私が育った新宿歌舞伎町も同様に呼ばれるが、

まったく激戦区の程度には違いがある。

ただ私も亡き実父の関係で幼少の頃から、

色々な政治家さんを見てきたし、

今でも交流はあるが、

ただ男は肩書き云々だけではなく、

その生き様、生き方に魅力の有無は問われ、

帝王学とは何か?

会長は現在でも、

若者たちと交えて、

決して偉ぶらず色々なことを学んでいる。

会長も橋下市長のことを嫌いではないから、

今回の取材に応じてくれた訳だが、

政治家さんと極道とは共通するものはある。

任侠右翼というのも存在してるし、

団体を率いる立場の男として・・・。

まあ今後、西成が如何に変わるか?

それを心から期待している次第です!!!

Img_20130318_0929041

| | コメント (1)

2013年3月10日 (日)

大阪・・・!

5日、私は東京の品川駅から東海道新幹線で新大阪駅に向かった。

Img_20130305_1101181

(新幹線内)

当日は原稿を書くのと、

西成の「ドヤ」という木賃宿が如何になったかという事も知りたくて、

ドヤに泊まったら、

身体中が痒い痒いになってしまった。

Img_20130307_0550381

(こんなのがアチコチに出来てしまった)

一泊1800円という安いドヤだったからか、

室内は不衛生で変なダニやら南京虫だか知らないが、

何匹も・・・・。

Img_20130307_0620391

(この変な虫・・・)

消毒液と塗り薬と飲み薬を買って、

痒い痒いを治そうとしてるが、

なかなか治らない。

痒くて寝ても直ぐに起きてしまうし、

物事に集中出来ないでいるが、

一応、原稿は仕上げて、

以後は衛生的な所に知人の関係で泊めて頂いております。

Img_20130306_1027371

しかし、大阪のポスターというのは、

オモロいもので

綺麗な”あいりん”と言っても、

見た目やうわべだけでなく、

本当の綺麗とは如何なることか・・・。

Img_20130309_1326241_3

西成は高齢者の方が多くなり、

仕事にあぶれてる人たちは暮らしにお困りで、

ホームレスやヤケクソでの犯罪も増加・・・。

「まかしとき」と言っても、

火事は多くて先日も殺人事件とか起きた。

Img_20130306_1027581

(防火のポスター)

まだ浪速の誇りや人情は廃れてはいないが、

貧困の差も広がり、

テロ的な事件も増えつつあり、

警戒をしても変な虫は、

如何にしたら全滅するのか?

最近は高熱を発させるようなダニもいて、

死亡者も出ている。

所謂、恐るべしテロ的な虫で、

ジロちゃんを攻撃するとは・・・。

Img_20130306_1028151

(テロ警戒のポスター)


Img_20130307_1053561

通天閣の方は、

新世界と言って、

賑わいはしてたが、

以前、2年前かな?

その頃よりは人が少ない。

そう言えば、

あれは6年前くらいかな?

私が暫く大阪に滞在してた時に知り合い、

親友みたいな関係になった通称「福ちゃん」と再会した。

Img_20130308_1959291_2

(通天閣の福ちゃん)

もうすぐ彼は入籍するそうです。

彼とは大阪で苦楽を共にした事もある。

友人が幸せになってくれることは嬉しいものであり、

何とか幸せになって欲しいと心から願う次第です。

その「幸せ」ということは、

各自の考えで様々な事だが・・・。

そして、飛田新地の方も人が少なかった。

次々と居酒屋や色々なお店が閉店していた。

Img_20130308_1059241

西成界隈では、

タスポをお持ちでない人も多くて、

煙草の自動販売機も、

機械の前で目をパチパチして、

それから購入という東京では見たこともないような販売機である。

Img_20130308_1118571

それから大阪に来ると、

よく行くのが、

西成区太子の交差点から堺筋を北に向かった方にある「つけ鴨ソバ」のお店です。

Img_20130308_1700261

(つけ鴨ソバ。並は二玉分の量)

Img_20130309_1014031

ミナミの方にも行ってみたが、

こちらの方には若者は多いけれど、

年々と人は減りつつあるような・・・。

まだ季節的な事も関係するのか知れないが、

陽気も段々と暖かくなってきたし、

夜中には行ってないので、

後にクラブでも・・・とは思ってます。

Img_20130309_1015021

ミナミでも何人かの知り合いと会い、

互いに以後の事を語り合ったが、

何しろ、体調を崩してる人や服役中の人は多くて、

親しい人が段々と減っていくというのは淋しいものです。

しかし、悲しんだり、淋しがったりもしていられない。

社会全体が明るく楽しく偏見や差別のないように、

私は私なりに取り組んでいきたい。

なんばグランド花月はお笑いを世間に提供し、

私的にも吉本興業の芸人さんは、

めっちゃオモロくて好きです。

Img_20130309_1044341

(なんばグランド花月)

梅田の方でも、

「おもろナーレ」と書かれてあり、

本当に社会全体がオモロくなって欲しい。

それには私もオモロい事を書いて、

オモロ差を増さなければ・・・。

このオモロいというのにも、

お笑いでも、

許される事と許されない事はあるが・・・。

Img_20130309_10590911_2

(梅田の看板)

まあ私も未熟な物書きなれど、

オモロい物を書けるよう更に前進をと心掛け、

一歩前へ、と考えて、

政治団体「愛心会」の活動と共に行動致しますが、

まだもう少し大阪に滞在し、

今の所、

さて、その後は如何しようかな?

という考えです。

Img_20130309_1121571_2

(トイレに書かれてありました)

では、また後ほど・・・・!!!

| | コメント (10)

2013年3月 1日 (金)

実話時代4月号

現在、発売中の「月刊実話時代」の4月号では、

Img_20130301_1056521

ヤクザの勢力地図というのが、

第一弾として掲載されている。

Img_20130301_1057171

これは私が書いたものではないが、

段々と勢力的なものは変わりつつあるような・・・。

まあ、今回の連載「懲役ジローの全国セイハ」では、

「二束の草鞋」というサブタイトル・・・・。

Img_20130301_1058091

実際には何足もの草鞋を履いてるヤクザも少なくはないが、

何かと私は「ヤクザか? 物書きか?」と言われてはいた。

私の場合は、誰に何と言われようが、

「我が道を~」のタイプでヤクザをしてたような感じだったかな?

まあ、ここで書かれてる「見沢知廉を偲ぶ会」には、

本当に参加して良かったと思っています。

それと今回からプロフィールの変更と、

顔写真入りとなってますので、

この顔を見かけたら、

「110番通報」とかせず、

お気軽に声掛けを・・・ですが、

警察さんの職務質問も歓迎ではあるけれど、

忙しい時とか、

私が嫌いな人とか、

私を嫌いな人は、

お声掛けしないで下さいね。

では、今後ともご愛読を宜しくお願い致します!!!


Img_20130301_1058251

(何年か前、デモの写真・・・。統一戦線義勇軍たちとの・・・)

| | コメント (1)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »