« 娘のイヤイヤ期・・・! | トップページ | 「月刊実話時代(5月号)」の連載では! »

2012年3月30日 (金)

好まれる人憎まれる人

両方共に世の中には存在する。

私は自分の忠実に動く人より、

私に意見を述べたり、意見を投げつける人を好む。

それは私の成長に繋がる事だから・・・。

私自身、誰に対しても物事をハッキリと言う様にしている。

そうした私を憎む、または苦手な人も少なくない。

特にお偉い立場、年長の人、学歴の高い人に、

私如きが言えば心の中では

余り良く思われない事であろう。

まだ生意気盛りの若者なら、

許されても、52才のジジイのクセに若者ぶってるし・・・。

中卒のクセに能書きばかり一人前の様に足れてるし・・・。

それでも「憎まれない性格ね」と言われる事がある。

私自身は誰に対しても、

物事をハッキリと言う様にしている。

それで後に、

「あんな事言わなければ良かったかな?」

と思う事も多い。

只でさえ、私は元ヤクザ・・・。

一般の人からは怖がれたり、憎まれるのは当然かも知れない。

黙ってれば黙ってるほど、

「こいつ何か企んでるのかな?」

と思われるので、

自然体で接する事にしている。

自分で厄介で面倒な奴だという事も知っているが、

それは私以上に厄介で面倒な人と接しているから、

尚更でもあろう。

世の中の全ての人に好まれたいとも思っていない。

要領が悪くて物事を割り切って考えられなくて、

「それではダメだよ。でも、それだからジローなんだ・・・」

と言って好んでくれる人もいる。

多弁過ぎるとも言われるが、

なかなかと治らない。

言いたい事が有り過ぎる。

それでついつい余計な事を口走ってしまう。

だが、私は美人ちゃんやカッコイイ人の前では何も言えなくなる。

そうした理想は高い。

美人ちゃんなら宝塚系かな?

カッコイイと言えば、

矢沢永吉さんと高倉健さんかな?

まあ、アメリカ人さんとかは別にして・・・。

ただ今まで深く接してきた人は、

たぶん人並み以上に多い。

刑務所の中では殆んど雑居だったし・・・。

「何だ、悪党ばかりじゃないか!」

とも思うだろうけど、

これがまた意外と、

大手の会社の役員で横領した人や、

高学歴で大学の教授をしてた人もいた。

創価学会してた頃は、

毎日の如く大学の先生や、

証券会社、お役所の偉い人などと長い時間話し合っていた。

人は何かを成し遂げようと努力してる姿勢が大切だと思う。

こうしてブログを書くにも、

「あの野郎、ただ暇なだけだろ!」

と思う人もいるだろうが、

確かに最近は育児を中心で、

余り物を書く仕事はない。

だが、なるべく何かを書かなければならない。

文句やゴタクも並べる。

雑誌に書けない事も書く。

それで私が如何なる人物かと思う人もいるだろう。

はい、最終的なシメとして、

私は特別な変わり者である!!!

味付けはお好みに~♪

で、今日は好まれてるけど怖そうな方とお食事に・・・・!

|

« 娘のイヤイヤ期・・・! | トップページ | 「月刊実話時代(5月号)」の連載では! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お世話になります。

僕もよく憎まれます。

投稿: 山口祐二郎 | 2012年3月30日 (金) 12時06分

お世話致しません。もっと堂々と憎まれなさい!

投稿: 中野ジロー | 2012年3月30日 (金) 17時52分

で、極悪時代は相当に怖かった人でしょうが、今はとても穏やかでした。そういう人ほど本気で怒らすと恐い事でしょう。とても美味しい和風料理でした。流石なる極悪。まぁ私はともかくとしてエンペラーにも、流石なる人間は多々居ますので!

投稿: 中野ジロー | 2012年3月30日 (金) 20時28分

人に好まれるには人を嫌いにならない、事、私は岩崎とカァタンだけは兎に角、嫌い!

投稿: 中野ジロー | 2012年3月31日 (土) 00時26分

ジローさん
育児の本でも書けば良いでしょう~
「元・極道の育児日記」
「ブラック・エンペラー式育児法」(笑)
駄目かな~~

投稿: X | 2012年3月31日 (土) 04時29分

仕事してないのに収入はあるんですか?
生活保護ですか?ヒモですか?
質問ばかりですみませんどうみても中野さんは
乞食にしか見えない物で

投稿: | 2012年3月31日 (土) 08時22分

書いた物を本にする、そうそう簡単な事ではありません。私は幾らでも書くネタはありますが、余程の売れ行きの見込める人でなければ出版社の方からお声も掛かりません。自費出版が更に増えてる時代でもあります。
特に私の場合、まず10万字程度書いてみなさい、と言われます。それでも出版出来ない事の方が多いです。私の実父でさえ生前に書き終えた物を、何処かの出版社で出せないか? と聞いてきたくらいです。
それでも私は色々な物を書きたい。だが、育児しながら長文を書けない。一冊の本になるまで仕上げるのにコピーライターを使う方は何人も居ますが私は私で書かなければなりませんから・・・。まあ、後には、色々な物を書きたいですが、取材記事さえ中々と厳しい状況です。ライターの数だけでも相当数居ますから。雑誌に連載を貰えるのも、そう簡単な事ではありません。
だが、こうして私が生きる日々は私の生きた記録でもあります。いつか何かの書物として残しもしたいものですが・・・。

