« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

「月刊実話時代(6月号)」の連載大好評!

今月号には、住吉会の最新人事が掲載されている。

「ああ、あの方が・・・」とか、

お名前を見て「ご年齢的にも体調は?」と思った方々も居られた。

ガキの頃から知ってる方、塀の中の雑居房で一緒になり、

バカ話のお相手に付き合って頂いた方・・・・。

10_4

暴力団排除条例が施行され、何かと大変なので、

こんな私にもご相談を・・・の方も居られるが、

まあ、如何なる業界でも食い凌ぐのに大変な世の中である。

先日も大学教授の方が、

「今の時代、狂ってるね」と言っていた。

保険会社の役員の方が、

「今は、何の本を、雑誌を見ても、どれを信じたら良いのか、書いてる事がバラバラで・・・」

と私に聞くので、多少は詳細を教える事もある。

政治家の議員さんまで、

「本当に国防意識を高めるには?」と聞かれたり、

消費税、脱原発の事など私のお話に耳を傾けてくれたり・・・。

宗教団体の方とも議論を交わしたり、

左翼の活動家の方とか、

会社を運営する方とか、

そうして大概は後には、

お互いに著作の本を交換し合ったりしている。

そうなんだよね、余り暴力団の事情に詳しくない方々が多過ぎる。

何故、何かと規制ばかり厳しくするのか?

もう都内では暴力団の組員というだけで一般市民は敬遠する。

何故、そんな時代に成ったのか?

私などは元だけど割と周囲の方々が、

気さくに交際して頂けるのは、

普通にエバらず、強がらず、自然体だからか?

現役当時から、カタギさんや、女子供、弱い者を、

そうそう苛めたりしなかった。

幼馴染の関係の知人も大事にしてきた。

やはり地元っ子という強みだと思う。

何を言っても、

私の少年時代の事から色々と知っている人が多いから、

嘘を付いても直ぐにバレる。

バレたら恥ずかしくて道も歩けない。

だから私の事を、話す事を信用してくれるのかな?

もともとバカが付くくらい正直モンだったから・・・。

まあ、警察さんには嘘ばっかり付いてたけど・・・。

そりゃあ、仕方ない、警察さんは嘘付きの人が多かったから・・・。

だって、今でも「暴力団追放」というポスターをよく見掛けるが、

別に追放してないし、黒い交際を、と言っても、

普通に各地で交際しているし、

都条例に反する方々も多いのに・・・。

ただ誰しも彼しもパクれば良いという問題でもない。

刑務所の中も決して更正をする場所とは思えなかった。

そう今回の「懲役ジローの全国セイハ」という私の連載には、

私が6回目の服役を終え、

ちょいと組織のご法度を破り、

事務所での謹慎を命じられ、

漸く2ヵ月後に解除となって、

組織の用事ごとを真面目にやってた頃の話で、

高知刑務所を務めていた後輩の出迎えに行った時の事が書いてある。


8_4

「豆腐の四つ角」というのは、

出所した人間に対する儀式的なもので、

それが何のためにとかも、

少しはお分かりになるかと・・・。

丁度、当時は、

六本木と赤坂の関係が揉めていた頃だった。

まあ、又、この後、私は7回目の服役になってしまったが、

この新人事に、

相談役という役職に就かれてる方と同房になり、

色々と深い内情も教えて頂けた。

刑務所の中では、

結構、皆が気の合う関係だと、

腹を割ってくれるもので、

お偉い方も、

私みたいな人間に対しても、

とても優しくしてくれた。

普通なら誰にでも言えない様な心配事を話してくれたが、

やはり暴力団の親分さんでも、

一番なのは娘さんとか子供の事だった。

私も今になって娘を持つ身になって、

つくづく感じる・・・。

ウチの娘も、

「元暴力団組員の娘」

と言われ続ける・・・。

それには私は人様よりも、

生真面目に生きていかなければならない。

余り生真面目過ぎても、

「マスコミ関係では良くないよ」

とも言われるが、

かつて現役当時に、

出鱈目もして謹慎とか何度も打たれたし、

今は出鱈目などしては居られない。

私が接する方々も、

そうした事をお許しにならない。

私の住む麻布十番も、

お隣さんは大物芸能人だし、

大きな会社の社長さんとか、

外国の大使館員ばかり・・・。

それでも、

私に優しく対応してくれる方々は多い。

娘に対しても、

「可愛いですね」

とお声を掛けてくれるし、

外国人に話しかけられても、

嫁が英語や韓国語で対応してくれる。

たまに私も年齢を聞かれるが返答すると、

「へえ~、お若く見えますね」

と・・・。

まあ、私も小指さえ見なければ

そうした世界で生きてた人間とは見られないのかな?

普通に見知らぬサラリーマンの方にも、

お店や道を訊ねられたりするし・・・。

何だか娘が日に日に可愛さが増す様に、

私や嫁も同じ風に、

可愛く良い子に成ろうとしている感じかな?

私は常に自然体のつもりだが、

嫁は今が一番幸せそうだし、

そうした二人を見て居れば、

私も幸せだけど、

そうそう自身の幸せは多く望んではいない。

周囲の方々が幸せなら、

少しでも幸せになってくれたら、

そう思っているだけ・・・。

さて、本日は、

ある方のイベントにお誘い頂いてるので、

参加して何かを得てくるつもりです。

色々な方々と接して、

人様のお考えやご意見を聞く事は、

とても大切だと思っている。

こんな過去を持つ人間でも、

お誘いして頂ける事に感謝で御座います!!!

で、次回の連載は、

今までのとは、

ちょっと違う内容なので、

またお楽しみにしてて下さい。

少しでもお仕事を、私を取り上げて頂ける事にも、

感謝感激の心を失わず、

私がマトモな方向性で生きるのに、

激励の言葉を投げて頂ける方々のお気持ちを裏切らない様に、

まだまだジローチャンは頑張りま~す!!!


| | コメント (20)

2012年4月28日 (土)

小学館Menjoy!

・・・・というのに私が取材協力をした。

※ 元・組員に聞いた!「こいつヤクザだな」って男の特徴9つ【1/3】

http://www.men-joy.jp/archives/47716

※ 元・組員に聞いた!「こいつヤクザだな」って男の特徴9つ【2/3】

http://www.men-joy.jp/archives/47727

※ 元・組員に聞いた!「こいつヤクザだな」って男の特徴9つ【3/3】

http://www.men-joy.jp/archives/47735

しかし、組員だから、と言っても、色々なタイプの組員が居る。

ヤクザにも色々と組織によってカラーというものもあり、

マトモなカタギさんに評判の良い組員に育てる親分さんも居れば、

何でも構わないから金を作って、逆らったら殺してしまえ風な組織や色々とあるが、

まあ、私的には女子供を、幼馴染の友達に好かれなくては、

ヤクザでもご立派な方だとは思わない。

まして自分の彼女なら大事にしないとね。

まずはそういう事で取材に協力致しました!

| | コメント (18)

2012年4月27日 (金)

元ヤクザが幸せしたら悪い?

確かに私はヤクザをしていた。

確かに多くの犯罪に手を染めた。

だが、今はヤクザも辞めて、

何も犯罪を起こしていない。

自力で防犯パトロールしているが、

警察官は「少しは治安が良くなりました」と言うので、

「『少し」って、少し努力が足りなくない?」と・・・。

この界隈は交通事故も、

子供にイタズラするオッサンも多いのに!

私も一応は「美人」と言われる嫁を貰い、

可愛い娘も授かった。

埼玉県と麻布十番に住んでいる。

娘は私の事が好き好きで、直ぐに肩車や抱っこを要求する。

___163

___164

髪の毛を引っ張ったりしては無邪気に楽しんでいる。

___246

児童館に行っても一緒にママゴト遊びしている。

嫁も娘が超好き好きで、超娘狂いになった。

___271

私と娘の取り合いみたいに、

いつも代わりバンコで抱っこしているが、

やはり娘も女という意識が芽生えてか、

パパっ子か、

私にばかり甘えてくる。

オマケに嫁まで甘えてくるが、

「母親なんだから大人してなさい!」

と言って厳しく色々な事を教えている。

家事とか交通手段とか詳しくないから・・・!

私は東京育ちの地元っ子なので、

何処にも色々な業界に知人がいるし、

誰とも割と直ぐに親しくなって、

色々な相談を受ける事が多い。

会社の社長さんから外人さんまで・・・。

外人さんの時は嫁が英語で何やら会話をしてくれる。

麻布界隈は、

只でさえ、色々なお国の人が住んでいるので、

同じ出身国とか、

出身地同士で派閥的な物も形成されている。

そうした事を私は特に気にしない。

又、私の事も、

小指さえ隠せば、

元ヤクザとは分からないみたいで、

気さくに声を掛けてくれる。

要するに生活的には豊かな方々が多いので、

心に余裕があるのだろう。

差別的な事も経験してきたので、

派閥的な物は作っても、

あまり自身たちも人様を差別しない様である。

まあ、何人かはいるけど・・・。

大概、アホクサな事をブログ内にコメントを書くヤツは、

余裕が無いからであろう。

「そんなネクザなど相手にしない方が・・・」

と多くの人は言ってくれるが、

「まあ、私は色々な人間を相手にするのも、私の仕事や活動に繋がるからねぇ~」

と返答している。

別に私は、

都会が好きな訳ではない。

嫁が好きなだけ・・・。

夏には地方取材の旅で各地を回る予定だが、

すると直ぐに嫁と娘が寂しがる。

埼玉に行っても、

「直ぐ帰ってきて~!」だし・・・。

全く1人娘で生まれた嫁に、

1人っ子の娘で2人して超甘えっこで・・・。

私は寂しさには慣れっこだし、

苦労の「く」の字も特に気にしない。

私に対する悪口中傷?

そりゃあ、散々と過去に悪さして来たから当然な事だが、

変なヤクザやヤクザのパシリに言われる筋合いはない。

インチキニセモノ総長にでも言ってなさい。

勝手に裏で陰口を言ってなさい。

キチンとした度量のあるヤクザの方、男は、

ド~ン!と構えている。

たかが、ジローチャンで、されどジローチャンなので!

で、私もド~ンと構えて、

いつもニコニコのジローチャンしてま~す!!!!!

Imag0491_2

| | コメント (38)

2012年4月24日 (火)

娘は超パパっ子!

寝る時は私に寄り添ってくる。

起きると直ぐパパに飛びついて来る。

泣いても私が遊んであげるとケラケラと転げ回って笑う。

食べ物も私の好みと同じで、

肉、ウドン、ソバ、ラーメン、炒飯とかを食べる。

__2_23 Imag0816

飲み物はピルクルばっかりゴクゴクと1日に5本以上は飲んでる。

私が側から離れると後を追い掛けて来る。

性格的には甘えん坊で寂しがり屋だが、

私も2才4ヶ月の頃は同じだったのか?

Unknown_parameter_value_3

(「↑」は実父と・・・)

Unknown_parameter_value_4

(「↑」も板橋区常盤台の家で・・・)

まあ、私が幼少時代は家庭的には恵まれていた。

家ではお手伝いさんも二人雇っていたし、

両親、実父の母、実兄と割に豊かな暮らしだった。

今の娘は豊かであろうか?

生活的には困ってないが、

やはり私と嫁だけでは寂しい様である。

なかなか児童館や公園でも友達が出来ない。

他の家の子供は何故か私に懐いて寄って来る。

その子が男の子の場合だと良いが、

女の子だとヤキモチを焼いて、

睨み付ける。

そうした点は嫁と似ている。

嫁もパパっ子で育った。

未だ嫁もご両親が健在だから良いけど、

もし死去したら如何なるのか?

歌手の尾崎紀世彦さんが失踪したそうだが、

もし私が失踪したら如何なるのか?

まあ、私は失踪などしないが・・・。

決して私はパパっ子ではなかったが、

ママっ子でもない。

友達っ子だったと思う。

いつも友達の中で囲まれて育った。

嫁の友達?

まあ、私的には何とも答えようが御座いません。

何やら女同士の友達というのが私にはよく分からない。

だが、娘には良い友達が出来て欲しい。

私自身、友達から多くの事を学んだ。

良い事から悪い事から色々と・・・。

娘に良い友達を作らせる事も、

私の役目である。

自然的、というのもあるが、

良い友達に恵まれるには、

娘自身の問題でもある。

これがまた、

この年齢でイケメン、腕白な男の子が好みである。

それでも自分からは照れて近寄れない。

そんな所も私に似ている。

この麻布十番には、

芸能人からモデルさんとかセレブな美人さんが多くて私が、

「おっ!」と見ただけで、

嫁は私に回し蹴りを飛ばしてくる。

では、恐ろしいから娘を連れて、

やっぱり何処かへ失踪致します!!!

(「↑」は冗談)

「男らしさ」という言葉も死語になりつつある様だが、

せめて私の娘としして生まれて、

「良かった!」

と娘に言われるよう更に頑張らねばです!!!

| | コメント (65)

2012年4月21日 (土)

東京少年鑑別所~♪

少年時代、18件は家裁に書類送検されたが、

正式に審判を受けたのは3件だけだった。

他は所轄で上手く処理してくれたのかも知れない。

一件目、二件目は、

家庭が複雑という事で許されたが、

三件目では、

昭和54年4月に

恐喝未遂、暴力行為、共同危険行為、シンナーなどを総合した審判で、

東京少年鑑別所に送られた。

雑居の部屋に入ると、

「ジローくんでしょ?」

と聞いてきたのは、

小平ブラックエンペラーのサワダだった。

それまでサワダが部屋長をしてたが、

「どうぞ、ジローくんに・・・」

と言う事になった訳である。

当時、

ブラックエンペラーは、

関東では強い勢力を持っており

所内もエンペラーの人間が多く幅を利かせていた。

サワダは二個下で、

私に部屋長という立場を譲ってくれたが、

この部屋長というのは

ヒッツキ会議の議長を務めたり、

所謂、部屋の仕切り役だった。

ヒッツキ会議というのは、

例えば所員から、

「シンナー遊び」という様な題材を与えられ、

部屋の皆で、

如何したら止められる、止めないとダメか、如何なる経験をしたか、

という事を会議をして、

結論を提出する訳だが、

所謂、弱い者苛めみたいなものだった。

誰かが、

何か言えば、

というか、

強制的に言わせるが、

何か言えば、

では、何で? 如何して?

とトコトン追い詰めて、

突っ突く会議であった。

私は弱い者苛めとか基本的に好きではなかったので、

特に突っ突き合いとかせずに会議をしてた。

しかし、同室の中には嫌われる様なヤツも居て、

そいつに皆の布団を畳む事や食事の用意をさせたり、

時に皆で布団を被せて蹴っ飛ばしたり、

便所の中で職員に見付からない様にボコボコにする事もあった。

何しろ、毎日の如くヤツは両親が面会に来て、

他の皆に、

コーラーを飲んだり、何のお菓子を食べたとか、

自慢げに語っていたからだ。

まあ、他は週に一回くらいしか面会に来てなかったので、

妬んでいたとも言える。

何故、私が庇わなかったというのはヤツが、

私らと敵対していたチーム名を口にしてたからであった。

グラウンドでは、

体力作りの訓練という名目で、

所員に無理矢理的な腕立て伏せとかジョギングとか行っていたが、

私は16才の時に単車で事故り、

右足大腿骨を骨折し、

金具が入ってた事を理由に、

「運動は禁止されてまして・・・」

と告げて訓練を免除して貰った。

一応は私も中野エンペラーの頭として名前も知られており、

他の部屋にも親しい知人ばかりで、

全く気楽に暮らせた。

その頃は暴走族を辞めて、

右翼とか少年ヤクザを名乗る連中も多かった。

私は暴走族をしてても、

両方していた。

暴走族の連中は、

他所の部屋の右翼と頻繁に口論をしてたが、

私の部屋には大泉のバンパイヤで5個下なのに威勢が良くて、

国防青年隊の人間に、

「何だ、右翼か、暴走族か、どっちだ~!」

と怒鳴ってたが、

相手は高円寺のカネコタイチとテラサキで、

私も恐喝未遂の時は、

国防青年隊愛国硬派連盟愛硬会の会長、荒木ヒロシと一緒にパクられていた。

荒木は中野エンペラーだが、

実父は俳優の石原裕次郎さんが、

実の親みたいに、

「オヤジ」と慕って呼ぶ様な方で、

戦後から新宿界隈の興行を抑えており、

東京安田連合初代分家の筆頭で、

幸平一家十一代目総長が、

「兄貴」と呼ぶような親分さんだった。

安藤組の加納貢さんとも親友みたいな間柄だが、

私は息子の関係で、

中学生の頃から自宅や事務所に遊びに行っていた。

又、私の実母が新宿のクラブリーに勤めてた時のお客さんでもあり、

荒木さんの引越しの際も手伝ったりしたそうであった。

鑑別所で息子、ヒロシの方は、

衛生夫みたいな役に付き、

所員の助手みたいに、

各部屋に食事を配ったり、

廊下の掃除をしてて、

一度だけ私も、

廊下の掃除を手伝う様に言われた。

この時には、

永福町のヒロマサも一緒に手伝ってて、

私が「逃げちゃおうぜ!」と言ったら、

所員に聞こえてしまって部屋に戻され、

二度と面会とか以外は部屋から出して貰えなくなった。

それでも私の部屋は常に笑いが絶えない感じで、

楽しい事、楽しい事!

食事も好きな茶碗蒸しが出たり、

美味しい物ばかりで、

まったく辛くなかった。

ここで学芸大のアーリーキャッツの頭とも親しくなり、

中野とは友好関係を結んだ。

数週間後、私は保護観察の処分で許されて釈放になったが、

以後も幹部会や集会に参加した。

共同危険行為で180日の免停を受けていたが、

毎日、私は関係なく無視して1人でも暴走してて、

後に再びパクられて試験観察処分になった。

今でも思えるのは、

10代に上手く少年院送致を免れ、

シャバで目一杯に遊べて良かったという事である。

まあ、20代以降も遊びに遊びまくったけど・・・!!!










| | コメント (27)

2012年4月19日 (木)

警察官が女児に強制わいせつ?

