« 「週刊実話」を読みましょう! | トップページ | 「異様な時代」を考察する(実話時代) »

2012年5月29日 (火)

ふてぶてしい我が娘!

我が娘を嫁は「美しむら」とか「恐ろしむら」と呼んでいる。

「何だ、その『むら』というのは? 新しい彼氏の名前に『むら』でも付くのかい?」

と私は聞くが特に理由もなく嫁は娘の事しか興味が無い様です。

それにしても「↓」の寝てる姿は如何にも

「ウチで一番偉いのはアタシよ!」というふてぶてしい態度・・・。

Imag0931

私の寝る場所を奪っても当然が如く「何か文句あるの?」という顔で寝ている。

Imag0932

大概、寝かしつけるのは私の役目だが、

まずパジャマに着せ替えると、

一旦はオムツから何もかも脱いでしまって、

スッポンポンの姿で布団を被ったり、

シーツの中に潜ったり、

私のお腹の上ででんぐり返しを何度も繰り返して、

キャッキャと暴れてから急にバタンと寝るのが通常のパターンです。

まだ2才5ヶ月のためか、

イヤイヤ期というのが終わってないのか、

何かと言えば「↓」の様に泣いて自分の気が済む様に私らに要求する事が多い。

Imag0922

これがまた、本気泣きなのか、嘘泣きなのか、甘え泣きなのか、

微妙な所だが、兎に角、泣けば要求が通ると思っている。

実際に私も嫁も「恐ろしき」なので何でも許してしまうが・・・。

嫁自体も私的には「非常に恐ろしき」の存在で、

殆ど毎晩の如く「恐ろしき女軍団」と共に、

麻布か、六本木か、銀座界隈で酒を飲み回っているが、

この「恐ろしき」の軍団は、

男よりも男らしく、

女同士で「押忍!」とか言ったり、

ヤクザ以上に筋っぽくて、

「ハンパは許さないわよ、お仕置きよ!」

という強面の女たちだが、

私には「じじ、可愛い!」と、

まるで何を考えてるのか、全く分からない。

金持ちとか、男らしいオーラーを放つ男しか関心は無い様だが、

何故か、こんな私には関心はあるみたい・・・。

「↓」は嫁だが、やはり家の中では、何故かスッポンポン・・・。

Imag0933

昨日も、その姿を窓越しに向かいのビルの男に見られてしまった。

段々と日に日に暑くなるから、

衣服を脱いでしまうのも致し方ないが、

別に我が家にエアコンの設備が整ってない訳ではない。

電気代をケチってる訳でもない。

ただ私的には、

女が何を考えているのか?

分かりたくもない様な、分かる訳がない様な・・・。

まあ、簡単に言えば、

女は恐ろしきである。

それにしても我が娘、

余りにも、

ふてぶてしい態度で居ても、

確かに嫁も私も叱る事が出来ない。

娘に対しては絶対服従が、

我が家の掟となってしまった。

私、52才、悩みは多いけれど、

頭はハゲてません。

白髪も少ない。

・・・という事は、

悩んで居る様で、

実は余り悩んでないのかも知れません。

まあ、変な家庭である事は間違いない!

しかし、これがまた、意外と娘は優しい子に育ってますので、

色々とご心配してくださる方々も、

ご安心して下さいね。

ウチの嫁みたいに凶暴ではないので・・・(汗)

|

« 「週刊実話」を読みましょう! | トップページ | 「異様な時代」を考察する(実話時代) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「週刊実話」を読みましょう! | トップページ | 「異様な時代」を考察する(実話時代) »