« 警察官が女児に強制わいせつ? | トップページ | 娘は超パパっ子! »

2012年4月21日 (土)

東京少年鑑別所~♪

少年時代、18件は家裁に書類送検されたが、

正式に審判を受けたのは3件だけだった。

他は所轄で上手く処理してくれたのかも知れない。

一件目、二件目は、

家庭が複雑という事で許されたが、

三件目では、

昭和54年4月に

恐喝未遂、暴力行為、共同危険行為、シンナーなどを総合した審判で、

東京少年鑑別所に送られた。

雑居の部屋に入ると、

「ジローくんでしょ?」

と聞いてきたのは、

小平ブラックエンペラーのサワダだった。

それまでサワダが部屋長をしてたが、

「どうぞ、ジローくんに・・・」

と言う事になった訳である。

当時、

ブラックエンペラーは、

関東では強い勢力を持っており

所内もエンペラーの人間が多く幅を利かせていた。

サワダは二個下で、

私に部屋長という立場を譲ってくれたが、

この部屋長というのは

ヒッツキ会議の議長を務めたり、

所謂、部屋の仕切り役だった。

ヒッツキ会議というのは、

例えば所員から、

「シンナー遊び」という様な題材を与えられ、

部屋の皆で、

如何したら止められる、止めないとダメか、如何なる経験をしたか、

という事を会議をして、

結論を提出する訳だが、

所謂、弱い者苛めみたいなものだった。

誰かが、

何か言えば、

というか、

強制的に言わせるが、

何か言えば、

では、何で? 如何して?

とトコトン追い詰めて、

突っ突く会議であった。

私は弱い者苛めとか基本的に好きではなかったので、

特に突っ突き合いとかせずに会議をしてた。

しかし、同室の中には嫌われる様なヤツも居て、

そいつに皆の布団を畳む事や食事の用意をさせたり、

時に皆で布団を被せて蹴っ飛ばしたり、

便所の中で職員に見付からない様にボコボコにする事もあった。

何しろ、毎日の如くヤツは両親が面会に来て、

他の皆に、

コーラーを飲んだり、何のお菓子を食べたとか、

自慢げに語っていたからだ。

まあ、他は週に一回くらいしか面会に来てなかったので、

妬んでいたとも言える。

何故、私が庇わなかったというのはヤツが、

私らと敵対していたチーム名を口にしてたからであった。

グラウンドでは、

体力作りの訓練という名目で、

所員に無理矢理的な腕立て伏せとかジョギングとか行っていたが、

私は16才の時に単車で事故り、

右足大腿骨を骨折し、

金具が入ってた事を理由に、

「運動は禁止されてまして・・・」

と告げて訓練を免除して貰った。

一応は私も中野エンペラーの頭として名前も知られており、

他の部屋にも親しい知人ばかりで、

全く気楽に暮らせた。

その頃は暴走族を辞めて、

右翼とか少年ヤクザを名乗る連中も多かった。

私は暴走族をしてても、

両方していた。

暴走族の連中は、

他所の部屋の右翼と頻繁に口論をしてたが、

私の部屋には大泉のバンパイヤで5個下なのに威勢が良くて、

国防青年隊の人間に、

「何だ、右翼か、暴走族か、どっちだ~!」

と怒鳴ってたが、

相手は高円寺のカネコタイチとテラサキで、

私も恐喝未遂の時は、

国防青年隊愛国硬派連盟愛硬会の会長、荒木ヒロシと一緒にパクられていた。

荒木は中野エンペラーだが、

実父は俳優の石原裕次郎さんが、

実の親みたいに、

「オヤジ」と慕って呼ぶ様な方で、

戦後から新宿界隈の興行を抑えており、

東京安田連合初代分家の筆頭で、

幸平一家十一代目総長が、

「兄貴」と呼ぶような親分さんだった。

安藤組の加納貢さんとも親友みたいな間柄だが、

私は息子の関係で、

中学生の頃から自宅や事務所に遊びに行っていた。

又、私の実母が新宿のクラブリーに勤めてた時のお客さんでもあり、

荒木さんの引越しの際も手伝ったりしたそうであった。

鑑別所で息子、ヒロシの方は、

衛生夫みたいな役に付き、

所員の助手みたいに、

各部屋に食事を配ったり、

廊下の掃除をしてて、

一度だけ私も、

廊下の掃除を手伝う様に言われた。

この時には、

永福町のヒロマサも一緒に手伝ってて、

私が「逃げちゃおうぜ!」と言ったら、

所員に聞こえてしまって部屋に戻され、

二度と面会とか以外は部屋から出して貰えなくなった。

それでも私の部屋は常に笑いが絶えない感じで、

楽しい事、楽しい事!