18日、京都府警の巡査が小学生女児の体を触った容疑で逮捕された。

しかも京都ではなく千葉県に出向中に成田市内の公園のトイレで2人も・・・!

まあ、警察官が職務質問すると、まず名前と職業とか聞かれるけど、

「私も警察官です」と答えたのだろうか?

「被害者とご家族に深くお詫びする」と警察官側の上司はコメントしてるが、

私の娘が被害者だったら、

事件を知った途端に即、何処の何署でも関係なく突入だね。

お詫びとか何とかコメント出そうが、

まず当人と会わなければ気が済まない。

それは私だけではなく、

嫁から嫁の両親から、

何やら訳の分からん連中まで、

大怒りする事は間違いない。

只でさえ右翼団体の長まで、

ウチの娘を「ノア様」と呼ぶくらいである。

確かに娘は誰が見ても可愛い。

しかも、未だ2才と4ヶ月なのに、

如何にもロリコンが喜ぶような雰囲気が丸出しである。

Imag0774

私は親だから、

毎日、好きなだけ体を触ってるし、

嫁も、

肌がツルツルで、

丸くて、柔らかで、美しくて~♪

と呼んで何よりも大切な宝物ちゃん!

普段も常に1人にはしないので、

誰にも勝手に触らせていない。

将来?

そりゃあ、勿論、私が生きてる限りは何処へでも、

娘と一緒に付いていく。

もしくは嫁が・・・。

「アンタ、父兄参観日にも行くの?」

と言うが当たり前である。

それにしても、

全く警察官たる立場の人間が、

しかも未だ若い巡査ではないか?

ストレスなど誰でも抱えているし、

何も抵抗出来ない女児だからと憤慨極まりない話!

ちょっと警察官さん不祥事続きで、

何をしてんだか・・・情けない!!!



| | コメント (15)

2012年4月17日 (火)

これが幸せというのか?

最近は、昼から外食が多くなった。

__2_22

麻布十番のど真ん中のお店で、

マルゲリーターか、

__3_13_2

長海老とか色々な具材が入ったパスタ・・・。

Imag0763

娘もパスタは食べるが、

外食にしても、

何でも食べる物と食べない物とがハッキリしてきた。

我が家では、嫁の希望は、

魚介類豊富な寄せ鍋か、

和牛のすき焼きか、

カレーライスが多い。

嫁は娘以上に好き嫌いが激しいばかりか、

手間を掛けて作っても、

食べるのは、

チョットだけなので、

外食の方が楽で価格も大して変らない。

Imag0764

このカレーライスは幾ら食べても800円!

パスタやら焼肉、すき焼き、だと、

まあ、それなりの値段になるけど、

娘と食事に費用を掛ける事くらいは、

そうケチケチしても良くない。

私は伝統ある博徒の一家で28年間生きてきた。

今は、金に成る方、力が有る方と、

コロコロと組長さんが健在なのに、

移り変わる組員も増えたけど、

それが決して悪いとは言わない。

ただ私は、

木村睦が解散し、

木村の親分は歌舞伎町の喫茶店で射殺され、

次は川村組に移籍となり、

後に川村の親分は、

詐欺師に騙されたりで、

落ち目になって、

次々と組員は他所の組に移った。

私は最後の最後まで、

川村の親分が脳出血で亡くなるまで組に残り、

以後も、

やはり同じ一家の中核的な組へ・・・。

それでも殆んど看板を出した生き方はしなかった。

何処へ行っても、

ジローチャンの名前で通用したからだ。

兄弟分も何人か作った時もあったが、

ヤクザの頃に殆んど縁は切った。

今でも何人かは、

私を「兄弟~!」と呼んでくれるが、

組織は離脱した身だし、

ヤクザでは無いので、

普通に「ジローちゃん~!」と呼ぶ様にして貰った。

兄弟分というのも、

ハートとハートの付き合いだから、

私に何か起きた時に、

泣いてくれる様な男同士の関係でありたい。

___257

「↑」は、昭和残侠伝だけど、何回観ても泣けるね~!

Imag07681

まあ、憎たらしいほど嫁は今が幸せそうで、

割と呑気なものだが、

私は呑気が嫌いである。

春の陽気に浮かれてもいられない。

原稿を書いたり、

色々な方々の相談に応じたり、

政治や社会問題を学んだり、

そうして何とか生活は成り立っているが、

特に遊びという遊びは、

娘とオモチャや公園遊びするだけ・・・!

GWには、

エンペラーOBたちでバーベキュー大会(ニセモノ抜きの!)、

それが済んだら、

兵庫や大阪拘置所まで、

兄弟分的な友人の面会にも行く予定で、

5月は色々なイベントにお誘い頂いており、

6月にはテレビ関係の打ち合わせで、

未だ「どないしよ?」と考え中です。

嫁は嫁で私が側に居ないと寂しがるし、

あんまり娘と同様的な存在で変らない。

嫁と娘をニコニコ顔にさせる事、

これが幸せの始まり始まりなのか?

「人生は幸せの追求」と言うが、

私的には、

自分自身が幸せに成ろうとか望んではいない。

幸せに甘んじていたら、

良い物が書けないと思っている。

まず自分の生き方が、

文章に表れ、

世間の方々に喜んで頂けるものではないか?

私が憎たらしい?

それはアホクサ野郎だからです。

まず自分の生き方に自信を持つには

弱い者苛めや差別をしない事と、

男は男らしさを追及する姿勢が肝心で御座いますよ!!!






| | コメント (7)

2012年4月15日 (日)

昭和残侠伝 死んで貰います!

この映画をご覧になった方は、如何に思われたか?

