« 故 真樹日佐夫偲ぶ会と、内藤陳お別れ会 | トップページ | ブラックエンペラー事件簿 »

2012年2月 7日 (火)

ウチの娘は・・・(汗)

本当に困ったちゃんである。

食事を作れば、バラ撒く、オモチャは散らかす、

直ぐにオムツ姿で、キャッキャと喜んで暴れては、

急に、ワァァァー! と泣き出す・・・!

Imag0557

これは2才時の症状で、

3才に成れば、

治ると言うが、

未だ1年も続くのだろうか?

まったく今年の1年間は思いやられるものだ。

昨日、私は歯医者で虫歯を1本抜いて、

後は、とりあえず1回治療に通うだけとなった。

色々と原稿もパソコンで打って書かなければならないが、

娘の前でパソコンを使うと壊される。

埼玉の我が家や打ち合わせにも、

娘を連れて行かないと、

寂しがって泣く・・・。

打ち合わせの店でも、

泣いたり、他のテーブルに乗ったり・・・。

嫁も嫁で同じ様な思いでいる。

言う事聞かずの甘ったれでイタズラっ子・・・。

まったく私と同じである。

ただ私は両親に甘えた思いがない。

どちらかと言えば、

両親の甘えた愚痴を聞いてた事の方が多かった。

実母の生い立ちで苦労した事、

実父が漫画のアイデアが浮かばないで代わりにアイデア出したり・・・。

私が甘えたのは幼馴染の友人や、

ブラックエンペラーの仲間たち・・・。

中学卒業後は、

親元を出てアパートを借りても、

不良少年の堪り場と化し、

半年ほどで大家さんから追い出された。

それで後輩や先輩の家に転がり込んだり、

補導されても迎えに来るのは、

後輩の親だった事が多く、

中野ではススムの実家。

下北沢ではカナの実家。

永福町ではヒロマサの実家。

他にも集会が終わると、

「ジロー、ウチへ来いよ!」

そう言ってくれたアイカワさん・・・。

そうそう下北沢では、

ハルナリの実家でも・・・。

私ほど都内のエンペラーで皆にお世話になったヤツはいない。

もう皆も、子供を持つ身に成っているが、

2才というのは私だけであろうか?

普通なら孫でも可笑しくない年齢の私であり、

嫁も娘みたいなものである。

私にとって嫁など、

如何でもいいが、

娘というのは大変なものだ。

可愛い子が、こんな臭いウンチするのか?

まあ、すぐ裸で暴れるのは嫁に似たのだろうが、

イタズラ好きは私である事は間違いない。

それでも女の子が、とは思わなかった。

将来、絶対にレディースとか、

極妻などに成って欲しくはない。

「子を持つと親の気持ちが分かる」

というが、

私の両親は如何に思っていたのか?

「単車に乗ると危ないから止めて!」

と言いながらも、

多摩署に行く際に、

私のGS400の後部座席で、

「いやあ、気分好いわぁ~♪」

と横乗りで言ってた実母・・・。

埼玉の小川町に実父が住んでた時、

私が訪ねて行くと、

「ウチには署長から政治家まで来るから家の奥に居て、外出もしないでkれ!」

と言いながらも、

酔っ払ってる実父に呼ばれて店へ行くと、

店内には地元のヤクザが数人居て、

「ボクの息子は任侠の世界に憧れて・・・」

とか言ってて、

家まで私のヤマハGT50に乗せて帰った事もある。

その時は、

「スピード出すな~」

と怖がりだった実父・・・。

しかも2人乗りしてはいけない原付・・・。

私の両親も変っていたから、

私も変った人間に育ったのか?

「ウチの娘だけは・・・」

と願うばかりであるが、

おそらく無理な事だろう。

で、どないなるの、

ウチの娘は!!!

誰か早いとこ貴族とかご立派な家の子と婚約させなくては!

と思うが、無理か・・・(汗)

あ~あ、と溜め息が出る私でした!!!



|

« 故 真樹日佐夫偲ぶ会と、内藤陳お別れ会 | トップページ | ブラックエンペラー事件簿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ジローちゃん、奥様とお子様と一緒に住んだら、
お子様を作ったのはジローちゃんにも責任があるんだから、住むのは一番良いよ。
文章を書くのに大変だったら、
近所に部屋を借りたら良いよ。
埼玉と港区だと遠いよ。

投稿: 君の同級生 | 2012年2月 7日 (火) 18時29分

未だ埼玉の部屋を引き払う事もあるし、港区は家賃が高い。まぁ何だか東京大地震が来るとか来ないとかで色々と考えてはいるけどね。私は地方が好きだし、嫁は都会が好きだし、どないするかは最終的には嫁が決めるかな?未だ都会には出てくるな、と言っても出てきたし(-_-)

投稿: 中野ジロー | 2012年2月 7日 (火) 23時35分

2歳児特有の“イヤイヤ期”だね
娘さん、淋しんだよ

投稿: X | 2012年2月 8日 (水) 03時55分

どうも、そのような感じです。

嫁も寂しがり屋・・・。

私も寂しがり屋ではあれど、孤独には慣れてますが、そこの調整の仕方ですね。

投稿: 中野ジロー | 2012年2月 8日 (水) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 故 真樹日佐夫偲ぶ会と、内藤陳お別れ会 | トップページ | ブラックエンペラー事件簿 »