« 娘・ノア・・・! | トップページ | 娘・ノアのお誕生日! »

2011年12月15日 (木)

藤さんという名前のヤクザ・・・。

最初は茨城県でヤクザの世界に入って、

後には私と同じ一家に移籍し、

身内と何かあり、

再び前の組織に戻った藤さん・・・。

根っからの博打好きで、

大金を掴んだり、

借金まみれになったり、

破門や復帰とか、

そんな事を繰り返しながら、

親分として・・・。

藤さんは銃刀法などで長期刑を打たれ、

岐阜刑務所と府中刑務所を務めたことも有ったが、

再び・・・。

もう藤さんは二度とシャバの空気を吸えないかも知れない。

私が物書きに成ってからも凄く応援をしてくれた。

府中刑務所では同じ工場で、

作業の席も私の後ろに居て、

親しい間柄だった。

出所後も何かと、

組織は違うのに色々とお世話になっていた。

その後も私は、

徳島、京都刑務所と続けて懲役に行ったが、

京都を出所後に、

偶然、東京駅で藤さんと遭遇・・・。

私が実父の森哲郎を東京駅まで見送りに行った時で、

以後も何かと随分と面倒を見て貰ったものである。

最初に「刑務所ぐらし(道出版)」を発刊した時には何十冊も購入してくれたし、

何度もお食事をご馳走してくれたり・・・。
101101_1903373_2

(「刑務所ぐらし」を出版時、池袋にて・・・)

続いて「刑務所の奇人変人(道出版)」を発刊した際にも、

「これは面白い本だ。絶対に売れるよ」

と言ってくれた。

藤さんは服役中もシャバに居る時も読書が好きで、

数え切れないほどの本を読んでいた。

それで実父の森哲郎の事も知っており、

私にも実父に負けない様な良い物書きに成るよう応援してくれたのだろう。

大阪で金を盗まれて、少しヤケクソ状態に成った時にも、

「そういう世界で漸く道筋が出来たのに、物を書くことだけに集中するように!」

と私を諭してくれたものだった。

以後、娘が生まれた時も、

自分の事の様に喜んでくれたし、

子供服などもプレゼント・・・。

それでも恩着せがましい事を言わず、

私を企業舎弟とかにする事なども考えてなかった・・・。

藤さんの事を悪く言う人も居るが、

とても私には良い人だった。

普通なら誰かを通してでも、

「面会に、手紙を・・」と言ってくるものだが、

私の諸々な事情を察してくれてか、

何も連絡は無いし、

面会に行っても、

涙が出るだけで、

手紙も何て書けば良いのか・・・。

私が少しでも大成し、

子供を大切にすること・・・。

それが何よりの恩返しだと私は思っている。

今のヤクザは、

義理とか人情とかよりも、

自分のお金儲けのことしか考えて居ない人が多い。

知人が困った時も他人事・・・。

そんな世界を藤さんは知り尽くしていたが、

カタギには成れない人だった・・・。

人の好き嫌いが激しくて、

時に非情な一面も有ったが、

本来は人情味に溢れ、

藤さんに金銭面で不義理した奴でも、

頼ってくれば助けて上げたり・・・。

まあ、私も、

その1人では有ったが・・・。

他にも私には応援してくれる人が居ても、

直ぐに懲役に行ってしまう・・・。

しかも、長期刑が多いし・・。

それは不器用な生き方しか出来ないからなのか?

自ら損な道を望んで・・・。

私が娘を持つ身に成るとは、

古くから知る人物は、

想像にも及ばなかった事だと・・・。

まだ何人もの方に、

何も恩返しは出来ない身だけど、

まず私がしなくては成らないのは、

嫁と子供を守って、

家族を大切にする事・・・。

色々な方々の気持ちを忘れず、

物を書き続けていく事・・・。

どんな業界でも、

家族や友人、

お世話に成った人、

思い出を大事にしなければ、

良い方向には進まないものではないのかな?

私の今後の未来は、

如何なる結果に成るか判らないが・・・。

(そうそう私の知人とか、余りパクらないで下さい、警察さん!)

