« 爆増する闇カジノ中毒者・・・ | トップページ | 月刊「Tokyo graffiti」に~♪ »

2011年9月28日 (水)

ハリウッドの名優スティーブマックイーン!

私の小さい頃からの憧れだった・・・。

最近、彼の映画を見る毎日であるが、まずは「ブリット」!

裏社会のシンジケートと親しい関係にある上院議員と孤高に戦う刑事の話である。

その刑事役がスティーブマックイーン・・・。110927

上院議員らは彼を潰そうとしたが、映画の中では最後に勝った。

映画の詳細は「ブリット」を見て頂ければ分かることだろう。

ただ彼は金や名誉、地位よりも、自分の信念を貫く道を選んで貫いた。

映画で彼の彼女は、こう訊ねている。

「どうしたの? 何かあったのか教えて・・・」

それに対して彼は、

「これは男の仕事だ」

と答えるだけ・・・。

そうなのである。

男のやることに口を挟むな、ということだ。

仕掛けたワナにハマらないで勝った彼は、

正面切って、上院議員に、こう言った。

「言っておくが、俺はアンタが嫌いだ」

「まるで子供だな。全てが取引なんだ。

奇麗ごとはよすんだな!」

すると彼は、

「今夜だけは勝手な熱を吹くな!」

と言ったら上院議員は、

「妥協も必要」

と答えたが、

「やかましい、消えちまえ!」

と・・・。

たかが警部補が上院議員に向かって・・・。

孤高な戦い・・・。

私は好きである。

そして、彼の名作「ゲッタウェイ」・・・。

これはシンジケートが入獄中の彼を政治的に力を持つ人物を動かし、

出所させて銀行強盗に使った訳だが、

後に裏切られていたことに気づく・・・。

その映画のテーマは、金、暴力、殺人、愛、人情・・・。

で、彼は妻役の女優アリーマックグローと、

上手いこと奪った現金と共にメキシコへ逃亡に成功・・・。

流石に、名監督サムペキンパーの作品である。

途中ではスローモーションでショットガンをブッ放し、

撃ち殺される連中のシーン・・・。

これらの映画の中で、

スティーブマックイーンは、

何度もカーチェイスを繰り返している。

「大脱走」という映画では単車で・・・。

私は少年時代からカーチィスを楽しんできた。

成人を過ぎてからも、

追うか、追われるか、

殺すか、殺されるか、

捕まるか、逃げるか、

の人生で、

現在でも、そう大して変わってない。

ただ悪事で収益を得てはいないだけである。

女?

愛?

私にも嫁や娘はいるが、

男は常に生死を賭けた戦いの場で生きている。

生きなくてはならない。

平和のため、守るべき戦いというものもある。

こんな私が嫌なら、

嫁は勝手にすればいい。

かつて日本の男たちは太平洋戦争でも、

決死の覚悟で戦場へと向かった。

家族や友人、仲間たちとの裏切りも多い中で、

犠牲心を強く胸に抱いていたことだろう。

強制的、

とか、

愛国心、

とか、

日本人の、男の誇り、

とか、

それぞれ色々とあるだろうが・・・。

今の時代は、

そういう男たちが減ったのではないか?

各自の、

こだわり・・・・。

それを持つことも許されないのか?

勿論、私はお仕事を頂いたら、

暴走族ブラックエンペラー以外の、

こだわりは捨てる。

「そんな暴走族とか、どうでもいい!」

と言ったマッドマックスの編集部は、

ブラックエンペラーの先輩たちの写真を再三に亘って忠告したのに、

ワザと無断掲載・・・。

しかも雑誌に載るのを拒んでいる先輩たちの・・・。

総長でもないのに、

ヤクザを背景に総長を名乗ってる連中らが・・・。

私は家族を犠牲にしても、

ブラックエンペラーという暴走族の金看板を、当時の思い出を大事にしたい。

これは金で買えるものではない。

私がヤクザをしていた時なら、

簡単に解決も出来たことだろう。

だが、私はヤクザの頃からヤクザの看板を使うのは嫌いだった。

ゆえにヤクザを辞めた今も、

ヤクザを頼る気はない。

「俺が、私が・・・」

という仲間たちも頼らない。

しかし、必ず決着はつける。

ヤクザを使って私を殺すなら殺せ!

政治力やら何やら使ってマスコミ業界から抹殺するならしてみろ!

まだ娘の子育てに追われて、

なかなか時間の都合は付かないが、

その間、その後に私の嫁や娘に嫌がらせやイタズラでもしたら、

それなりの覚悟を持って頂きたい。

いつまでも逃げ回るマッドマックスの編集長。

せっかく間に入るという人の言葉も無視して・・・。

最終的にはマッドマックスだけでなく、

コアマガジン及び関係者が迷惑することであろう。

そして、私の電話にも出れない偽総長・・・。

それでも日本の男か?

私より年長で、

私よりも腕力には自信があるんじゃないの?

他にも色々と裏切り者を私は容赦しない!

さ~て、10月4日、

新宿ネイキッドロフトで、

私が主催する「中野ジローの秋の宴(悪と善の宴)」では、

色々なことを証拠とか披露したりして暴露でも致しましょう!

何で、何の、どうして?

そういう質問にもお答えするので、

お楽しみに~♪







|

« 爆増する闇カジノ中毒者・・・ | トップページ | 月刊「Tokyo graffiti」に~♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミリオンも本当は中野ジローウザイみたいだよ

投稿: | 2011年9月29日 (木) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 爆増する闇カジノ中毒者・・・ | トップページ | 月刊「Tokyo graffiti」に~♪ »