私は涙が出て止まらなかった・・・。

ヤクザはカタギに成ろうと思っても、

生涯、過去の恨みつらみからは逃れられない。

健さんは恩ある方のために再びドスを持ち、

ヤクザの事務所へ・・・。

「何年でも、待ってます。だから、死なないで・・・」

と藤純子さんが言っても、

「松、あとは、この女を頼むぞ」と・・・。

健さんの舎弟分の「ヒヨットコの松」も一緒にと言うが、

「助っ人は要らねえ、俺が売られたケンカだ」と・・・。

まあ、それでも兄弟分は同行したが、

相手のヤクザに殺され、

健さんは相手のヤクザを次々と長ドスで切り倒し、

最後は親分に、

「死んで貰うぜ!」

とグサリ腹を刺して殺す・・・。

その場で逮捕され、事務所から出てくる健さんに、

ソッと上着を掛ける藤純子さん・・・。

背中で吼える唐獅子牡丹~!

で、ウチの嫁は、

私がブタ箱に放り込まれても、

待たないと!

別に待ってて貰おうとも思ってない。

ヤクザであれ、カタギであれ、

やらねばならない時はある。

何も悪さしなくても、

何やら訳の分からん罪名で逮捕をされる事もある。

特に私などが、

「てめえ、殺すぞ!」

などと冗談で言っただけでも、

冗談では許されない。

やはり昭和の時代は良かった。

任侠ね・・・廃れた。

義侠心・・・消えた。

感動・・・薄れた。

私は、

如何なる時代に成っても、

持ち続けたい。

イカサマは博打に限らず付き物だが、

見破られたら終わりです。

イカサマ、インチキ総長も、

バレちゃったし、

「へいへい、私ら商店街屋さんの総長でして、

実在してた本物のエンペラーとは別にお考え下さ~い!」

と認め書きしなさい。

そうじゃなければ、

私の臭いオナラを、

嗅いで貰いますよ!!!

__2_21

(全く間に入ってる人間も、やる事が遅い!)

(ホンマに、眠たい話じゃ!)

(で、映画もビールを飲んで寝ながら観てましたぁ!)

さて、今日は天気も良いし、

色々とお買い物回りして、

何処かで美味しい物を食べようっと!


| | コメント (9)

2012年4月13日 (金)

良い乳より良い父

そりゃあ、男なら色々と、

良い乳を、とか考えますが、

別に誰のを触りたいとか思ってません。

ただ、

とりあえず、

良い父して居ります。

ちょい白い上下が・・・ジジイ臭くても、

__1_27

娘はお気に入りで、

いつもイチャイチャしてま~す♪

Imag0741

(将来、娘はボインに成るのか・・・・?)

| | コメント (11)

辞めた今だから話せる実話~!

・・・というテレビの番組があるけど、

私の場合、辞めた事で話せる事は多い。

暴走族も精一杯やって辞めた。

(解散はしてません)。

暴力団組員も辞めた。

(正式に離脱の許可が出たのは私の属す組織では異例的な事。通常は破門)。

200601061717000

覚醒剤違法薬物も辞めた。

(売るのも食うのも、故に今は撲滅運動家)

あらゆる犯罪に手を染めたり、加担したが辞めた。

(今は各地で防犯パトロールしてま~す)

博打も辞めた。

(札、サイコロ、違法ゲーム、闇カジノ、パチンコ、パチスロ、競馬、競輪・・・ets)

女遊びも辞めた。

(10代の女の子からアイドル、女優さんとか多々交際経験有り)

宗教団体も辞めた。

(これは勝手に辞めさせらた)

マッドマックスの仕事も自ら辞めた。

とりあえず刑務所も七回で辞めた。

デイスコ遊びは、やや辞めた。

(ここ数ヶ月、クラブには行ってない)

まあ、今は全くフリーで気楽に何でも話せる。

しかも全部が実話で色々な事を・・・!

そうした事を今までも本には書いてきた。

100803_1656521

(「↑」が一番の売れ行き!)

もっと私的には濃い暴露話もあるが、

色々と自身でも思い出すと笑える事、笑える事・・・!

「何や、わしなど誰にも負けんほど辞めた事ばかり・・・」と仰る「↓」だが、

Imag005011

やはり男として生まれたからには、

人様には出来ない事を可能にする事に喜びを感じたい。

そりゃあ、過去には多くの方に迷惑も掛けたが、

大事なのは今を如何に生きているか!

33才の嫁に2才4ヶ月の娘と、

麻布十番で色々な方々の相談に応じながら、

育児と仕事を何とか両立して暮らす日々・・・。

何も無駄遣いしないから貯金も増えるは増えるはで、

上手い料理を食べる事が出来る。

ただ余り自由は無い。

何でも我が家では娘に服従しなければ、

Imag0738

娘から青いミッキー「↑」で叩かれて・・・。

あの鬼嫁さえ、

「恐ろしや、恐ろしや!」

と何も言えないでいる。

私は各地へ行って、言って、何でも書くのは実話であり、

それを楽しんでいる。

楽しんでいれば人も楽しめられる。

自身がプライドを捨てれば大事な人たちがプライドを持てる。

そうした生き方は、

色々な事を辞めても、

基本的には変らない。

各経験の中から生まれた実話が、

実話として世間の方々も楽しめる。

さ~て、そろそろ暖かくなってきたし、

色々な方たちお楽しみに~♪

| | コメント (20)

2012年4月11日 (水)

娘の「ノア」と申します!

決してプロレス団体の名称と無関係ではないけど、

娘の名前はノア・・・。

__1_25

今月で2才と4ヶ月になるが、

英語の方を先に覚えてしまって、

まだ日本語は片言しか喋れない。

パパとかママとか、

たまにジジ・・・・。

男の子が側に来ただけで、

ワァァァー!

と威嚇するし、

私や嫁も既に配下に置かれてしまった・・・。

「アタチのママはね。ただのオッパイちゃん。好きなだけ弄くれるのはアタチだけよ。

パパはね。椅子とか枕とか背もたれ、あと料理も作ってくれるし、

遊び相手なの、恋人でもあるの!」

と娘は心の中で申して居ります。

しかし、いつか必ず別れの日は訪れる。

そのためにも、

「今」を大事にして、

「後」を考えて、

私は私らしく生きる、生きてきた。

嘘、偽りの人生など真っ平御免である。

そんな私だからこそ信じ合える、頼ってくる人たちも居て、

生活が成り立っている。

要するに「人は人と支えあって・・・」というやつですな。

恩着せはせずに!