「ジャーナリズムは命がけ」

という言葉も有るから、

私も、

いつ何が起きるか判らない。

殆んどの人は、

「フリー」と言いながらも、

何かしらの団体に加わっていたり、

誰かの支援を受けて、

その関係的な思考で物を捉え、

色々な面で助けられているが、

私は支援者とか、応援者とか、指導者とか居ても、

自分の考えで生き、

仕事を発注してくれる方々の捉え方で、

私と言うものを・・・。

私などは生かすも殺すも他人様が決める事で、

無力な存在・・・。

それでも色々な事を学ぶ姿勢を忘れず、

如何なる方向性を持って、

「自分」というものを持つ事・・・。

先日も同窓会では、

「ジローは、よく格好良い生き方が出来るね」

と言われたが、

そう自分で自惚れるのは、

10年早いと思っている。

まだまだ・・・なのである!

取材にしても、

私は誰しもする訳ではない。

ヤクザの取材にしても、

今まで、

沖縄ヤクザさんの対談、

住吉一家武蔵屋さん、

丁子家会桜庭正敏佐辰五代目さん・・・。

その位しかして居ない。

実は桜庭正敏五代目と藤さんとも、

府中刑務所では同じ工場だった。

しかし、2人は仲が悪くて・・・。

それでも桜庭さんは、

藤さんの逮捕を知ると、

凄く心配していた・・・。

桜庭さんは私が、

ヤクザしてた時は、

オジキ分に当たるが、

「お前だけだったな、服役中に俺の言う事を聞かなかったのは!」

と言われ、

私が、

「オジキ~!」

と呼ぶと、

「やめろよ!」

と嫌がる・・・。

そう本当に同じ様に、

同じ刑務所で、

同じ臭いメシを食った関係は、

看板とかでなくて、

男と男という様な付き合い・・・。

又、そう有らねば成らないのでは?

そりゃあ、私などとは対等な立場ではない人たちばかり・・・。

それでも私の人間性というものを理解してくれるのか?

人間的に包容力があるから、

親分とかお偉い立場に成れたのだろう。

「男という人物の追求」

それは私がライターとして、

常にテーマにしている事・・・。

女性を取材する際にも、

私という男を理解して頂けた方だけ・・・。

それが私には、

大阪西成のフレンドのママ・・・。

まあ、そこらの男以上にママは男勝りではあるが、

人情というのに脆い・・・。

私が大阪へ行くたびにも何かと面倒を見てくれるが、

時には厳しく叱られる事も・・・。

もう何年前に成るかな・・・。

正月、ママは私のために、

お雑煮を作ってくれた事が有った。

私の亡き実母も料理は得意だったが、

あれほど美味しくはなかったかな・・・。

去年は一緒に大晦日の夜に、

住吉大社へお参りに行き、

帰りには娘の衣類とか頂いた。

どうやら今年は、

大阪へ行けるかは判らない。

ママにも長生きして欲しいな・・・。

今、藤さんが、どうしてるのか?

それも先輩に聞けば判るが、

敢えて聞かないで居るのは、

心が辛く成るから・・・。

あと少し、もっと頑張らねばならぬ!

まず娘が将来、

辛い思いをしない様に、

きちんとした男たちとの結束を強め、

幼馴染や獄友たちと体制を固め、

私は私らしさを失わず、

良い正月を迎え、

来年は更なる飛躍の年にしたい!

(藤さん、色々と有難う御座いました)

(色々と教えられた言葉も忘れません)

さて、この不況を乗り越えるためには、

どないしょ・・・?




Imag0259

|

« 娘・ノア・・・! | トップページ | 娘・ノアのお誕生日! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

藤さんて藤友の藤さん。?

鳥海さん亡くなり鳥海さんの息子はシャブで捕まりたしたよね?

こないだ元池田会の会長の運転手と飯食いましたよ

投稿: | 2011年12月15日 (木) 17時53分

たぶん、その藤さんです。

会長の運転手は何人も居たかと・・・。

超厳しい(汗)。

当時、私などガード役にも付けなかった(汗)。

鳥海さん、お付き合い御座いません!

投稿: 中野ジロー | 2011年12月16日 (金) 09時48分

んんん、6年前と現在では、少し大人の顔付きか、

父親の顔に成ったのか・・・?

嫁曰く、

私の良い所は、顔だけ・・・と!

(嘘付き女は多いのでご用心!)

投稿: 中野ジロー | 2011年12月16日 (金) 09時52分

池田烈の親方の側近原田さんやらわしのオジキが兄弟分でした

女は話100倍盛りますからね

ノアちゃん益々可愛くなりましたね

投稿: | 2011年12月16日 (金) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 娘・ノア・・・! | トップページ | 娘・ノアのお誕生日! »