食事も好きな茶碗蒸しが出たり、

美味しい物ばかりで、

まったく辛くなかった。

ここで学芸大のアーリーキャッツの頭とも親しくなり、

中野とは友好関係を結んだ。

数週間後、私は保護観察の処分で許されて釈放になったが、

以後も幹部会や集会に参加した。

共同危険行為で180日の免停を受けていたが、

毎日、私は関係なく無視して1人でも暴走してて、

後に再びパクられて試験観察処分になった。

今でも思えるのは、

10代に上手く少年院送致を免れ、

シャバで目一杯に遊べて良かったという事である。

まあ、20代以降も遊びに遊びまくったけど・・・!!!










|

« 警察官が女児に強制わいせつ? | トップページ | 娘は超パパっ子! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

要するに10代の頃の生き方は後にも色々と良くも悪くも影響するから忘れようと思っても忘れられない!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月21日 (土) 09時04分

ジローちゃん、
中野に早稲田大学と明治大学がくるのは知っていますか。警察大学の跡地に。
九中のそばには島忠が出来ていて、色々と中野も変わりましたね。
それと、昨日彼女と新しく出来た中野の丸井に行って来たよ。運動靴+長靴を買ってあげた。
運動靴も昔の運動靴と違って、体脂肪を落とす靴なんだよ。
長靴もブーツみたいな長靴だよ。昔のようなゴム長靴とは全然違う。
それから、高円寺の「桂林」で食事して、それから別の場所で飲んだ。
もし、この子と私が年の差婚したら、ジローちゃんの所よりも若い奥さんになるよ。

投稿: 君の同級生 | 2012年4月21日 (土) 09時19分

おいジロー
勝手に名前出すなよ

投稿: サワダ | 2012年4月21日 (土) 18時49分

むむ?小川のサワダか?ちゃんとジローちゃんと呼ばないと三多摩連合がギッチョンチョンにするぞ!というか、GW は、そっちの方でバーベキューパーティやるから、若き頃を面白く語ろう!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月21日 (土) 20時14分

ポン中にGWとかあんのか? しかもポン中の分際でBBQとか笑わせんなよ(笑)

投稿: | 2012年4月21日 (土) 20時35分

名無しの権兵衛の方がアホクサ。大体、アホクサにはポン中が多いからアホ!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月21日 (土) 21時09分

ジローさん、毒虫は鹿十されると死んでしまいますので、エサを与えてはいけませんよ(笑)

【身から出ました錆ゆえに 嫌なポリ公にパクられて 手錠かけられ 意見され 着いた所が 鑑別所】

「練鑑ブルース」

これ、現在では放送禁止だそうですね。

「網走番外地」「唐獅子牡丹」もまた放送禁止歌だそうで…

健さんの歌はヤクザの哀しがテーマで、特に【暴力団】を美化しているとは思えないんですがね~


投稿: 板橋 | 2012年4月21日 (土) 21時51分

君の同級生様
中野も、私らの若い頃から比べると賑やかな街にはなったね。警察学校・・・。色々な意味合いがある。今後の日本が良い方向に進むのか? もう丸井も新しく出来たんだ? 最近、中野には行ってないけど、たまに後輩からは連絡がある。同級生たちとはFacebookで情報交換してるけど、皆、普通のオッサンになったね。いつか彼女さんと結婚でもする時はお祝いしたい。身体だけは大事ね!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月22日 (日) 10時34分