それを如何なる状況になっても忘れてはいけない。

そうした事が嫁も少しは分かってきた様だし、

後の私の行動が如何に?

それは皆さん、お楽しみに~♪





| | コメント (6)

2012年4月 8日 (日)

六本木の「OUTBACK」で~♪

なかなか美味しい料理を食べた。

Imag0704

「↑」は最初に出てくるパンで、

Imag0705

次には名物とも言われる「オニオン何やら」と言う物だが、

流石、「これでもタマネギ?みたいにモグモグして、

Imag0707

海老と温野菜のパスタ!

これは嫁が注文したのだが、

既にオニオンで腹一杯に成ってて、

私が殆んど食べてしまった。

Imag0708

私は「ブラックペッパーステーキ」まで・・・!

まあ、実は昨日、嫁の母親が富山県から上京するとかで、

私らは六本木で会う約束をしてたのである。

なら、六本木で食事して約束の時間まで待とうと思って、

喫茶店のアマンドでコーヒーとかを飲んでいた。

ここへは前にも娘を連れて何度も来たが、

泣くは、暴れるは、嫁と私は、娘に気を使う事、使う事・・・。

Imag0717

で、嫁の母親は、

いつ来るのか?

と思っていたら、

ただ近くにタクシーで着いて、

嫁を呼んで、

2、3分程度、

アマンドの外で、

お話をしただけ・・・。

私も娘も会ってない。

何だか嫁の母親は、

富山県から、

オバチャン軍団と、

何やらのショーだかを観に来たそうである。

それにしても

OUTBACKは、

従業員の教育とかも厳しいのであろう。

接客態度は良好だが、私的には

ついついヤクザの視線で捉えてしまうので、

まだまだと思ってしまう。

「お肉の焼き加減は如何ですか?」

と店員さんは聞くが、

丁度良くても、

「何や、この焼き方は!」

と言ったら如何なる対応を取るのか?

そんな事を私は言わないが、

もし言ったらの場合である。

店内は、

外人さんとかタレント風の女性で満杯状態であった。

六本木界隈には、

全国から色々な人たちが訪れる。

前にも、

六本木キャバクラ事件とかも起きてるし、

まだまだ治安が良いとは言い切れない。

クラブとかも何件か閉店を余儀なくされている。

後にはドンキホーテにも寄ってきたが、

兎に角、色々な国々の外人さんが多いこと、多いこと・・・。

昔、昔、この一帯も、

地回りのヤクザとか、

きちんと各組織の方々と協力し合い、

シマを守っていた。

今は外人さんの方がブイブイしてるし、

警察さんも外人さんが相手だと、

ちょっと弱腰・・・。

丁度、そんな時、

私らが関東連合ブラックエンペラーをしてた時の友人から電話があった。

この友人は私と同じ年だが、

当時は関東中に名前を轟かせた人間である。

まあ、簡単に言うと、

宇梶とかは彼の子分みたいなものだった。

今では、

真面目に正業に就き、

良いオッチャンしてるが、

昔は神風連合の人たちも、

一目置いていた。

エンペラーOBも、

良いオッチャンしてる間に、

お笑い商店街になってしまったが、

もう今はガッチリとスクラムを組んで固まった。

あとはインチキ岩崎総長の処理だけだが、

エンペラーとして頑張ってた人間たち同士では、

もう揉める事は無いだろう。

遠藤さん・・・、まあ、色々な意味で自業自得ではあるが・・・。

まあ、そのうちマッドマックスも如何なる事になるか?

あくまで私にとって大切なのは、

幼馴染の友人や仲間たち、

同じく塀の中で辛さを共にした仲間たち・・・。

それがあって、

今の私ら家族が、

こうして美味しい料理を食べれる。

不良の「不」の字も分からん者たち、

ヤクザの「ヤ」の字も分からん者たちが、

マスコミ業界には多過ぎる。

本物が見て、

「何、これっ?」

と思う物で面白いのだろうか?

「私を大した野郎じゃねえ!」

と笑わば笑いなされ、です。

人間というのは、

ケンカが強いとか弱いとかではない。

弱い者ほど強いのである。

この私の娘を見なさい。

まだ2才4ヶ月の女の子だが、

泣くと東京タワーでさえ傾くほどの力がある。

(「↑」と、ちょっとホラを書いたが、泣く子には誰も勝てないのは事実)

で、まあ、このウチの嫁の幸せそうな顔・・・、やや憎たらしい!!!

(OUTBACKのお勘定? 勿論、私が支払いました。とても美味かった~♪)

| | コメント (36)

2012年4月 7日 (土)

バカはバカでも普通のバカではない!

麻布十番のど真ん中の公園で、

「↓」のような事するバカな私である。

__3_11

「↑」下の方では娘が、

「パッパ、パッパ~」と、

やや呆れたような顔をして見ていた。

私は娘を喜ばそうとしたのだが、

公園内は桜も満開状態で、

家族連れの人たちが多かったから、

「変テコな夫婦が居る・・・」

と思われていた事は間違いない。

しかも嫁は、

突然、「↓」の如くポールダンスを始めたし・・・。

Imag06991

そして、ケロリと「↓」の様に「あらっ、アタシ、バカな事やっちゃた?」みたいな・・・。

Imag07001

まあ、春の陽気で、

ついついバカ丸出しの本性を発揮してしまった訳である。

ただ娘は、お利巧さんで、しかも、誰が見ても、可愛い子ちゃん!

Imag0697

最近は週に何度も、

麻布十番の「楽満コロッケ」を食べに行ってて、

そこでは何やら美味しいお茶を無料で飲める。

私らは立ち食い、立ち飲みなのに、

娘はチョコンと座ってなので、

お店の人から通りすがりの人からも、

「可愛い~♪」

と言われている。

そんな娘が居るのに私ら夫婦が、

覚醒剤とか悪い事に手を出す訳はない。

Imag0701

「↑」はコロッケを買うと付いてくる特別な塩入りのパケ・・・。

こんなのを見ても、

「一発食いてぇ~!」

とも思わない。

バカはバカでも、

覚醒剤に狂ってバカな事するバカとは、

全く違ったバカである。

だが、娘は、

私の事をバカにしてるのか、

「↓」の様に・・・。

__1_23

娘は直ぐに私の上に乗りたがるが、

まあ、私の知人らも、

「ノア様」

と呼ぶ様にお偉い子なので、

仕方ない・・・。

私らみたいなバカな事ばかりしてきた人間には育って欲しくないが、

如何しても、

バカな行為はしてしまう・・・。

ただ法律に触れる様な事はしないが、

というか、

暴力団排除条例だとか、

訳の分からん法律ばかり作って、

お国は何を考えてるのか?

