« キャットファイト大打ち上げパーティーに! | トップページ | 「劇画マッドマックス(コアマガジン)」で新連載 »

2012年7月16日 (月)

”LEGFETISH”という個展に行ってきた!

昨日、場所は新宿のゴールデン街。

未だ昔ながらの新宿的な雰囲気が漂う飲食街である。

私的にも小学生時分からプラプラしてて、

少年時代は実父とも酒を飲み回った事があった。

最近では、たまにしか行かないが、

写真の個展を行っているとの事で観て来た。

Imag1138

個展するお店には外からも分かる様に、

エロチックな脚が・・・(↓)。

Imag1137

店内では軽く一杯だけサワーを飲み、

色々な事をお喋りし合ったが、

写真家としては、

横山こうじさんという方が居て、

現在の日本、政治、若き世代の育成、

何かと煩せえ、規制とかのお話を・・・!

とても穏やかな人柄の方でした。

Imag1136


グラビアモデルや脚、お尻についても語り合ってきたが、

店内に飾られている写真は

そうそう過激なものではなかったけれど、

妙に印象が後にも残る美しいものだった。

Imag1131

私も今まで数々の取材で、

色々な写真家の方や編集の方と、

同行したが、

この三方と上手く統合して、というのも、

なかなかと厳しい作業である。

最終的な決断は、

編集の方が如何に理解力が有るか無いかの問題で、

私はコーディネーター的な役割もするため、

取材先と出版社との間に挟まれ、

色々な事を経験した。

そして、横山こうじさんのお話には、

私も色々な事を教えられたものであった。

お店には、

親御さんに連れられて、

6歳の娘さんも来ていたが、

ウチの娘は、

まだ2才7ヶ月なので、

夜中でもあって連れては来なかった。

娘は脚が長くて、お尻は真ん丸のツルツルであり、

将来、エロの方向に進んでしまうのは、

私としたら不安で不安で・・・。

腹違いの妹は、

前にグラビアアイドルとかレースクィーンとかしてて、

それをエロ好きな実父がテレビで観て、

辞めさせた事もある。

やはり如何なる男もエロは好きでも、

自分の娘には・・・と思うのかな?

まあ、ウチの嫁の場合は、

親御さんも、

エロやっちゃいな的考えだったが、

今は娘も出来て、

嫁はエロな仕事は辞めた。

分からないけれどね(敢えて何して、コレしてと聞かないし・・・)。

ウチの嫁は存在自体が、

超エロだから・・・。

私は余りエロ的な取材はしないが、

今後は分からない。

まあ、兎に角、ご都合の付く方は、

以下(↓)のお店へ足を運んでエロチックな脚をご覧になって下さいね!!!







“ L E G    F  E  T  I S  H ”
    • 7月12日 20:007月28日 23:00

  • 〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町1-1-8 新宿花園ゴールデン街一番街


    Gallery&Bar tomorrow

  • P h o t o   E x h i b i t i o n :

    “ L E G   F  E  T  I S  H ”

    西 田 幸 樹 / 横 山 こ う じ / 安 藤 青 太

    @Gallery&Bar tomorrow

    2012年7月12日(thu)~7月28日(sat)

    グラビアや広告を中心に活躍する写真家3人による

    身体と、モノと、エロティシズムをめぐる冒険。

    男性誌『Hip&Lip』(ワニマガジン社)でレギュラー連載中の彼らが

    商業誌上では表現しきれない「アート表現としての脚」をテーマに

    独自の世界観を提示します。


    @ギャラリー&バー tomorrow

    〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町1-1-8 新宿花園ゴールデン街一番街

    http://www5.ocn.ne.jp/~tomorrow/index.html


    Charge  \1000 (1drink/¥600~) Open 20:00~深夜 Tel 03-3202-0616

    Access:新宿駅(JR,西武新宿線)より徒歩7分

    新宿三丁目駅(東京メトロ丸の内線、都営新宿線)より徒歩5分

|

« キャットファイト大打ち上げパーティーに! | トップページ | 「劇画マッドマックス(コアマガジン)」で新連載 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キャットファイト大打ち上げパーティーに! | トップページ | 「劇画マッドマックス(コアマガジン)」で新連載 »