板橋様
まあ、毒虫には誰かがエサを与えて上げないと。
イカサマインチキ総長らは誰も電話に出やしない。所詮はアホクサ野郎の主で、毒虫も可哀想・・・・。
本当の友情というのを知らないんだろうと、私は昨日も高倉健さんの「昭和残侠伝 死んで唐獅子牡丹」を観て思いました。
今は男で義侠心を持ってる人が減った。
丁度、ヤクザがヤクザとして生きられなくなった。
国家を守る団体としてヤクザ(無頼徒)を活用しようとしたけど、それを名目に海外に女を売り飛ばすような事を断固として蹴った剣組の親分(片岡千恵蔵)。
池部良さんと高倉健さんとの重たい兄弟分としての繋がり・・・。
インチキ、イカサマ、アホクサしても、渡世の目ってものがあります。
ヤクザが守らなくてはならない物を守っていては時代には乗り遅れるけど、敢えて渡世の掟を大事に戦う男たち・・・。
私ら物書きもヤクザな業界です。
それでも男にとって何が大事かを忘れてはいけない。
恩も屁ったくれも無い世の中になれど、私は嘘書きには成りたくないですね。
やたらとお国も規制を強めれば良いという訳ではありません。
刑期を重たくしても暴力団は無くなりません。
刑務所も決して更正の場ではなかった・・・。
私もヤクザの世界を全て「美」だとは思ってません。
ただ自身の「美」とは何か?
お恥ずかしくない方のエンペラーはガッチリとしており、そのバーベキューに私はお誘いを受けてます。
かつての練馬から小平、三多摩の番長連です。
金では買えない思い出を強く胸に刻んで正業に就き、今は堂々とマトモな道で生きている、生かされている。
それを忘れたらいけない。
急な約束破りの殴り込みに「汚ねえ奴・・・」という言葉を残して亡くなった剣組の親分。
皆川組の実子は、アホクサだけど、何とか、一人前の男にするために残し、義兄弟二人で仕返しを・・・。
非を非と認めず、図々しくも総長などと騙ってる様な野郎と交流してる関係も殆んど私は知ってます。強いもの強いもの、金に成る方、金に成る方に寄り添って生きるのが男の生き方か?
私は私の生き方でキチンと嫁を幸せにしております。
それは心の痛みというのを獄中で経験したからでしょうね。
悔しい思いも散々と味わってきました。
そんなものは私にとっては屁のカッパです。
板橋様、いつも有難う御座います!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月22日 (日) 12時02分

人斬り唐獅子でした!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月22日 (日) 12時18分

中野ジロー(笑)


痛すぎ(笑)(笑)(笑)

シャブやらなくなっただけで自分の事美化しすぎ。

世間一般ではそれが当たり前ですから~(笑)

もう少し自分が犯した過ちをどんだけ恥ずかしい事かをわかった方がいいかと…

投稿: アンチ中野 | 2012年4月22日 (日) 14時24分

世間一般の?貴殿には何を基準に言えるのかな?ヤクザの世界、塀の中、肉体的労働者、子を持つ親の身、警察さんの実態、又、私という存在よくお分かりかな?人には各自好き嫌いはある。敢えて私は人様に好んで頂くとも好んでくれる方々がいる。それが渡世の目というものですよ!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月22日 (日) 15時33分

人斬り唐獅子、この映画では男のイカサマインチキにケジメを付けるシーンが出てきます。無責任に逃げ回る、電話にも出れない野郎になったらアカンでしょうね!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月22日 (日) 16時06分

僕も【昭和残侠伝】シリーズでは「死んで貰います」が一番好きです。

高倉、池辺、藤の世界はリメイク不可能と思います。

「極妻」シリーズなんてバカバカしくて、自分は見られません(笑)

大学紛争真っ盛りの1970年前後、いわゆる全共闘の若者たちが、スクリーンの健さんに熱烈な声援を送った気持ち、良く解ります。

例え暴力をバックボーンとしていても、仁侠の心を持ち、地域と融合すれば「ヤクザ」も市民と共存できると思うんですが…

まあ理想論ですね(笑)

投稿: 板橋 | 2012年4月22日 (日) 19時50分

何を言ってるかさっぱりわかりませんけど…(汗)

大丈夫ですか?

投稿: アンチ中野 | 2012年4月22日 (日) 21時16分

何を言ってるか分からないなら、分からないまま黙ってなさい。貴殿は、世間一般の代表さんですか? 過去に悪事を重ねた人間が更正しようと努力する事はいけないのかな? ただ悪事をバレない様にして良い人ぶってる人は世の中には腐るほど存在してますが、そうした人に何か言えますか? 私は今でも多く犯罪に関わってる人を知ってますが、無駄な暴力殺人はいけない、一度でもポン中の烙印を押されたら立ち直るには、世間の信用を取り戻すのは難しい。それを私は世に訴え、自身の行動で示す努力をしてますが、何か?