普通に、何処でも、

黒い会食とかしているよ。

普通に、

何処にでも暴力団組員は居るし、

覚醒剤撲滅運動とか、

警察さんは、

本当にしてますか?

全く私などとは比べようにならないバカなお国のお偉いさんたちばかり・・・。

本当に一般市民の幸せとか考えての政策?

私的には橋下大阪市長は言葉に説得力があって、

それなりに実現させてる様で好きではあるが・・・。

そして、警察官が不祥事を起こして、

どないするの?

暴対法を強化しても、

シノギに苦しむ暴力団組員は、

凶暴化して、

一般市民にまで危害を与える様になる。

如何なる男でも、

家族や周囲の人間を大事にすれば、

お金など何とか回ってくるもので、

私も今では色々と会社を経営する人たちが、

少しは支援してくれる様になった。

中卒で、

元暴力団組員で、

敢えて自らマッドマックスの仕事を辞めても、

こうして嫁と娘を幸せにしている。

ただ私には、

余り幸せというのは似合ってない。

幸せ気分に浸ってても良くない。

それでは良い物を書けないとも思っている。

不幸、心の中で苦しんでいる人間の思いを知る事が、

私には大切なのである。

ただ娘が、

あと数年経ったら、

バカな事は出来ない。

娘が18才に成ったら、

私は68才・・・。

その時に果たして、

「キモイ!」

とか言われたら、

私は、

どないする?

まあ、それまで私は生きてるか判りませんが・・・。

若い頃から、

「人生、50年」

と思っていたし、

それを2年超えている。

周りの人からは、

「無茶しない様に!」

と言われるが、

私の仕事自体、

無茶な行動をしなければ何も始まらない。

ただ一言・・・。

利巧な人間はバカに成れても、

バカは利巧には成れない!

男なら、いつ死んでも良いと思って生きてみろ!

女はバカでもお利巧でも可愛いければ良しである!

私も、

インチキイカンガー総長とか、

カァタン以外の人に対しては、

可愛くバカを致しますので、ヨロシクね!!!

| | コメント (1)

2012年4月 6日 (金)

咲いた花なら散るのは覚悟~♪

・・・という歌も有ったが、当たり前の事ですね。

ただ「覚悟」の有無は分かりませんが・・・。

まあ、私は麻布十番の網代公園で桜を見てきた。

暫く娘も風邪とかに注意して、

公園遊びは控えて居たが、

嫁と一緒に連れて行った。

__4_7

まあ、兎に角、娘は外出すると、

「抱っこ~、おんぶ~!」

で、全くの甘えん坊ちゃん・・・。


Imag0694

だが、ブランコには1人で乗れる様になった。

余り満開の桜には関心は示さなかったが、

お花自体は好きみたい・・・。

Imag0678

(珍しい青いバラ・・・)

ただ娘は1日に何度も部屋を散らかす!

Imag06881

「↑」を何度も片付ける私の身になって欲しいが、

我が家では誰も娘には逆らえません。

Imag0695

私は「おでん(↑)」を作ったり、

夜は寝かし付けたり、

そのままで私は、

あの世へ散り逝くのか・・・。

別に、

一花咲かせようとか、

意識はしてないが、

娘には、

華のある女性に育って欲しいものである。

嫁は自分では、

華が有ると、

思っているのか、

この写真「↓」がお気に入り・・・。

__1_22

私的には、

色々と小細工して、

飾り付けた花は本当の華が有るとは思ってない。

自然の中から、

都会の片隅に咲く桜・・・・。

私も、

いつか命を散らす時が来る。

その時の覚悟は常に持っていたい。

私が私として、

咲いたか、咲いてないか、如何は分からないが、

まあ、見事、散りま~しょ、

「国のため~」

じゃなくて、

「娘と、

ブラックエンペラーのためな~ら~♪」

で御座います!!!

| | コメント (6)

2012年4月 3日 (火)

顔が艶やかになる演劇!