投稿: 中野ジロー | 2012年3月31日 (土) 08時34分

キチンと普通に暮らしてますが? それほど人の懐具合が気になるんですか? とりあえず所沢と麻布に住んでいますが、それでも乞食とか如何とかお好きに思えば? ヒモ? ヒモという言葉を理解してますか?

投稿: 中野ジロー | 2012年3月31日 (土) 08時41分

中野さんは収入ないなら生活保護ですよね?
麻布は奥様が家賃払ってるんですよね
育児も大変でしょうが男なら汗水垂らして労働したらどうですかどうせ芽が出ないくだらない本書くより職についたほうが良いと思います

投稿: 吉永毅 | 2012年3月31日 (土) 13時39分

私の収入や家賃がどうたら貴殿に関係ありますか?キチンと確定申告してますが、何か?私の本がくだらないと思えば読まなければいい。少なくとも刑務所ぐらしは増刷になりました。刑務所の奇人変人も良い評価を頂いてます。裏社会噂の真相は発売日から一日に百冊以上売れました。歌舞伎町チンピラのココロエも、かつて例の無いヤクザの話です。漫画ナックルズで手掛けた取材記事も通常では書けないもので読者さんから好評のようです。実話時代の連載は大好評です。貴殿は育児と仕事を両立して嫁さんに幸せと言って貰えた事がありますか?

投稿: 中野ジロー | 2012年3月31日 (土) 17時17分

何時も楽しく拝見させて頂いてます。
ふと思ったんですが、ブラックエンペラーのネーミングとデザインはやはり創立者の方々が考えたんですかね?今更ながらに芸術的だと思うんですが、素晴らしいセンスですよね。

投稿: 40半ば | 2012年3月31日 (土) 19時59分

変な人が乱入してますね。
何が楽しいのでしょうかね?

子供の来るところではありませんよ。

相手してもらいたいのかバカなのか笑

情けない文言です。


投稿: タロー | 2012年3月31日 (土) 21時23分

中野様 ちょいと失礼します。

書いた人に言いたい。個人的な生活基盤のウンヌンを
面白おかしく書き込んで何になる?アドレス掲載されないから、おちょくってんか?熱くなって語る訳じゃないけど
生活保護、乞食、ヒモなんてどこの誰が書き込んだかわからないから書いたんだろ?情けないと思わないか?いつもこんな事してるのか?小心者だな。人の事をしのごのヌカス前に己を振り還れよ。楽しく読んでいるのにえらく気分が悪い!最近、いい歳した人間も小僧もこそこそしているのが多い。ネット社会の産物だろうな。二度と書き込みをするなよな。人の悪口を書き込みしたいなら、自分だけのノートのでも思い切り書け。中野さんのブログを楽しみ
にして読んでる方々も不愉快に感じられていると思う。

中野さん、失礼致しました。

投稿: 卍質問者卍 | 2012年4月 1日 (日) 00時33分

ジローさんはちゃんと応える人なんだなと笑。
もう三十過ぎたらそういう言葉は
何も感じない。
感情がないわけではないけど。

発して楽しいのか喜ばしいのか??
何の妬みだろか?

某掲示板で内職してる人かな??
1スレ埋めて100円とか?
あぁ むなしいなぁ。
哀れだなぁ。

まぁジローさんは結局相手してあげるんだわね。はぁ。


投稿: タロー | 2012年4月 1日 (日) 01時05分

タロー様
変な人というか、私に対する嫌がらせでもしてるつもりですかね。他にブログを読まれてる方が如何に思うか考えない。ちゃんと答えないと、ホラ、返答に困ってるぜ、スルーしやがってよ、という人なのでしょう。
女にモテない? 麻布に住めない? 本とか出せない? そんな妬みではないですか? 掲示板やら2チャンに書いてる人たちではないですか? mixiをログイン出来ないようにしたり、そうして喜ぶような連中でしょうね、

卍質問者卍

確かに、そんな人間が増えました。私は自身のブログにインチキ総長とマッドマックスの編集長に対しての事、それは堂々とトークイベントでも話しています。
こうした人らは本当の友情というものが分からない。心が寂しくて、お金しか信じてない。そう私は思っています。

投稿: 中野ジロー | 2012年4月 1日 (日) 07時29分

2チャンばかり書いてる男って、女は好むのか? 私の嫁は好まないですが・・・? 