投稿: 中野ジロー | 2012年4月22日 (日) 22時10分

板橋様
そうですね。やはり藤純子さんの存在は大きいと思います。

「極妻」は、ちょっとオーバー過ぎますね。

大学紛争に若者はエネルギーを費やしました。私らは暴走族の方に・・・。その両方に故・見澤知廉氏も関わって居たようです。彼は極悪という暴走族から政治運動の活動に・・・。かなり私にも影響を与えてくれました。

若き頃は、世に矛盾を感じながら仲間や同じ様な思い出を持つ人間を大事にしていたのが、やはり大人に成るとお金の方が大事に・・・。それでも仲間を「関係ない、俺たちには強いバックが居るからよ~」でインチキ総長を名乗って格好良いのか? 裏では皆が笑ってご無事安泰で知らん顔ですが、世の中にご無事安泰などあり得ません。
私も散々と悪事はしたけれど、基本的に詐欺師と盗人だけは嫌いでした。
学生運動と比べてはいけない事かも知れませんが、同じ思いで権力に逆らって中には大勢の死者や監獄に放り込まれた人間もいます。そういう方々を私なら未だしも仲間、恩ある人を愚弄する事は許せません。まあ、「待ってて」と言ってた連中も、まるでアテに成らないので、もう少し経ったら決着は付けます。
私にも色々とやる事が山積みで遅れはしても、それらを済ませたら・・・。
実話たる実話は実際に経験した中から実話として世に伝えるのは大切な事だと思っています。

投稿: 中野ジロー | 2012年4月22日 (日) 22時49分

facebookはみたよ。ジローちゃんは二つもあるねぇ。
九中以外での友達は色々といるね。驚いた。

九中の同級生のfaceBookで驚いたのは、老け方だね。
若く見えるのは、ジローちゃんだけだね。

私と会ったら、ジローちゃんは私に「若いね」と言うと思うよ。

でも、私もジローちゃんも老けて見えないからといって、
苦労していないわけではないけどね。

投稿: 君の同級生 | 2012年4月22日 (日) 23時44分

私はね、どちらかと言えば苦労は慣れっこ。

では、今度、どっちが「若いね」か比べっこしよう!

Facebookは、殆んど「仲井治郎」の方を使用してるよ。

皆、オッサンに成っても、若い頃の思い出は忘れず、少年心を失ってないね!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月22日 (日) 23時54分

こうした理想というのも諦めず追求しながら私は生きたいですね!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月23日 (月) 00時10分

幾ら時代は変われど任侠廃れれば男が男で無くなりまっせ、アホクサちゃんたちね!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月23日 (月) 00時19分

ブラックエンペラーとか関東連合とか笑っちゃうね。時代錯誤もいいとこだわ〜 シラケるし

投稿: 練馬 | 2012年4月23日 (月) 20時10分

そういう方は勝手に笑ってなさい。

投稿: 中野ジロー | 2012年4月23日 (月) 21時17分

荒木の親父は堀さんが会長を務めていた頃の住の最高顧問をされていた千住の大親分と兄弟分だったね。
加納さんや安藤昇さんより格上だったと思うよ。
極東の関口親分から可愛がられていたと思う。

投稿: 中野坂上 | 2012年5月 5日 (土) 01時22分

セガレも千住で預けられてたけど、直ぐ辞めた。
オヤジさんとも色々な思い出があるね、お互い!
元々が芝浦の責任者(向後平の親分の前の)と兄弟分でボンノさんとも・・・。
そりゃあ、あのオヤジさんは凄い方だったよ。
「金も地位も要らない、俺は友達が居ればいい」と言って持ちビルを上げちゃったし、「俺は新宿の荒木でいいんだ」と会長の座も譲ったしね。
セガレ、千歳台で何やってるんだか、耳にはするけど・・・。

投稿: 中野ジロー | 2012年5月 5日 (土) 04時56分

イイ事言いますね!

損得勘定ばかりででそれが正しいと思ってる馬鹿が多すぎませんか?

投稿: 古き良き昭和の不良 | 2013年11月 7日 (木) 01時46分

まあ色々な人がいますからね。私は割と損得抜きの友人知人はいますけど・・・。

投稿: 中野ジロー | 2013年11月18日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 警察官が女児に強制わいせつ? | トップページ | 娘は超パパっ子! »