Imag06861_2


4月1日、”暗黒の宝塚”とも言われる月蝕歌劇団の演劇にご招待して頂いた。

この日は千秋楽、お昼からのお芝居しかしない、という事で、

麻布から阿佐ヶ谷まで行った。

随分と早くから開演前には劇場に着いたのだが、もう既に行列がズラリと出来ており、

忙しそうに整列の案内とかしてるスタッフの方に、

「招待で・・・」と告げて私も行列に、と思ったのだが、

とりあえず近くのケーキショップで、

デザートプリンを幾つか購入し、

「これ、女優の方に・・・」

とスタッフの方に渡して、

ほぼ行列はせずに、

劇場内に入った。

まあ、兎に角、お客様で満杯状態。

私は劇場内の一番奥の隅に、

チョコリと座ってた。

さて、さて、開演になると、

劇場内は真っ暗になったり、

急に明るくなったり、

ピカッ!と光が輝いたり、

そうした中を女優さんたちが、

歌って、踊っての演劇をしていた。

以前にも、

この「怪盗ルパン」は観たが、

今回のは、

更に女優さんたちの技術が向上している点が感じられた。

女優さんの変更もあるが、

何しろ、皆、良い物を観て頂こうと、

相当にレッスンを重ねた事だろう。

私は以前にブログ内に、

「宝塚系が好き・・・」

と書いたが、

それは女が女を磨く世界で生きてる女性だからである。

だが、月蝕歌劇団は、

高取英さんが、

「麻薬の様な演劇を・・・」

と仰っていた様に、

怪しげな魅力を発し、

観客を妙な虜にする演劇・・・。

段々と何度か観て行くにつれて、

私も何だか虜にされていく・・・。

公演終了後には、

女優さんと写メを撮った。

Imag0684_2

あとは高取英さんと共に劇団員の方たちで・・・。

Imag0685_2

公演終了後、高取英さんと喫茶店でコーヒー、

和風料理の店で天ぷらソバをご馳走になった。

それでも、

途中で高取英さんは、

劇場に戻ったり、お店に戻ったり、

と・・・・。

流石に大阪から上京し、

出版関係の仕事をしながら何十年も演劇を続けてきた人である。

やはり自らがサクサクと動かないと気が済まない様であった。

「それでは大変ではないですか?」

と訊ねたら、

「最初、劇団始めた頃はね」

という様な言葉が軽く返ってきた。

もう長い事続けて、

少しは楽になったのか、

そう私は思っていない。

大変なのを大変だと感じさせない様な心の余裕ではないかと・・・。

実際、女優さんたちを上手く使う事は簡単な事ではない。

しかも若い女の子ばかり・・・。

では、あるが、

1人だけお若くない女性が、

それは昨年、お亡くなりになった故・団鬼六さんの奥さん・・・。

公演開始の時に、

歌を披露し、お話をされていた。

やはり、私的には、

「流石に・・・」

というしかないが、

高取英さんとお食事も済んで私が帰宅すると、

嫁の一言が、

「あらっ、アンタ、顔が艶やかになって・・・!」

と・・・。

私としたら若い女性軍に、

と思ったら、

如何やら違う様である。

何故だかは分からないが、

月蝕歌劇団の演劇を観て、

艶やかになったみたい・・・。

素敵な魅了させる人たちと、

長年の苦労を苦労と思わず、

続けて行く事の大切さ・・・。

ただ表側だけ演劇を観るのではなく、

如何に完成度の高い物を作り上げていくか、作り上げられたのか?

という点を奥深く考えながら、

私は観ていた・・・・。

もっと私も艶やかな男に成りたい。

それには努力に努力を重ねていくしかない。

まだ物書きの世界では、

ひよっ子である。

だからと言って、

ピヨピヨと鳴いてる場合でもない。

男は如何なる世界でも、

異色な風体とか、

生き方の中から、

独自の匂いを漂わす・・・。

私も私として、

作り物ではなく、

自分の匂い、艶やかさ・・・。

52才に成っても、

加齢臭は何だか漂ってはいない様で、

何処に行っても、

「若いね・・・」

と言われるが、

体力的には段々と老いてはいる。

男としての、

オーラというのは、

何だか私には備わっていると、

ウチの嫁の言葉を信じ、

決して自身の欲に負けず、

自惚れも過信もしないで、

私ながらの、

志、思いを大切に生きて行こう、

と、

そう心を新たにさせて頂けた演劇であった!!!

(男ってオーラが無いとダメなんだって・・・、私的には意識してないけど・・・)

(で、4月1日はエイプリルフール・・・。嘘を付いても許される日・・・)

(ゆえにウチの嫁も嘘を付いたのか?)

(まあ、イカンガーニセモノ岩崎総長も、この日だけは、本物の総長だと言っていたのか?)

(ただ、もう2日である。嘘は付くな、インチキ商店街の歴代総長!)


| | コメント (7)

2012年4月 1日 (日)

「月刊実話時代(5月号)」の連載では!

Imag0669

現在発売中ですが、今回の「懲役ジローの全国セイハ」では、

「脱・ポン中宣言」・・・・。

Imag0670

そう私は43才で、

「もう真面目にヤクザしよう、人から『ポン中』と言われない様にシャブも食わない!」

と自身の心に決意した事があった・・・。

過去にも何度も何度も同じ決意をしたが、

やはり密売とかしてると・・・・つい、つい。

でも、この時は6回目の服役を終えて、

事務所で謹慎・・・・。

謹慎解除になって、

一度は食ってしまったが、

そう誓ったのである。

義理場へも自ら進んで参加して真面目に・・・という話の内容ですが、

後に、また食ってしまって・・・・。

その後の話は次号へと続きます。

もう今はヤクザも密売も止めた。

酒も殆んど飲まないし、

楽しみは食事・・・。

__4_6

(麻布十番で一番美味いと評判の店。大久保のオンド●という韓国料理屋よりも!)

ママさんは娘を可愛がってくれるし、

店長さん店員さんもウチの嫁と打ち解けて、

常連さんみたいになっている。

常連さんと言えば、

政治家さんや芸能人が多く、

流石、麻布十番とは思うが、

やはり私的には新宿の方がお似合いかな、と・・・。

とりあえず私なども、

色々と顔も知られてはいるので、

もう2度とシャブなど売ったり、買ったり、食ったりは出来ない。

本当の本当に、

脱ポン中宣言し、

覚醒剤撲滅運動家してるし・・・。

Imag0671

寿司とか食ったり、

__2_15

娘の頬っぺたを食う事の方が好きです。

娘は、私がゴロリと横に成ろうとすれば、

髪の毛を引っ張って、

「寝るな、一緒に遊んで~♪」

と・・・。

Imag0673

そして、娘は部屋中を散らかして、

デーンと腰掛けて、

と思ったら、

Imag0674

娘がゴロリと寝てしまい、

Imag0676

私は毛布を掛けて上げる。

それで、

さて、何か本でも読むか、物を書くかと、

パソコンを出したりしてると、

娘は起き出して、

Imag0677

キャッ、キャ~♪

と笑って、

遊びを要求してくる。

まあ、こうした娘を見てたら、

もう絶対にシャブなどで懲役に行ける訳がない。

で、何だか実話ドキュメントさんは、

やや内容の方向性を変えたみたいだが、

あくまでも実話時代さんは、

本格的ヤクザ専門誌という姿勢を貫いている。

もう他の雑誌でも、

なかなかヤクザを取り上げなくなってきたのに、

これもまた雑誌を作り上げる上での信念というやつであろう。

私は、

そこに書かせて頂いている。

中野ジローとして誇りを持つが、

決して自惚れてはいけない。

美味しい料理を食べられる様、

娘に良いパパと成れる様に、

更に頑張ります!!!

| | コメント (12)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »