« 【Play Togethe】DJ&DANCEイベント | トップページ | 中野区立第九中学校同期生のライブ「Wonderful Tonight Ⅲ」 »

2012年10月20日 (土)

「裏社会 噂の真相(彩図社)」が文庫化!

10月25日頃には、

私の4冊目の著書「裏社会 噂の真相(彩図社)が文庫本として書店に並ぶ事になった。

初の書き下ろし「刑務所ぐらし(道出版)は増刷になったが、

文庫化は初めての事である。

2冊目目の「刑務所の奇人変人(道出版)は、

私的には、

「大阪西成の女帝」とも言われる「フレンドのママ」

防共挺身隊の「故・対馬総隊長」

丁字家会の「桜庭正敏佐辰五代目」

私が刑務所で知り合った人々や幾度も服役を経験した人々などの事が書かれており、

割と自信作と言えるほど面白く読める本だと思っているが、

この「裏社会 噂の真相」が私の著作本では一番好評だった。

発売と同時に1日に150冊ほど売れていたそうだ。

今回、それで文庫化になった訳だが、

(そう簡単に文庫化とかならない時代です。あまり本とか売れない時代でね)

(余程、著名な作家さんでも・・・)、

これは娘と比べても、

お分かりのように、

小さくて手軽で持ちやすい本である。

価格も「619円+税」と手頃な値段。

文庫化までに、

暴対法の強化などで、

多少の加筆をしたが、

それは「脱法ドラッグ」や「愚連隊の増加」などの内容。

こうした問題に対して、

もっと深く食い込んだ物を書きたいが、

今はマスコミ規制も厳しくなり、

余り濃い内容だと書店には置いてくれなくなった。

こうした本は刑務所の中でも購入が禁止されるようにもなったが、

誰にでも読みたい本を読むという権利はある筈だ。

又、色々な事を知る権利もある筈だ。

権利も自由も一部の人以外は無くなりつつある。

何かと規制ばっかり強めて、

それで良いのだろうか?

暴対法の強化で更に愚連隊は増え、

犯罪も水面下で、

地下に隠れて行われるような時代となり、

これでは警察さんとしても、

逆効果で、

誰が裏社会の人間か判明し難く、

一般市民も不安を強く抱くだけではないだろうか?

私は28年間、

裏社会の中で生きてきた。

色々なマスコミ関係者も、

意外と裏社会を知らないもので、

又、裏社会でしか生きられない人の事も、

理解していない。

(裏も表も実際には同一化してる社会ではあるが・・・)

犯罪というのは決して無くならない。

(無くなったら警察さん要らなくなるし・・・。ん、要らない?)

ただ昨今は犯罪と言っても、

親が子を、

子が親を殺すとか、

仲間が仲間を裏切るとか、

地位的にもお偉い立場の人が、

又、世間的にもご立派な立場のある人が、

猥褻痴漢行為や万引き、盗撮、覚醒剤違法薬物、未成年の売春とかで、

結構、逮捕されている。、

投資という名目での詐欺やらお金持ちを狙った強盗、

僅か数万円のお金を得るためにタクシー強盗をしたり、

芸能人とか著名人を脅す、

親しい関係者から大金を騙し取るという手口の犯罪は増えている。

誘拐、身代金という事件も、

あまり表沙汰にはなってないが、

実際には相当件数は起きているので、

私も親として、

娘の事が心配でならない。

Take_file_201210191333527751

(このサイズの本。又、この娘の笑顔、超可愛い!)

まあ、我が家では、

何かと娘はパパっ子で、

甘えて私の上に乗っては、

無邪気に楽しんでいる。

Picture0010

(あのね。娘よ、私は物を書いたり、色々な事を調べたり、お勉強中なの)

(それでも可愛いから許す!)

娘に対して楽しく遊んであげる事も大切で、

(ん、逆に遊ばれてるのか?)

暇さえあれば、

私は娘と戯れているが、

___21

お勉強は、

アメリカや海外で暮らした経験もあり、

語学を専門的に習ってきた嫁が、

ディズニー教材などを使ったり、

実践的な英会話から、

三才時からクラシックバレーを習い、

アメリカでもトップクラスのバレー学校で教えられた事など娘にも・・・。

私はお絵描きの相手や遊び・・・。

まず如何なる業界人でも、

家庭というのを大事にしなければ、

何も達成できないと思っている。

特に子供に対して、

父親という存在は、

将来に強く影響するものだ。

いつか私にも「死」が訪れる時は来る。

「元ヤクザの娘・・・」とも言われるだろうが、

私なりにヤクザを辞めて、

「ジローに本なんか出せる訳ねえよ!」とも言う人は多かったが、

「歌舞伎町チンピラのココロエ(第三書館)」という三冊目の後に、

この本を出し、

今のところ、四冊の本を出している。

結婚も、

子を持ち育てるのも、

「無理だよ!」と言われたが、

19才年下の嫁と入籍し、

娘と共に幸せに、

しかも麻布十番という土地で暮らしている。

なかなかパソコンも覚えられず、

悔し涙を流しながら覚えたものだった。

人生の浮き沈み・・・。

そんなものには慣れっこで、

何が私に起きても、

挫けはしない。

そして、私も物書きを始めてから、

7年が過ぎた。

まだまだ新たなる事への挑戦。

着々と準備は進めている。

あとは如何なる結果を出すか?

「努力」というのは結果を出して「努力」と言うものになる。

結果を出さない努力は努力ではない。

さて、次の新刊と、

新たなる物を書く。

現在も、

少しずつ物を書いているが、

今日は、

六本木ヒルズへお買い物に行って、

嫁と娘とでお食事して、

それから私の母校、中野区立第9中学校、

23期生の音楽好きな人たちが、

中野区内でライブを行うから、

私も参加して、

彼らの歌を聴いて、

皆と懐かし話をして来ます。

何事も金が全てではない。

如何なる人を大事に、

又、

大事にしてくれる人と、

如何なる付き合いをするか?

私には、

家族は勿論の事だが、

良い友人知人、仲間たちを大事にしたい。

それが私の全てだから・・・。

まあ、今後はアウトロー的な事や裏社会的な事も規制強化で、

書いて本にするのは更に厳しくなるだろうが、

色々な方向性に目を向けて、

自分というものを見失わず、

行動するのみである。

(行動無くして前進無し!)

まあ、ご興味のお持ちの方は「裏社会 噂の真相」をお買い求め下されば、

嬉しい限りで御座います!!!

|

« 【Play Togethe】DJ&DANCEイベント | トップページ | 中野区立第九中学校同期生のライブ「Wonderful Tonight Ⅲ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【Play Togethe】DJ&DANCEイベント | トップページ | 中野区立第九中学校同期生のライブ「Wonderful Tonight Ⅲ」 »