投稿: 中野ジロー | 2012年4月 1日 (日) 07時54分

2ちゃんやステマなどで仕事してる人って?
毎日引き込もって内職ですかな?(笑

どうやら女と生活保護と在日に過剰反応してようですね。
この手の人たちは?

妬みが生きがい。変なプライド持ち。

個人攻撃はお辞めなさい
ベーシックインカムとか推奨すればですよ?
社会が変わらないとダメかもですね。日本は。

投稿: タロー | 2012年4月 1日 (日) 09時15分

ヤフー掲示板とか2ちゃんは
ヤクザといっしょで必要悪なのでしょうかね。(笑

今、2ちゃん潰しがニュースになってますね。
ひろゆき氏もホリエモンの二の舞になるのでしょうか?

出版社、電通、マスメディア等の権力構造も問題なわけで、
どの業界も新陳代謝が全く進みませんね。

個人の努力という言葉はもはや洗脳です。
社会的構造の問題を隠す為の。

私はジローさんを物書きとしても認めております。
実力者は公平に評価されてほしいてす。


投稿: タロー | 2012年4月 1日 (日) 10時01分

世にプロの物書きは多々おれども、中野ジローさんにしか書けない、また取材出来ない分野は確かに存在してますよね。

時節柄、と言いますか電波媒体どころか、紙媒体まで、エロは昔に比べ遥かに緩くなりましたが、ヤクザ絡みは、規制に次ぐ規制の嵐ですよね。

どんなジャンルにせよ、法に触れなければ書き手の「知らせる自由」と受けての「知る権利」これは守られなければならないと思います。

原発事故問題などは勿論ですが、サブカルチャーのアンダーグラウンドの世界の記事についても規制されて来ますと、もはや日本は先進国なのかと疑問に思います。

ジローさんの父上様の関連の本を、先日たまたま購読させて頂きましたが、下らない権威や、でたらめに対する、硬骨漢振りに、確かなDNAの存在を実感した次第です。

投稿: 板橋 | 2012年4月 1日 (日) 20時03分

有難う御座います。
ヤクザも何もかも、お国が如何に必要な悪とさせるかでしょうね。
如何なる様に、となれば長文になってしまいます。
そうした本も書いてみたいです。
ホリエモンさんとか直接お会いした事がないので二の舞になるか判りませんが、潰されるものは潰される、二の舞になるものはなる、権力構造は確かに矛盾で問題だらけです。

どの業界も新陳代謝は進んでいないと思います。如何に、という事も、たぶん分かってない事でしょう、まだ・・・。
努力というのも報われて始めて努力・・・。
しかし、報われなくても努力した方が良い、まだまだ私には努力が足りない、何クソー!という気持ちではいますが・・・!
如何なる業界も洗脳ではありますが、それを如何に捉えるか、捉える能力の欠如・・・。欠如させるための洗脳が多いと感じます。多々問題を隠す為の、に対して誰も腰を上げてないのでは? 上げさせない様にさせてる?
私は未熟な物書きですが、人に伝わる、伝えたい、伝えられる物書きになりたい。
この世の実力者も同じく、世の中は不公平が常でも挫けてはいけない、挫けさせてはいけない。
私という物書きを如何に生かして貰えるか、生かされる存在となれるか、そのために現在の育児も私には育児本を書くというのではなく、私自身を育ててる事と同じだと捉えています。
あとは如何に私が行動として世間に示して行くか、それなりに私は考えていますが、まだ時を待つ、という感じでしょうか・・・。
マスコミ規制の嵐、それが如何なる結果に繋がって行くか、今年は少しずつ見えてくるのでは? 
まあ、如何に不況となれどエロは強し。知る権利の声が如何にお国へと聞こえるか、これがまた聞く耳がないのか、聞きたくないのか、聞いては貰えない、というのが本音かな?
日本は何処へ行くのか、決して先に進む国ではないでしょうね。
私の実父は、そうした事に対して本当に「描く」という事で勝負をしたと思います。又、時代も勝負させてくれた。家庭を犠牲にしてまでも・・・。
ただ本当は気の小さい実父でしたね。たぶん本当の実父の思いを知る者は私しかいない事でしょう。その思いを私が代わりに、という思いは強いです。
実話が実話たる実話となるには? 私的には如何なるジャンルの物も、私が見た、経験した中で書ける、と信じ、書きたい、書かせて頂きたい。自惚れず、過信せず・・・。私は私の道を往く。実父の信条は「歩いた後が道となる」でしたから!

投稿: 中野ジロー | 2012年4月 2日 (月) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 娘のイヤイヤ期・・・! | トップページ | 「月刊実話時代(5月号)」の連載では! »