« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

月刊「Tokyo graffiti」に~♪

Photo 「違う自分になった元ヤンキー系のみなさん」というコーナーに私が掲載されている。

「獄中生活を経験した、歌舞伎町の問題児」が、Photo_2

今は、

「覚醒剤撲滅運動家兼イクメン」の文筆家として・・・。

まあ、今でも歌舞伎町では私を問題児と見ている人はいることだろう。

「散々とシャブ食って、売って、今は撲滅家? チンコロ屋か? ふざけんな!」

とか思っている人もいるのかな?

そんなことは如何でもいい。

私のことを如何に思おうと勝手に思えばいい。

かつて大ポン中の密売人だった私だからこそ、

世間の人々に覚醒剤の危険性を伝えることも出来るだろう。

現在の日本で完全に覚醒剤を撲滅するのは厳しいことだが、

「覚醒剤を止めたくても、止められない!」

という人たちは多い・・・。

たとえ止めても、

「アイツはポン中だった、密売人だった、またやるんじゃねえか?」

「いや、まだやってるぜ!」

と思う人もいれば、

「フラッシュバックに襲われたりしませんか?」

「誘われることもあるでしょ?」

「どうしたら止められますか?」

と訊いてくる人とか、

色々・・・。

人生は色々だから面白いが、

確かに私の人生は色々だった。

この雑誌には17歳の頃と、

現在の私の写真が掲載されている。

私は小学生の頃から、

歌舞伎町で悪さばっかりしてきた。

暴力団組員だった頃も、

組織内では、

問題児扱いされていたようだが、

私としては、

「別に~♪」

という感じであった。

ただ暴力団を離脱後は、

人様以上の真面目さを必要としなければならない。

「行学の二道に励み候べし!」

そう私は常に思っている。

(「暴力団」とはお国が付けた名称で、

私が所属していた組織は、私自身では「ヤクザ=博徒」だと思っている)

生涯、暴走族や暴力団組員時代からの恨みや怨念は拭え切れるものではない。

何処で誰が狙ってるか、

何が起きるか、

巻き込まれるか、

それは分からないものであり、

物書きの同業者間でも潰し合いとか有ったりするし、

覚醒剤やら悪事などに手を出してたら、

足元をすくわれてしまう!

そうした意味でも私は私だけでなく妻子を守らなくてはならない立場である!

(何だかんだ、言っても、女は弱いものよ)

現在、私は娘(1歳9ヶ月)の育児をしている男なので、

どうやら「イクメン」に値するらしい。Photo_3

勿論、妻とも協力し合っての育児だが、

オムツを替えたり、

お食事を作って食べさせたり、

グジャグジャにした部屋を掃除したり、

公園で遊んだり、

泣いてるのをアホして笑わせたり、

とか、

そういう私の実態を見れば、

世間には驚く人も多いかな?

大概の古き私を知ってる人間ならば、

「あのジローが? 大丈夫かよ、本当に育児してるんか?」

とか思ってるかな?

まあ、兎に角、将来、娘には覚醒剤に手を出して欲しくはない(絶対に!)。

そうした私ら夫婦の願いも有って、

妻の妊娠中から始めた「NO MORE ドラッグ」の運動・・・。

前には、新宿、渋谷、麻布でデモを行ったが、

現在は、歌とか作ってライブとかしたり、

色々な相談に応じたりとかしている。

いずれ後にはデモも再開し復活させることを検討中・・・。

先日も、暴力団組員だった頃の私を知る人間から一通の手紙が届いた。

「まさか、あの森治郎さんが、暴力団から離脱して、

中野ジローとして物書きに成ったと知って驚きました・・・云々」

と便箋には書かれてあった。

たぶん誰も私が、

そういう生きる道の方向性に転換するとは想像もしていなかったことであろう。

私は暴力団から離脱しても、

他のことで収入を得る手段は知っている。

だが、敢えて物書きの道を選んだ。

そうそう物書きという仕事も、人様が思うほど稼げるものではない。

ジャーナリストとか、

イベントとか、

バンド活動をしても、

まだまだ未熟者だから同様である。

しかし、私のような人間でも、

「ここまでやれる、やった、やってやる!」

という信念だけは失わずに持ち続けたい。

我が娘に対して「恥ずかしい、男、父親」に成らないように・・・!

そりゃあ、妻とも価値観は違うし、

後には娘も如何に思うかは分からないが、

こんな私にも、

「頑張れよ~!」

と応援してくれる方々もいる。

「男の価値は自分自身で決めるもの!」

と歌手の松山千春さんは言っていたが、

それほど私は優れた才能の持ち主ではない。

(やや謙虚に・・・)

こうしてお仕事を頂き、

取り上げて頂けるだけで感謝である!

この雑誌の同コーナーには、

他に、

「神聖な教会の伝道師・橋本哲哉さん」

「チャリティーイベントを主催するNPO代表兼タレント・すぎはら美里さん」

「節約志向の二児の母・あゆみさん」

という方々が掲載されております。

では、ご関心をお持ちの方は、

お読み下さいませ~!








| | コメント (1)

2011年9月28日 (水)

ハリウッドの名優スティーブマックイーン!

私の小さい頃からの憧れだった・・・。

最近、彼の映画を見る毎日であるが、まずは「ブリット」!

裏社会のシンジケートと親しい関係にある上院議員と孤高に戦う刑事の話である。

その刑事役がスティーブマックイーン・・・。110927

上院議員らは彼を潰そうとしたが、映画の中では最後に勝った。

映画の詳細は「ブリット」を見て頂ければ分かることだろう。

ただ彼は金や名誉、地位よりも、自分の信念を貫く道を選んで貫いた。

映画で彼の彼女は、こう訊ねている。

「どうしたの? 何かあったのか教えて・・・」

それに対して彼は、

「これは男の仕事だ」

と答えるだけ・・・。

そうなのである。

男のやることに口を挟むな、ということだ。

仕掛けたワナにハマらないで勝った彼は、

正面切って、上院議員に、こう言った。

「言っておくが、俺はアンタが嫌いだ」

「まるで子供だな。全てが取引なんだ。

奇麗ごとはよすんだな!」

すると彼は、

「今夜だけは勝手な熱を吹くな!」

と言ったら上院議員は、

「妥協も必要」

と答えたが、

「やかましい、消えちまえ!」

と・・・。

たかが警部補が上院議員に向かって・・・。

孤高な戦い・・・。

私は好きである。

そして、彼の名作「ゲッタウェイ」・・・。

これはシンジケートが入獄中の彼を政治的に力を持つ人物を動かし、

出所させて銀行強盗に使った訳だが、

後に裏切られていたことに気づく・・・。

その映画のテーマは、金、暴力、殺人、愛、人情・・・。

で、彼は妻役の女優アリーマックグローと、

上手いこと奪った現金と共にメキシコへ逃亡に成功・・・。

流石に、名監督サムペキンパーの作品である。

途中ではスローモーションでショットガンをブッ放し、

撃ち殺される連中のシーン・・・。

これらの映画の中で、

スティーブマックイーンは、

何度もカーチェイスを繰り返している。

「大脱走」という映画では単車で・・・。

私は少年時代からカーチィスを楽しんできた。

成人を過ぎてからも、

追うか、追われるか、

殺すか、殺されるか、

捕まるか、逃げるか、

の人生で、

現在でも、そう大して変わってない。

ただ悪事で収益を得てはいないだけである。

女?

愛?

私にも嫁や娘はいるが、

男は常に生死を賭けた戦いの場で生きている。

生きなくてはならない。

平和のため、守るべき戦いというものもある。

こんな私が嫌なら、

嫁は勝手にすればいい。

かつて日本の男たちは太平洋戦争でも、

決死の覚悟で戦場へと向かった。

家族や友人、仲間たちとの裏切りも多い中で、

犠牲心を強く胸に抱いていたことだろう。

強制的、

とか、

愛国心、

とか、

日本人の、男の誇り、

とか、

それぞれ色々とあるだろうが・・・。

今の時代は、

そういう男たちが減ったのではないか?

各自の、

こだわり・・・・。

それを持つことも許されないのか?

勿論、私はお仕事を頂いたら、

暴走族ブラックエンペラー以外の、

こだわりは捨てる。

「そんな暴走族とか、どうでもいい!」

と言ったマッドマックスの編集部は、

ブラックエンペラーの先輩たちの写真を再三に亘って忠告したのに、

ワザと無断掲載・・・。

しかも雑誌に載るのを拒んでいる先輩たちの・・・。

総長でもないのに、

ヤクザを背景に総長を名乗ってる連中らが・・・。

私は家族を犠牲にしても、

ブラックエンペラーという暴走族の金看板を、当時の思い出を大事にしたい。

これは金で買えるものではない。

私がヤクザをしていた時なら、

簡単に解決も出来たことだろう。

だが、私はヤクザの頃からヤクザの看板を使うのは嫌いだった。

ゆえにヤクザを辞めた今も、

ヤクザを頼る気はない。

「俺が、私が・・・」

という仲間たちも頼らない。

しかし、必ず決着はつける。

ヤクザを使って私を殺すなら殺せ!

政治力やら何やら使ってマスコミ業界から抹殺するならしてみろ!

まだ娘の子育てに追われて、

なかなか時間の都合は付かないが、

その間、その後に私の嫁や娘に嫌がらせやイタズラでもしたら、

それなりの覚悟を持って頂きたい。

いつまでも逃げ回るマッドマックスの編集長。

せっかく間に入るという人の言葉も無視して・・・。

最終的にはマッドマックスだけでなく、

コアマガジン及び関係者が迷惑することであろう。

そして、私の電話にも出れない偽総長・・・。

それでも日本の男か?

私より年長で、

私よりも腕力には自信があるんじゃないの?

他にも色々と裏切り者を私は容赦しない!

さ~て、10月4日、

新宿ネイキッドロフトで、

私が主催する「中野ジローの秋の宴(悪と善の宴)」では、

色々なことを証拠とか披露したりして暴露でも致しましょう!

何で、何の、どうして?

そういう質問にもお答えするので、

お楽しみに~♪







| | コメント (1)

2011年9月24日 (土)

爆増する闇カジノ中毒者・・・

『実話漫画ナックルズ・11月号』が発売中である。110923_4

その中に、

「爆増する闇カジノ中毒者、行き着く先は”死”か”懲役”だ!!」110923_5

という私が書いた記事が2ページで掲載。

まあ、かつて私も闇カジノは大好きで、

現在は何も賭け事はしないが、

カジノ合法化賛成派です。

世の中、あれしちゃいかん、これしちゃいかん、

と言っても、

博打、カジノくらいは、

せめて堂々とヤクザのシノギにさせた方がいい。

ゆえにシノギに苦しむヤクザは、

何でもアリの状態で、

一般市民まで苛めるようになる。

まあ、今は一般市民のほうが、

ヤクザより悪どい輩も増えたような感じではあるけれど・・・。

ヤクザの世界でしか生きられない連中もいることを、

日本政府も、警察庁も分かって頂きたい。

警察官の中には

「何々の組長は格好良いですね!」

とかいう者もいるが、

格好悪いと思うヤクザがいるならば、

追放とか、排除とか、

口先ばかりでなく、

きちんと必要悪な存在となるように

教育して頂きたいものです。

裏切りヤクザとか、

何で存在させて置くのか?

そういうヤクザがいるから、

ヤクザ全体の人気度が下がった。

まあ、あまりにも色々と欲張り過ぎた個人主義的なヤクザも悪いし、

「懲役行きたくな~い」

とか、

「死ぬのも嫌だ~」

というヤクザならヤクザを辞めて、

正業に就いたほうがいい。

なかなか暴力団離脱者とかだと、

就職は困難だが、

ヤル気の問題で、

そういう者たちを警察庁とかでも、

本当の意味で、応援とか、支援をして頂きたいものである。

闇カジノ中毒者、パチンコ狂いの警察官が多いの知ってるけど、

所詮、男の人生は、博打みたいなもので、

マトモに生きてても、

どこで何が起きて、

死ぬか、

トバッチリ、

とか、

冤罪で懲役、

とか、

そんなことは、

分からないものだから、

面白く、愉快で、平和な社会に致しましょう!

で、

マッドマックス人気度低下!

ナックルズ人気度上昇!

中野ジロー、不安なファン増加ですが、

今後ともヨロシクお願い致します!!!



| | コメント (2)

六本木マハラジャ~♪

昨日、私は六本木に復活した伝説のディスコ「マハラジャ」へご招待して頂き行ってきた。

まあ、店内では懐かしい音楽が流れており、

しかも、私のテーブルには、

知人の女性格闘家さん、

民族派の美人さん、

セレブなお嬢さん、

化粧品会社の美人さん、

などなど美女軍団ばかりで、

ウハウハ~楽しいな状態~♪

皆で、

ワイワイガヤガヤ~♪

とお喋りしては、110923

カフェ、とか、ブギウギワンダーランド、とか、サニー、

だとか、

色々と私も踊った!

(私が飲んだのは、ジントニック!)

お立ち台の美人な踊り子さんの方はチラ見程度にして、110923_2

なるべく控えめにしていたつもりではあるが、110923_3

やっぱり鼻の下は伸びていたかも知れない。

私とすれば、

いずれは何か企画を立てて、

超盛り上がるイベントを、

マハラジャでも開催させて頂きたいと、

考えてはいるが、

最近でもクラブやディスコでは、

暴力事件とか何やら色々な事件などが起きて、

今後は更に規制とか強まることだろう。

私らの世代は、

ディスコの全盛期に青春時代を過ごしてきた。

当時は、

規制も緩かった・・・、

というか、

規制など関係なかった・・・、

というか、

これ以上は・・・、

というような、

お店側やお客様同士での、

遊び方のルールを知っていた。

ヤクザや、

暴走族や、

愚連隊や、

一般人、

とかも、

トラブルを起こしながら、

それを機会に仲良くなったりしながら、

楽しんでいたのである。

歌舞伎町には歌舞伎町なりの・・・。

渋谷には渋谷なりの・・・。

六本木には六本木なりの・・・。

そして、私には私なりの・・・。

六本木のマハラジャには、

私らの年代から、

若い年齢層の男女が、

遊びに訪れていたが、

そういうルールが守られていた感じだった。

(ヤクザとかはいなかったけど!)

で、

「そういうって?」

と思うような方々は、

是非とも、ご来店してみて下さい!

| | コメント (3)

2011年9月22日 (木)

『中野ジローの「秋の宴(悪と善の宴)」』の告知!

少し変更・・・。

『中野ジローの「秋の宴(悪と善の宴)」』

秋の陽気に合わせて、右翼も、左翼も、元ヤクザも、元警察官も、
 お客様も、 皆で適度に、適当に、裏社会と表の現実を知って(少しは真剣に)、

歌って、踊って、語って、笑って、スケベ丸出しでエロく盛り上がって、
                       超面白く、楽しく、お騒ぎしましょう!

【司会】

・  中野ジロー
(元暴力団組員、元暴走族・関東連合中野ブラックエンペラーのリーダー、作家、ジャーナリスト)

【出演】

・   黒田 憲(無党派左翼低下層社会活動家)

・   古井丸尚也(元暴力団取締対策係警察官)

・   CH:HL(チャンネル:ハル・ロッカー)http://www.myspace.com/channelharu

・   羽月カズヒロ

(元暴力団組員、元暴走族・習志野スペクター総長、元刺青キックボクサー、カメラマン、コーディネーター) 

      http://my.peps.jp/joefamily1

      http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=zenchiba_family1&HOS=ON

・ 中野ジロー連合会バンド(謎に包まれた異色なバンド。今回は黒田憲バージョン)。

・ 緊急時に備えてセキュリティー部隊。

 その他、特別ゲスト参上、エロ系女乱入~予定、歓迎~!

【日時・場所】

  ・10月4日 「新宿ネィキッドロフト」

    東京都新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F

                         TEL 03-3205-1556

http://www.loft-prj.co.jp/naked/schedule/naked.cgi?year=2011&month=7 

【入場】午後6時00分~

【開演】午後7時~ 

【終演】午後10時30分 

         (二次会有り予定ですが場所も未定)

【入場料】 男性¥1,500 女性¥1,000(共に飲食代別)

一部「ゲスト紹介、各ご意見ご感想」 午後7時~午後7時50分。

   (各ゲストさんは自己紹介とか、ご意見やご感想を喋って頂く)

・    司会者の言葉(中野ジロー)

・ 元暴力団組員としては? (羽月カズヒロ)

・ 元暴走族としては?(羽月カズヒロ)

・ パンク、ロッカーとしては?(ハル)

・ 左翼活動家としては?(黒田憲)

・ 元警察官としては? (古井丸尚也)

・ 右翼、民族派とは?(古井丸尚也)

      (雑談など含めて50分で終えて休憩を5分ほど)

一部 「色々な事件とか規制とか(なるべく会場のお客様の声を聞く)」

 午後7時55分~午後8時50分

・ 芸能界薬物汚染 (押尾学さん、酒井法子さん、清水健太郎さんの事件など)

・ 関東連合とは? (海老蔵さん暴行事件とか愚連隊や暴走族、暴力団)

・ 島田紳助さん引退 (芸能界と暴力団の関係とか)

・ ネット規正法、暴力団排除条例 (各業界のクリーン化とか) 

・ 脱原発問題 (デモとか活動のこととか)

 東日本大震災、更に各処で続く地震や台風、自然災害で土砂崩れとかの影響もあって、

 経済不況が高まる中、各地で殺人事件や暴力団抗争など多発し、

 現在、一般市民は不安を抱いてないのか? 

 これからの時代は右翼や左翼が如何なる活動を行い、政治は如何変わったらいいのか?

  暴走族、暴力団は如何なるのか? これから警察は誰を、どの団体を狙って捕まえるのか?

・・・などの話題で語り合いましょう!

               (休憩10分)

三部「ちょいと歌って、踊って、叫んで、盛り上がろう!」午後9時00分~午後9時30分。

・ 中野ジロー連合会バンド(黒田憲バージョン)

  「NO MORE ドラッグ」「歌舞伎町ワルのパラダイス」

                     作詞 中野ジロー 作曲 黒田憲

              (休憩10分)

四部 「規制だとか辛いこと悲しいこと難しいことは考えず、エロ話で一旦は忘れてしまおう!」

     午後9時40分~午後10時15分

・ 誰が、どこの業界人が一番スケベなのか?

・ 男は女に負けてないか?

・ モテる自慢、モテない不満?

・ 女にモテるには、女にベッドの上で勝つには? 

・ それなら服を脱いでエロく皆でスケベ丸出しになろうか? Photo

五部 「格好良い、男前の女殺しの歌声を最後に聴かせましょう!」
110717
    午後10時15分~午後10時30分

 ハル(CH:HL)さんの歌 「蛍の光(ロックバージョン)」他 110719

(関西から福島まで被災作業に行った若者も来てくれます!)

| | コメント (1)

2011年9月21日 (水)

娘よ、妹よ、嫁よ、家庭問題!

「実の母に勧められて覚せい剤、命じられて売春の少女(16)」

だとかいう事件が起きた。

先月、札幌市の少女(16)が、

札幌西署に覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたというような・・・。

少女は、小学6年の頃から実母に命じられて売春を始め、

収入の殆どを実母に渡していたが、

覚せい剤も実母に勧められていたそうで・・・。

そうした事情を道警捜査員は知って、

「あまりに酷い家庭環境!」

と虐待ともいえる生活実態に言葉を失ったと・・・。

少女に猥褻行為をしたとして、

暴力団関係者の男(36)が、

道青少年健全育成条例違反容疑で逮捕され、

札幌市内の自宅アパートにいた少女は、

任意同行を求められて、

後に尿検査で覚せい剤の成分が検出・・・。

少女の供述によると、

実母の再婚相手に注射されたと・・・。

少女は、両親が幼い頃に離婚し、実母と生活しており、

兄弟も何人かいたが、

実の父親が誰なのか説明できないほど家庭は複雑だったと・・・。

過去、実母も覚せい剤の乱用者で逮捕されており、

少女にも、使用を勧めたとか・・・。

少女自身でも、出会い系サイトで売春相手を探し、

それで得た報酬の約1万円は実母に渡していたと・・・。

実母から「覚せい剤が欲しいので、やってきて!」と命令されることもあったと・・・。

その実母が覚せい剤の使用で逮捕された時は、

少女も児童相談所に保護されていたが、

実母が出所すると再び同居して、

殆ど中学校には通わずに暴力団関係者との繋がりの中で生活を続けたと・・・。

中学1年生から2度の中絶を経験し、

肩や胸には母親と再婚相手に入れられたタトゥーが・・・・。

こうした生活実態は、取り調べの中で判明したというが、

もっと早めに何かしらの対処の方法は必ずあった筈だ!

周囲の人とか色々と・・・。

警察官のほうでも、既に事情を何かしら知っていたのでは・・・?

実母も、実母だが、

他の暴力団関係者も、

他の色々な少女、少年、大人たちも、

この様な事件を如何に捉えて考えるか!

かつて私も覚せい剤の密売人だった・・・。

暴力団組員でもあった・・・。

家庭も複雑だった・・・。

東北大震災や色々な規制やらで、

経済的に苦しい人たちも更に増えている。

そうした中で私ら家族は何とか幸せに暮らしており、

色々な方々の相談にも、

愛心会の会長として、

それなりに応じているが、

まあ、くだらんことを、

ネットに書いたりするような男もいたりで、

こうした事件とか、

世の中が如何なる方向へ向かっているか、

それに対して自分が何を出来るか、何をしなくてはならないのか?

よ~く、男たちは考えなさい!

現在、強烈な台風が日本を襲っている。

今後の日本は如何なることになるのか?

私の出生前には、

東海地方を伊勢湾台風というのが襲った。

当時、両親が住む名古屋も、木曽川や海岸の堤防決壊で、

5千名以上の死者とか行方不明者を出したとのこと・・・。

実母は妊娠中で、私がお腹の中にいるのに、

家屋が破壊寸前になると、

外へ飛び出して、

泥水で沈んだ町の中を泳いで避難したと・・・。

それが原因で2ヶ月早く私は生まれてしまい、

未熟児で、病弱で、医者さえ、

「お母さん、この子は育ちません!」

と言ったそうだが、

負けず嫌いな気性の母は諦めず、意地になって必死で育てたのである。

(また「そんとき死んでろ!」とか書いたり思ったりするヤツもいるかな?)

(私もお陰で元気に育ち、小学生時分には新聞配達とかで小遣いを稼いだりしていた)

(別に両親は離婚とか再婚とか繰り返していたが、家庭は経済的には苦しくはなかった)

(ただ男たちで少年時から悪事で稼いではいたが、新宿2丁目で売春とかはしていません)

(暴力団組員時にも女を売春させて収入は得てません)

そして、こんな私にも腹違いの妹がいる。

子供の頃に、1、2回しか会ってないが、

私の存在は知っていることだろう。、

私は、妹が「現在、何して」とか、まったく知らない・・・。

そりゃあ、とても会いたいものだが、

やはり妹も家庭を持っていたりで、、

色々な事情もあることだろうと・・・。

そりゃあ、遊び人の父親だったから、

妹も辛いこととか多かったのかな・・・?

ただ現在は妹も幸せに暮らしていることを心から願う次第である!


私らは、まだまだ乗り越えなくてはならない壁というのもあるが、

今のところは妻子と幸せにしている。

決して娘に将来、

覚せい剤など勧めたり、

売春などさせない!

もし私が死んでも、

そんなことを勧めたり、命じたり、

というヤツが娘の側に近寄ったら、

必ず化けて出て地獄へ落とす!

男は女を守り、良い方向に育て・・・で、

私も生きてる限りは、

母と同じく意地で、

「悪い女に育つに決まってる!」

と娘のことを言うヤツ、思うヤツらが、

「こりゃまた、美人で、賢く利巧で、お行儀も、素行も良くて、優しくて、良い女に!」

と驚くように必死で育てて見せよう。

まあ、私の場合は、

嫁さんが教育ママで、早くも英語とか教えてるし、

向こうのご両親共々に

商売上手でもあるから大丈夫だと思うが、

後は私自身の収入を如何に増やすことであるけれど、

(まあ、それなりに稼いではいるが・・・)

元々が生まれた時に私は「死ぬ」と言われたくらいなので、

死んだ気になれば何事も果たせないことはなかろう、かと・・・。

そう思って生きてきたし・・・!

ただ私自身は特に大金持ちには成ろうとも思ってはいない。

それなりに・・・を維持し、少しばかり上昇すればと頑張るのみである!

(娘に大金を残したいが、親の財産で、とかも大事だが、他にも色々とある)

まあ、中野ジロー、如何に生きるかってことよ!!!

(勝手に笑わば笑え、娘や妹に恥じない「男」に成りたいものである!)

「鼻クソほじくる癖だけは恥ずかしいから止めて、せっかくの男前が台無しよ(嫁談)」

(んんん、小指が無いからな・・・。男前になろうとか、別に思ったこと無いし・・・)

(これからは隠れて鼻クソほじくるか?・・・というか、これ書きながら、ほじくってるし・・・)

まあ、皆さん、台風に、お気を付けて下さい!

あと子供とかだけでなく、

覚せい剤は手を出してたら、いつか必ず逮捕される時が来ますよ!

少女売春とか親もさせないように!

(そりゃあ、男ならやりたい気持ちも分かるが、ウチの娘には絶対に手を出すな!)

児童虐待、猥褻行為反対~!




| | コメント (1)

2011年9月20日 (火)

美味しく頂きました!

110918_先日は六本木の「FRIDAYS」でステーキ食べたし、110918 麻布でも高級料理店の「海鮮丼」とか、「鶏のカリカリ何とか焼き揚げ」とか・・・。Photo

Photo_2 週に一度は”都内随一”と言われるような韓国料理店にも通っているが、

一番大切なのは歯の治療に通うこと・・・。

今では少し痛みも治まってはいる。

だが、もう1本の歯を来週には抜く予定だ。

そしたら数日間は肉とか食えないかも知れない。

全部の治療が済むまでには、あと3本ほど抜くみたいで、

想像しただけでも恐ろしいことである。

完全に歯を治さなければ、

美味い物も味わえないし、

ステーキなども噛み難いだけでなく、

人様の前に出ても、

格好が良いものではないようで、

色々と喋っても、

上手く言葉がご先方様には伝わらないようだ。

ゆえに痛くて面倒臭くても、

歯医者へ通って、

辛抱しなければ!

そういうことを考えていたら、

思い出したのは、

「五訓の心得」である。

それを私は刑務所の中で教えられた。

・「はい」という素直な心

・「すいません」という反省の心

・「お陰さま」という謙譲の心

・「させて頂きます(私がします)」という奉仕の心

・「有難う御座います」という感謝の心

これが府中刑務所では新入工場で覚えられないと、

他所の工場に配役させて貰えなかった。

勿論、私は一発で覚えられたし、

その「心得」を今でも忘れてはいないが、

麻布や六本木で食事代を払ったかは忘れた!!!

(私の著作「歌舞伎町チンピラのココロエ(第三書館)」は好評発売中!)


(チンピラ時代の心得は忘れたか、如何かは、定かではない!)

| | コメント (1)

2011年9月17日 (土)

覚せい剤の事件!

九州厚生局麻薬取締部は、

東京都江東区亀戸2の小高健容疑者(無職・29才)を、

覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡など)容疑で逮捕した。

小高容疑者は、指定暴力団住吉会の関係者と見られいると・・・。

「mixi」や「2ちゃんねる」を通じて25都道府県の約100人に密売。

約1300万円を売り上げた・・・。

7月11日、麻薬取締部によると、

小高容疑者は自宅で覚醒剤や大麻を所持していたとして現行犯逮捕された。

その後、長崎県の男性に覚醒剤約0.5 グラムを宅配便で送った疑いで8月2日に再逮捕。

更には、今年6月と7月に、鹿児島県の男性2人に覚醒剤0.46グラムと、

0.42グラムを宅配便で送って譲渡し、8月22日にも逮捕された・・・。

小高容疑者の自宅からは、覚醒剤127グラムと大麻1キロ、

合成麻薬(MDMA)703錠などが押収されている。

「ミクシィ」に大麻の品種名を名前として登録するなど、

薬物使用者にしか分からない方法で覚醒剤の郵送販売を宣伝していたと・・・。

麻薬取締部は、顧客16人も同法違反(所持)容疑で検挙したと・・・。

まあ、こうしたことは相当前から行われていたが、警察とすれば既に、

人物の特定とかも、

把握出来るようになって、

「さて、そろそろ、ここらをパクろうか?」

という感じ・・・。

どうやって密売を、

とか考えても、

警察の技術も進んでおり、

通称「麻取り」は、

忍者の如く色々な所に隠れ潜んでいる。

「俺、麻取りとも親しいし・・・」

というヤツもいるが、

幾らでもお国は裏切ることは可能で、しかも国家権力は強い・・・。

密売とかしてても、

いつかは逮捕されるものだと覚悟を持って頂きたい。

私は密売人当時から、

堂々と売っていて、

16回以上は逮捕されている。

そのうちの半分は否認を貫いて、

不起訴にしたし、

誰もチンコロもしなかった。

9月15日には、
 

 

覚醒剤をナイジェリア国籍のアネネチュク容疑者が飲み込んで国内に持ち込もうとして、

関西空港税関支署で逮捕されている。

ラップで繭状にくるんだ覚醒剤86袋

(計1323グラム・末端価格1億589万円)を飲み込んで密輸しようとしたとして、

関西空港税関支署と大阪府警関西空港署は、

同容疑者(28才)を覚醒剤取締法違反(営利目的密輸)容疑で・・・。

逮捕の容疑は、8月22日に覚醒剤をパリ発の航空機で、

関西国際空港に持ち込んだから・・・。

飲み込みによる覚醒剤密輸の摘発は、

同空港では8件目で、押収量としては最多・・・。

同容疑者の場合だと、手荷物検査場で麻薬探知犬の様子を窺うなど、

挙動不審な行動に税関職員は気付いて、

色々と訊ねたら、、

「ガーナ人の知人から、成功報酬5000ドル(約38万円)で依頼を受けて、

パリで受け取った覚醒剤を4~5時間かけて、水などと共に飲んだ・・・云々」

と供述しているとのこと・・・。

 関空署によると、

同容疑者は、税関のエックス線検査を拒否し、

職員に「トイレに行きたい」と申告し、大便から覚醒剤が見つかった。

「食べないよう指示されていた機内食を食べてしまった。

成功報酬5千ドルで知人に依頼された」と容疑を認めているようだが、
 

成田空港でも、

栃木県警宇都宮中央署が、

カメルーン国籍のマリウス・ミヨ容疑者(無職・38才)を、

覚醒剤を飲み込んで密輸したとして逮捕している。

この逮捕の容疑は、12個に小分けした覚醒剤約233グラム

(末端価格1868万円相当)を飲み込み、

7月7日にカメルーンから成田空港に入国して密輸したとのことで、

県警によると、7月11日に職務質問を受け、

事情を聴かれた同署で、

ガラスを割って器物損壊の疑いで現行犯逮捕。

怪我の治療をした病院の検査で、体内の覚醒剤が発見されてしまったとのこと・・・。

同署は、同容疑者を車に乗せたナイジェリア国籍の男も、

同法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕。

組織的な密輸とみて、他のアフリカ系外国人1人の行方も追っている。

再び関西空港の話だが、


12日にも覚醒剤約3キロを密輸したとして、

関西空港署と関西空港税関支署は、

覚醒剤取締法違反(営利目的密輸)などの疑いで、

ポルトガル国籍の

ゴンサウヴェス・ヴァス・サルゼダス・ジョゼ・カルロス容疑者(49才)を

逮捕したと発表している。

大阪地検は同罪などで起訴したが、

同容疑者は「覚醒剤とは知らなかったが、違法薬物だと思った」と供述しているようだ。

1日にも、福岡県警と門司税関福岡空港税関支署で、

覚醒剤約2.5キロ(末端価格約2億円相当)をマリから密輸入したとして、

覚醒剤取締法違反(営利目的密輸)の疑いで、

三宅亮容疑者(無職・26才)が逮捕されたと・・・。

同容疑者は、マリで受け取った覚醒剤をバッグに隠し、

フランスと韓国の空港を経由して、

7月10日に福岡空港(福岡市)に持ち込んだそうで、

県警などによると、バッグは側面が2重になっており、内側に覚醒剤が隠されていた。

側面に膨らみがあるのを不振に思った税関職員が、エックス線検査をして発覚した。

同容疑者は、兵庫県出身で「大阪府で外国人に頼まれた」と供述しており、

県警は海外の密輸組織が関与しているとみて調べていると・・・。

3日、神奈川県警でも、

アラブ首長国連邦から横浜港に輸入した中古車のガソリンタンクに、

末端価格で推定40億円相当の覚醒剤の水溶液約90リットルを隠したとして、

覚醒剤取締法違反(営利目的共同所持)の疑いで、

千葉県白井市の本田譲治容疑者(自動車販売業・61歳)ら男3人を現行犯逮捕している。

県警の調べでは、3人は3日の午後に、

横浜市中区の山下埠頭で、

トレーラーに積み込んだ輸入車のガソリンタンク内に、

覚醒剤の水溶液を隠し、その中には約50キロの覚醒剤が入っていたと・・・。

まあ、色々な手口で、何とか密輸して儲けようと考えてる人間は多いけど、

そうそう簡単なことではない。

ある密売組織は、完璧な方法で海外から持ってきているが、

ああいう関係とか、

こういうルートは危ないとか、

私は知っている。

それにしても、

日本人は体質に合うのか、

もともとが合法で売られていたこともあってか、

覚醒剤の好きな人は多い。

しかも危険は伴うが、手軽に儲かる商売で、

私も散々と売っては、打っちゃう、

ということを繰り返したものだった。

幾ら周りから、

「止めろ!」

と言われても、

止められない、止める気も起きなかったが、

40才も半ばを過ぎて、

もう覚醒剤の調書を書くのも

飽き飽きしたし、

7回目の時は

使用と銃刀法で3年の刑期・・・。

今度、逮捕されたら、

使用だけでも3年半は判決で打たれる。

それじゃあ、バカらしい。

親分にも、

「そんなモノを、いつまでも手を出してんじゃねえ!」

と口煩く言われるし、

もともとが覚醒剤が好きで、

密売とか公認で、

ヤクザになった訳で、

色々と組織内でも規律が厳しくなり、

「止めろ!」

と言われるようになったから、

ヤクザも辞めたのである。

それでも大阪に行くと、

「シャブ食いに行ってるんだろ!」

というヤツもいるが、

向こうにいる知人は、

ポン中嫌いの大物さんが多くて、

覚せい剤違法薬物撲滅運動家の私が、

覚醒剤で逮捕されたら、

幾ら関西でもギャグでは通じない。


そして、大阪では、

こんな事件が2月にも起きていた。

大阪市西成区の路上で、覚醒剤を持っていたとして、

大阪府立信太高校の元講師・山本誉雄被告(30才・3月15日に懲戒免職)が、

覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されて起訴・・・。

違法薬物と高校教師という取り合わせに加えて、

密売地区近くでの現行犯逮捕という一報に、

関係者が受けた動揺と衝撃の大きさは計り知れない。

学校側から「勤務態度もよく、熱心に生徒を指導してくれた」と厚い信頼を得ながらも、

職場での悩みを打ち明けられず、「禁断の一線」を踏み越えてしまったようである。

事件の詳細は、

2月9日、午前0時10分頃に大阪市西成区太子の市道交差点で、

パトカーが信号待ちしていたら、

横断歩道を渡る一群の中にパトカーを見て、

突然、早足で立ち去ろうとした山本被告を車内の警察官が見逃さなくて、

同容疑者に事情を聴こうと、

呼び止めた際には体を震わせていたので、

パトカー内で所持品をチェックしたら、

黒いカバンからプラスチックケースが出てきて、

その中には2つのポリ袋に小分けされた白い粉末と注射器2本を発見・・・。

逮捕の現場近くは、日雇い労働者や路上生活者らが行き交うアイリン地区で、

全国でも有数の薬物密売エリアとして知られている。

そうした界隈を私は好きで、取材も含めて頻繁に訪れるが、

世の中には密売とかしてしか、収入を得られない人も多い。

ただ高校の教師なら、

学校で何を学んできて、

何を生徒に教えてるの?

という感じであるが、

国内の密輸が途切れたら、

日本の経済はどうなるの?

という問題もある。

東京税関では、3日に1件の覚せい剤の密輸を摘発していると次の如く発表。

「2008年頃から覚せい剤密輸の摘発が増えており、

船舶による大型密輸の摘発があったことで、

押収の量も急増したのですが、

2010年は目立つ大型摘発がなかったにも関わらず、押収量は高水準で、

航空機を使って覚せい剤を密輸する運び屋が大幅に増えたということ。

しかも、1件あたりの密輸量が従来より多くなっています。

 摘発件数の多さは、確かに目を引きます。

報告書によると「平成22年中に東京税関において摘発した主な不正薬物は、

覚せい剤が108件・約257kg、大麻30件・約24kg、コカイン3件・約1kg

アヘン2件・約3kgであった。

覚せい剤の押収量については、

平成21年と比べ1.8倍と大幅に増加している」とのこと。

覚せい剤だけを取り出してみても、3日に1件の割合で摘発されている計算だが、

摘発を免れて国内に流入してしまう覚せい剤もあります。

その暗数は誰にも分かりませんが、

近年では国内で流通する覚せい剤の末端価格がやや低めで推移していることからみると、

残念ながら、厳しい監視をすり抜けている覚せい剤はかなり多いようです」

・・・とのことだが、

私の知人の弟さんが税関に勤めてて、

「兄貴なら、1回だけなら見逃すよ!」

という言葉を直接に聞いている。

特別に税関をパスして・・・という連中も多いし、

色々な密輸の方法など私は知っているが、

現在は、

雑誌などでも

「シャブのこと」を書くことの規制が厳しくなった。

だから、私は、

NO MORE ドラッグの運動を始めて、

新宿、渋谷、麻布でデモを行い、

その危険性などを訴えて回った。

これが割と警察さんにも、

好評で、

「池袋でも・・・」

とか言われるが、

費用も掛かれば手続きとか大変だし、

参加者にも気は使うし、

色々と考えた上で、

私は、

歌で世間に伝えることにした。

そりゃあ、たまには愛心会として、

路上で街宣とかもするし、

講演とかも考えている。

他にも同様の団体とかあるが、

そういうのは殆どが何かしらの団体が背景にあり、

裏を覗くと、

アレレ~?

というものもある。

そのアレレは要するに背景の勢力拡大とかいうもの・・・。

私は一つの団体とかに、

こだわりたくない!

ただお呼びが掛かれば行くけど・・・。

そういうことで今日は池袋の

VIvo Sound Studio (03-5391-3411)

で行われる「詩祭り」というのに参加!

場所は、「池袋2-47-3 キンレイビル B1」です。

兎に角も、止めたいけど、なかなか止められない覚せい剤違法薬物・・・。

私の場合は、敢えて人前に出たり、人の集まる場所へ行ったり、

警察署とか、交番とかへ遊びに行ったり(遊ぶ場所じゃないけど)、

などで止めた。

まあ、10月4日には、

新宿ネィキッドロフトで私が主催のトークライブもあるので、

宜しくで御座います!

(私の作った「NO MORE ドラッグ」という歌は好評です。

黒田憲さん作曲・私が作詞バージョン・・・。他にも色々バージョン作ります!)


| | コメント (2)

2011年9月16日 (金)

暴力殺人脅迫事件!

915日、午後450分頃に、

佐賀市木原の改装作業中の飲食店の駐車場で、

「数回、発砲音がした。男性が倒れている!」と、

通りかかった男性から110番の通報があって、

佐賀県警佐賀署は、

改装作業をしていた指定暴力団九州誠道会系暴力団の福島弘海組員(57)が

上半身を数発撃たれ、市内の病院で死亡を確認した。

同署は殺人容疑で捜査を開始し、

事件現場から逃走した白い車に乗った男たち数人の行方を追っているとか・・・。

作業をしていた5人のうち4人が九州誠道会の関係者だったことから、

同署は例の指定暴力団道仁会との抗争事件とみている。

(まあ、お互いに色々と意見の相違とかあるだろうけど、

元々は同じ代紋で生きてきたんだから辞めなさいよ。

本当に九州人はトコトンタイプで強いけど・・・)

かつて私もヤクザの頃には両組織の組員と付き合いはあった。

しかも昭和58年に私が属していた組は、

業界では有名な池袋抗争という事件が起きて、

関東二十日会を全て敵に回し、

一時的に私たちは道仁会に移籍したこともあった。

もう私はヤクザを辞めたが、

こうした内部分裂とかは大嫌いだ!

池袋抗争時の私は、まだ23才で何が何だか分からない状態ではあったが、

後に元の関東の組織に戻ってからも、

28年間、同じ代紋で、同じ一家でヤクザをしていた。

他の組織から、

もっと良い待遇で迎える、

という言葉を頂いても、

お断りしたものだった。

今でも企業舎弟に・・・、

という話があってもご丁重にお断りしている。

それは例えヤクザのケツ持ちライターになれど、

所詮は使い捨てライターで、

必要無くなったら、

都合悪くなったら、

ポイッと縁を切られ、

最後まで本当の意味で、

面倒など見て貰えないもの、

だと思うからでもあり、

それに加えて面倒を掛けたくない、

という気持ちもあるからだ。

それは右翼団体とかに対しても同様である。

今月の14日には、東京都港区のロシア大使館に銃弾や脅迫文を送ったとして、

警視庁公安部と麻布署は、

脅迫容疑で指定暴力団山口組系暴力団員の右翼活動家・小島俊夫容疑者

(46才・横浜市保土ケ谷区西久保町)を逮捕した。

公安部によると、「北方領土奪還のため送った」と当人は容疑を認めているようで、

逮捕容疑は、北方領土の日に当たる2月7日に合わせて、

ライフルの銃弾とみられるもの1個と、

「貴国が道理を無視し虐げる姿勢に必ず天誅が下る」

などと書いた紙を入れた封書を送って、

ロシア大使や大使館職員を脅迫した疑いだとのこと・・・。

私が思うには、

右翼として天皇制を維持し、

愛国精神で活動を行うならば、

(亜細亜主義とか色々あるけど・・・)

一般市民に不安を抱かせるような行為は慎んで頂きたい。

それで結果が如何になるのか?

ただの脅しで何か良い結果になるのか?

日本国内にも道理を無視して、虐げる連中は多く存在する。

まずは右翼の活動家が一体して、

天皇陛下様に対して、

日本国内に住む人間たちが、

如何に世界から恥ずかしく思われないか、

ということが肝心であろうか、

と私は思う。

その威勢の良さを他に、

如何なる方向へ生かすか、生かさないのか?

ただ

「俺たちの団体は怖いぞ!」

という行動をしても、

警察とか、

外国人のほうが強いし、

怖いのである!

勇気ある活動は認めても、

一般市民が如何に思うか?である。

今後も更に色々と規制が厳しくなり、

暴力団自体が、

右翼団体自体が、

全体的に自滅の方向へ向かってるとしか思えない。

本当に私は、

愛心会の会長として、

無駄な暴力殺人反対だ!

(まあ、結果的に無駄なのかは分からないが・・・、私は無駄だと思う)

本来、人間ならば、

愛する心を持って、

一般市民に受け入れられる必要悪の存在とならねばならない!

(はい、そう私もなるように心がけます!)

物事を話し合いで、解決するくらいの度量を持って、

ただ「金じゃ!恐ろしいだろ!」という生き方の姿勢だけでは、

これからの時代は乗り越えられない!

もっと違う戦い方というものもある筈だ!

(話の通じない相手なら、

相手にしないか、

・・・・するしかないだろうが、まだまだ話し合えると私は思う。

でも、それって、もしかしてロシアから密輸した銃?

覚せい剤も流れてくるぞ!)

警察も、警察で、

暴力団とか排除しても、

悪徳業者とかは、

どないする気なのか?

政府高官も、

震災被害者は無論のことだが、

他にも色々と困ってる人間が大勢溢れかえっている日本を全体的に広い視野を持って、

本当の意味で情味のある政治を行って頂きたいものですな!

(震災の作業に行きたくても、

行けない人たちは一杯いるし・・・。私も・・・!)

もはや暴力団離脱者は増え、

凶悪犯罪も増加で、

色々と報道も規制されて、

お金持ちで、何も知らないで平穏に暮らす方々も多いが、

非常に日本はヤバい状態に置かれていること。

そうした中で、この様な事件が起きている、というか、起きた!

まあ、そんなことを明日は

池袋で行われる「2011 詩祭り」というイベントで私も話そうかなっと!!!

| | コメント (0)

男と女のトラブル!

914東京都江東区木場の大横川で、女の遺体が見つかった。

首に絞められたような痕があって、

本庁と深川署は、何やらの事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査を開始~。

その女はうつ伏せで浮かんでおり、目立った外傷はなかったが、

首に巻かれたネックレスのチェーンで絞められたような痕が・・・。

近くの岸から、鉄アレイを巻いた不審なヒモが川に伸びてたので、

消防隊員が水中から引き寄せてみたら、別の鉄アレイを発見した。

同課は遺体との関連を調べているが、

女の年齢は、30歳から60歳代で、身長が約160センチとのこと。

青色のシャツにチェック柄のズボン姿で、黒色のニット帽とマスクを着用してたとのこと。

靴は履いていなかった・・・。

という事件が起きた。

女は周囲の男が守らなければいけない!

女同士でも・・・・。

例え嫌いだとか、色々な問題やら事情があっても、

無駄な殺人は反対である!

もっと他に死んでもいいような輩がいるのでは?

まあ、それぞれ人の考え方も違って、

この女が・・・であれど、

殺したのなら、

きちんと出頭致しなさい!

他にも、

昨年の9月に大分県別府市の雑木林で、

神戸市の看護師助手・横手宏美さん(28才)が、

他殺死体で見つかった・・・というような事件も起きている。

それで31日には大分県警別府署の捜査本部が、

死体遺棄容疑 で逮捕状を取った大分市出身の安藤(旧姓影山)健治容疑者(33)を、

別の事件で公判中の横浜市内の勾留先から身柄を同署に移して逮捕・・・。

 理由は横手さんの遺体に付着していた遺留物のDNA型を鑑定したら、

安藤容疑者のものと一致し、横手さんの携帯電話のSIMカードも、

自分の携帯電話で使用していた形跡があったからだと・・・。

昨年の9月1日頃に同容疑者は別府市明礬の雑木林で、

横手さんの遺体を遺棄した疑いが持たれている。

 今年5月に同容疑者は川崎市川崎区内にあるアパートの女性の部屋に侵入して、

顔面を殴打するなどの暴行を加え、おまけに財布を奪ったとかで、

強盗致傷容疑などで逮捕されていた。

そして、6月に傷害と窃盗などの罪で起訴され、横浜地裁川崎支部で公判中だったのだ。

それじゃあ、横手さんも?

と疑われても可笑しくないが、

男が女を殴るとか、

良くない!

そりゃあ、私も鬼嫁を、

いい加減にしろ!

と殴ったこともあるが、

それは真剣に彼女自身のことを思い、お腹の中に娘もいたからで、

色々な事情があった。

(逆にボコボコのほうが多かったけど・・・)

今ではお互いに仲良く喧嘩も口論もしないようになった。

これが色々とあった中で築かれた現実として現れている!

(最近は私も鬼嫁と共に娘には一方的に殴られてばかりいる)

まあ、今後も鬼嫁や娘が男に負けないよう強く育って頂けたら・・・。

しかし、鬼嫁も私に対して非常に優しくなったものよ。

前は何度も、

他の女をチラ見しただけで、

蹴りが飛んできた。

やはり母親という立場になって変わったのだろう。

そこまで2人で色んな苦難困難を乗り越えてきた。

後は別に、

離婚したくなったらお好きに~♪、

ではあるが、

娘は私にドンドンと顔が似てくるし、

まだ必要性があるような、感じです。

娘も、

強い男を殴るくらいの元気さはあってもいい。

だが、男を刺し殺すような女には育って欲しくない。

 

今月の12日、午前3時半頃には、

広島県呉市音戸町波多見の自営業・宮本剛さん(42)方で、

宮本さんが刺された、

という110番通報があって、

県警音戸署員が駆け付けたら、

1階で宮本さんが血を流して倒れていたと・・・。

現場にいた妻のゆかりさん(33)が、

「夫を刺した」と認めたため、

殺人未遂容疑で現行犯逮捕。

宮本さんは搬送先の病院で死亡したとのこと・・・。

 音戸署は容疑を殺人に切り替えて事件の動機などを調べているようだが、

ゆかり容疑者は、5月下旬に夫から暴力(DV)を受けていると、

同署のほうに相談し、同署が支援施設などを紹介していたと・・・。

まあ、男と女のトラブルは頻繁に起きるし、

なかなかと他人様が口を挟めないこともある。

それでも男は女を殺してはいけない!

例え行儀が悪いとか、

色々な問題があれど、

男は女を守り、

良い方向に育てることが大事で、

そうした器量を男たちは持たないと・・・。

私?

まあ、今の所は、

何とか・・・。

まず娘が変な男を彼氏とかにしないように、

上手く育てなければ!!!

「中野ジローの女の育て方」という本を書きたいものだが、

何処か出版社さんお声をかけて頂戴ね♪

「生意気~!(鬼嫁談)」

| | コメント (0)

2011年9月14日 (水)

再び関東連合の名が・・・!

12日、警視庁麻布署は、

傷害容疑で暴走族「関東連合」の元リーダー・川名毅容疑者を逮捕・・・。

・・・とはいうが、これは私らが世代の暴走族「関東連合」とは、

あくまでも別個として考えて頂きたいものです。

川名容疑者が麻布十番に住んでいたとは・・・。

(色々と困ったことがあれば相談に乗ったのに・・・)

(お互いに連絡先知らんでも、色々と方法あっただろうし・・・)

(・・・というか、私は無力で何の役にも立たない!)

(・・・というか、私も経営に関与したかった!)

川名容疑者・・・、

先日、麻布の盆踊りとか、神輿祭りにも居たのかな?

彼らの「関東連合」は、

大相撲の元横綱朝青龍を引退させる原因となったような事件とか、

歌舞伎俳優の市川海老蔵さん暴行事件でも、

名前が挙がっている。

まだ私らの関東連合は、

芸能人をカラかう程度だった・・・。

(集会には何人もの有名な芸能人が参加してたけど・・・)

まあ、私の実父は漫画家で、

幼少時代から、

映画俳優とか、

歌手とか、

我が家には多くの方々が遊びに来ていた。

埼玉県に住んでる時には、

近所の土地でイベントを催して、

歌手の新沼健治さんを呼んだり、

弟子の、はらたいらさん、

とか、

高信太郎さん、

とかに、

絵を描かせたりもしていた。

私自身も都内中野区育ちのため、

芸能人が多く通う堀越学園、

とか、

明大付属中野高等学校、

とか、

近所だったので、

暴走族時代には、

芸能人を見つけてはカラかったこともある。

(ごめんね)。

中野サンプラザから公演終了後に裏口から、

芸能人とかが出て乗る車を、

単車で追い掛け回したり・・・。

(ごめんね)

中野新橋には相撲部屋とかもあった。

この界隈のパチンコ屋で、

お相撲さんに両側の席に座られたら、

キツかった・・・。

とても私などが文句など言えるものではない。

(別に謝罪する気はない。無駄にデカくて邪魔だった!)

まあ、川名容疑者も、

この5月頃に

自身が経営に関与する港区六本木のクラブで、

出入り禁止の男が無視して入店したから、

顔とか殴ったそうですが、

他にも対処の仕方もあったのでは?

それとも先方の男から?

私は入店を断られたら、

わざわざ行かないし、

因縁を吹っかけられても、

殴ったりは致しません。

他の色々な方法で解決するか、

鬼嫁と暴力娘が怒って解決するか、

暴走して逃げるか、

逮捕するか、

・・・・でしょうね。

まあ、前の海老蔵さん暴行事件の時みたいに、

報道番組とかからお声が掛かれば・・・、

「今の関東連合とは何者ぞ!」

「昔の関東連合とは何者ぞ!」

とか語ってしまいますが、

(わざと自己宣伝用メルアド記載 nrb26871@nifty.com)

前みたいに私は埼玉には殆ど住んでなくて、

六本木界隈を、

ウロチョロしているほうが多いような・・・。

(んんん、私も殴られるの?)

(今のところ暴力娘にしか殴られてません!)

さて、そこのクラブへ私が行ったら、

入店を断られるでしょうか?

そう思うと行きたくなるが・・・♪110713_

こうした事件が起きないよう未然に防止するため

今後とも

麻布、六本木、赤坂とか、

を中心的に防犯パトロールしようっと!!!

(無駄な暴力反対~!)

皆さん、笑って、楽しく、過ごしましょうね!!!110711

| | コメント (1)

2011年9月13日 (火)

本日、千原ジュニアさんと出演した番組の再放送!

BSテレビの「チャンネルNECO」という番組で、

「千原ジュニアの映画製作委員110907_011352 会・ヒットマンの世界に迫る!」が

22:30から再放送される。

http://www.necoweb.com/neco/program/detail.php?id=35

この中に「ガチンコガール朝倉みなさん」という方が出ていて、

当人の映画製作日誌にも色々と面白いことが書いてある。

http://neco.weblogs.jp/eigaseisaku/

まだ色々と紳助さんのことで、

芸能界も揺れ動いているようだが、

まあ、楽しく、仲良く、面白く~で、

やっぱり何よりも笑いの溢れる日々を送れるようにしたいものである。

確かに私はヒットマン養成所みたいなヤクザ組織にいたが、

意外と裏を捲ると面白いことは多かった・・・というか、

私がアホばっかりしてたのかな・・・?

ヒットマンのメンバー編成に加わって、

マンションの一室に隠れ待機してた時も、

麻雀したのが、お偉い人たちにバレて、

「緊張感がねえ!」

と叱られたり、

所持してた拳銃を何処に隠したか判らなくなったり、

懐の中からポロリと道端で落としたこともあった。

撃ったら銃弾が、ポコッと飛び出ただけで、

「何だ、コレ?」

と思って先方に襲われたらヤバいから慌てて逃げたこともある。

そういうことは今後も雑誌やトークライブなどでも、

世間に真実として伝えたいが、

私自身、本来は平和主義者で、

揉め事は、現役時代も、

敢えて臨んではいなかった。

まあ、相手によりけりで、

揉めてナンボではあったが・・・。

離脱後も揉め事は嫌いなほうではあるが、

二回、三回は許せても、

時には許せないこともある。

それは先方から仕掛けてきたことだからで、

時に男は怒ることも必要だ。

ただ金が欲しいだけでは

人間としても如何なものだろうか?

面白味、情味のある人間でなくてはならない。

そう私は思っている。

まあ、この再放送を見て下さいね。

宜しくで御座います!!!


| | コメント (0)

2011年9月10日 (土)

実話マッドマックスの不祥事!

9日、暴走族の集合写真を撮影するため、

無断でスーパーの駐車場に侵入したとして、

愛知県警一宮署は、建造物侵入の疑いで、

月刊誌「実話マッドマックス」を発行する

コアマガジン社の男性社員(26)ら2人を書類送検した。

6月に県警は、別の傷害容疑で暴走族メンバーを逮捕した。

その際に写真撮影についても供述したとされる。

月刊誌の今年1月号に写真が掲載され、スーパーの看板も写っていたと・・・。

スーパー側が「暴走族の活動を助長していると誤解を受けかねない」として

被害届を出したのである。

書類送検容疑は、昨年9月上旬、

愛知県内の少女らで作る暴走族の集合写真を撮影するため、

同県岩倉市のスーパーが閉店後に駐車場へ侵入したとしている。

コアマガジン社は「担当者が出張中で対応できない」と話しているが、

これは編集長の責任で、やはり逃げ口実を作ったと言えよう。

暴走族とか暴力団とか知らないから、

こういう不祥事が発生するので、

おそらく示談金を払って、

事件は収まるにしても、

今後は暴走族を他の出版社でも

取り上げることが厳しくなるだろう。

社員は退職とかなれど、

編集長自体は如何なる責任を問われるか?

直ぐに責任逃れで逃げる編集長だ。

だから他の出版社や編集関係者も迷惑する。

私も恩ある知人の写真を再三と警告したのに無断掲載された。

お陰で私らの関係者は迷惑している。

他の出版社で一冊の本に成る予定の資料も紛失された。

例え、この一件で編集長が退社になれど、

コアマガジン社に謝罪を要求し続ける。

暴力団関係の資料を紛失した件は、

退社してフリーライターしてる人間が

謝罪文を寄越したにしても、

これもコアマガジン社自体の管理責任が問われる問題だ。

私は私の仕事には常に自身で責任を取るよう対処している。

決して私は暴力団組員の企業舎弟ライターではないから、

暴力団相手には立場は弱いが、そうそう負けはしない。

そういうので口を出す組員とか、

所詮は度量にない小者である。

今でも私には色々な暴力団関係者から相談を持ちかけられるが、

一切お金を頂いたり、悪事に手を染めてはいない。

友人からも

「私が文句を言いましょうか?」

と言われても、

「私の問題だから私が対処する!」

と丁重に断っている。

私に対して、

「嫁をヒモにしてる」

とか言う者は嫁に聞いてみなさい。

私ら夫婦は協力し合って仲良く幸せに暮らしている。

そして、如何に娘を幸せに、

と考えているが、

そうした関係をわざと揉めさせようとする連中も少なくない。

編集長自身も、色々な女遊びに狂って、

会社の経費で・・・とか、

他の編集関係者も不服を持つ者がいる。

私の嫁にも、

ナンパとしか思えないようなメールを送信したり、

家族関係のことを可笑しくさせる言動をしたり、

そういうことが幾ら仕事を頂いても許せるものではない。

何故にキチンとした対応も出来ないのか?

それでも男かいな?

男のヤキモチとか、

全くクダらなさ過ぎる!

マッドマックスヘタ売っちゃった漫画で

読者を喜ばせなさい!

だが、私は喜ばない。

さあ、私には如何なる対応するかが

面白いものだ!!!

所謂、これが私、中野ジローストーリーへと成る訳で、

次々と異例的なことを成し遂げてみよう!

「色々な圧力などには屈せず、負けて堪るか!」でござる!!!

「パパ、頑張ってね(娘・ノア様談)」とは嬉しいものだが110828_232358

「ジジ、男前で、男っぽくて好きよ(嫁・水無潤談)」は0111_s11

ちょいとウザいけれど、

仕方ない。

この我侭女二人を守らないと・・・。

男たるものは女子供、

慕い寄る仲間たちを大事にしなければいけない。

ただクダらない野郎は近寄るな!

要するにコアマガジン社も、

社員の教育を怠っていたということである。

私は暴走族時代も

仲間たちを、

創価学会の会員時にも、

男子部の部員さんたちを、

服役中にも作業の重要なポストに就き、

他の懲役を、

それなりに教育してきた、教育もされてきた。

暴力団組員の時は組員に対して適当だったが、

離脱後は何人か教育したりもしている。

だが、もう会食とか遊んだりすることはなかろう・・・と思うが、

今は誰が暴力団組員なのか判らない世の中になってしまった。

それが問題であるが、

警察当局では

誰が暴力団関係者か把握はしている。

今頃になって離脱しても同じこと。

組員と交際しているだけでも、

関係者であるが、

私は警視庁公安部で、

任侠系ではない政治結社とかの関係者(たぶん)であり、

覚せい剤撲滅運動家としても、

愛心会の会長としても、

クリーンな活動を行っている。

全て責任は自らが被る覚悟を持ち、

妻子を面倒に巻き込まない。

ゆえに女子供を苛めたりするような男も近寄るな!

ただ10月4日の新宿ネィキッドで行われるイベントには、

お客様としてなら歓迎である!!!

その前に私が不祥事を起こさないようにしなくては!!!

まあ、私が「コイツはダメだな」と思ったヤツは、

最終的には何かしらの不祥事を起こしている。

「俺かな?」と思う人は気を付けなさい。

それなりに私もマッドマックスで

お仕事してきたから、

その編集員を哀れに思っている!!!

私ら家族は哀れではないからね!!!

さて、今日か明日は、麻布十番祭りにでも、

幸せカップルで、

娘を楽しませに行こうっと!

今のところは歯痛も治まったし~!!!

| | コメント (2)

9月17日『池袋・詩祭り』

「2011 池袋 詩祭り」

9月17日 土曜日

主催 黒田 憲

会場

VIVO SOUND STUDIO

豊島区池袋2-47-3 キンレイコンビルB1

開場 16:30 開始17:00 終了21:00

内容

1・黒田愛子 安部岩夫氏の詩の朗読

2・南部輝久 ジャンベ(西アフリカの打楽器) IMPOVISATION

3・詩「政治的な話」の朗読

4・丸田 潔 詩「●上大橋の・・・」の朗読

5・川島 宏 証言 連合赤軍 東大闘争を突き抜けた先に

6・松尾●澄 自作詩の朗読

7・「愛心会」活動報告

8・宮里勝博 詩「フクシマは警告する」

9・奈良雅夫 自作詩の朗読

10・上野ゆたか 自作詩の朗読

11・戸谷岡 発言 詩の律動とMETAPHOR

12・久保田千秋 詩「おやじのリアリズム」朗読

13・十亀弘史 詩「群れる」朗読

14・後藤義久 自作詩の朗読 講演 今 私たちにとって詩とは何であるのか

15・中野ジロー連合会バンド(黒田憲バージョン)

 「NO MORE ドラッグ」 「歌舞伎町 ワルのパラダイス」

16・歌と朗読のCOLLABORATION

  丸田 潔「GOODBYE JAPAN」

  上野ゆたか「DE JA VU. --君へーー」

  久保田千秋「その日 陸前高田の空に」

  奈良雅夫「みんなで歌おう ”死にたくねえ”」

  注・●は漢字が不明で・・・。

・・・・というのに私は参加致します。

入場とか主催者さんが自腹なので無料でして、

飲食とかも適当に持ち込みとか、

スタジオ内の自動販売機とかで購入という感じです。

私は例の如く中野ジロー連合会バンドで、愛心会の会長で~

としての参加ですが、他にも二つくらい詩を披露するみたいな・・・。

殆ど私よりもご年配の方々がご参加されますが、

この様な方々のお話を聞くことは貴重です。

是非ともご来場下さいね!
若者の参加を呼びかけます。

色々と学ぶこともあろうかと・・・。

| | コメント (1)

2011年9月 9日 (金)

『日本の裏社会(ミリオン出版)』

今まで多くの出版社から裏社会的なムック本が発刊された。110908_152027

しかし、これは非常にユニークな仕上がり方だと思う。

ここで4つの文章を私は書いたが、

他の方々のも面白い!

「抗争下のヤクザ事務所」

という漫画とか、

「現代ヤクザの生き方」、

「裏マネーのカラクリ」、

「危険なドラッグの世界」

「闇にうごめく女たち」

「避けて通れぬムショ暮らし」

などの文章・・・ets。

現在、日本は段々と裏社会をマスコミで取り上げることが厳しい方向へ・・・と進んでいる。

色々な出版規制とかも出来ちゃって・・・。

私的には世間の方々に本当の裏社会の現実を知って頂きたい。

色々とヤクザとかがマスコミに文句とか言わないほうがいい。

何を書かれてもいいではないか!

本当に自信を持って任侠団体と思えるようなヤクザに成って欲しい。

警察庁とかが、暴力団と指定して規制を強化したのも、

そうした行動を取ったからで・・・所謂、自爆したようなものだと思う。

日本政府も何を考えてるのか・・・。

ヤクザがマフィア化しても、

一般市民からすれば、

誰が悪党か見分けが付かず、

不安を抱くだけである。

政治結社とかいう右翼の方々も同様に、

まず一般市民に迷惑かけず(裏で悪さして生計を立てたりする者以外)、

世間に受け入れられ、

国民を守って支持されるように!

国内で、

在日だとか、

朝鮮人だとか、

外国人だとか、

出身地だとかで、

元暴力団組員だとか、

前科者だとか、

金が有る無しだとかで、

色々と差別とかせず、

同じ日本で暮らす人間なのだから

実力とか認め合って、

譲り合いの精神も持って、

仲良くすることが必要だと思う。

(まあ、嫌いなヤツと、敢えて仲良くすることはないが・・・)

自分で自信のある人間なら、

人様が何を言っても、書かれても、気にしないものだけど、

何事も度を過ぎたらいけない。

ただマスコミは、

度を過ぎるというか、

真実ならば、多少のホラなら面白くていいと思うが、

今回も私は、実話を書いたつもり・・・。

(これ俺のことか?と怒るな。男は度量じゃ!)

マッドマックスみたいに

取材先をバカにしたり、

責任逃れしたり、

ではいけない。

そうしたことを私はマッドマックスで仕事しながら何度も中止したのに・・・。

(コアマガジン編集員、暴走族取材で不祥事、

責任者連絡取れず

その点、ミリオン出版さんは違います。

きちんと取材先とか関係者など先方のことや、

ライターさんのことなど全体的に色々と考えて対応してくれる。

「誰のお陰でメシが食えるんだ!」

とか、

「シメるぞ!」

とか、

「ウチの編集部員の態度が悪ければ殴っても蹴っても構いません!」

だとか

マッドマックスは言ったりで、

まるで暴力団の編集部みたいだった。

ゆえに私なりに対処もしてきた。

私が出版社関係に

暴力的な発言とかしたら、

冗談では通じない。

そりゃあ、マッドマックスに「ヒモ」だとか書かれたり、

ウチの家族を可笑しくするようなことをされた時には

怒ったこともある。

私ら夫婦は協力し合って、

色々な困難を乗り越えながら、

何とか子を持ち身となり娘を育てている。

収入の確定申告とかも、

別々であるが

確かに妻のほうが何かと稼いではいることだろう。

ただ私は女に食わせて貰うようなことは嫌いだ。

実母も

「ヤクザに成っても、ヒモには成らないで!」

と言っていた。

女を食い物にする野郎は好きではない。

男は女を守り、

良い方向へ育てていくことが大事である。

私ら夫婦の場合だと、

色々なことを互いに教えられ、

支え合って娘のことを考えて、

時に一緒や、別個で、と暮らしている。

私は勿論のこと、

妻にも敵は多いことだろう。

色々と過去には悪さもしてきたし、妬みや僻みを持つ者もいるようで・・・。

兎に角、今、日本の裏社会は荒れ模様。

天気も、経済も、色々な業界が荒れ模様。

私は歯科治療に通い、

痛みも減って気分的には荒れてないが、

色々と違うことでは、

何だ!!!

と荒れ模様ではある。

もう日本は全体的に、

増税だとか、煙草の値上げだとかでも、

荒れれ、アレレ~、という感じになっている。

私は娘のノア様と

無邪気に戯れてはいるが、

直ぐに物で頭とか叩くから

これ以上のアホになったら、どないするんや~!

と怖いので逃げたり、追われたりだけど、

何処へ行っても、

他人様から、

「娘さん、パパさんに似て、可愛いですね!」110908_152255

と言われるから嬉しいものだ。

裏社会で生きる者たちも、110908_152139

怖がられるより、

エゲつないことせず、

好まれるように悪さをしないと、

日本全体が滅亡の道を辿ることになる。110908_152117

そういう意味でも、

このムック本は勉強になるかと・・・!!!110908_152057


| | コメント (4)

2011年9月 8日 (木)

我が娘・ノア様~!

その名前は、人類の祖先とか聖人という意味とかで名付けたが、

私みたいに汚れた世界に染まらず、

清らかな聖人として育って欲しいと思ってのことである。

今月で1歳9ヶ月目に入るが、何処へ行っても、

「超可愛い!」と言われるし、私や鬼嫁は嬉しいものだ!

結構、ノア様は照れ屋で、人見知りもするが、

愛嬌はあるし、とても優しい性格で、

父親思いである。

私にも、

「これ上げる!」

と言ってお菓子をくれるし、

必要だと思った物は

手渡しで届けに持ってくる。

昨日も銀座とかで、

「あらっ、スイカちゃんの服~!」

とか、

「可愛い~!」

と知らない人が何人も言ってくれた。

ノア様は私に飛びついたり、

抱っこと甘えたり、

私のお腹の上で立ったり、

時には突き飛ばして

喜んでいるが、

何をされてもデレデレオヤジの私は許してしまう・・・。

ただ私を侮辱するような連中は、

子供ながらも判るのだろう。

何気にキツイ視線を浴びさせることがある。

とても父親思いの子で強い!

「別に孫とか生まれても嬉しくないし・・・」

と言ってた鬼嫁のご両親も、

今ではデレデレになってしまって、

自慢して回っているようで・・・。

まあ、後のことを心配する方々もいるが、

そう心配しないで大丈夫なことであろう。

「私が許さん!」

と思って行動に移す前に、

そういうヤツは死んだり、

行方不明になったり、

天罰を食らい、

自滅の方向に向かっている。

(別に如何とも思ってないが、

芸能界とかマスコミに力を持ってる元暴力団組長の自宅が発砲されたりしてるけど、

その関係筋の者たちはお気をつけなされ!)

(まったく私は無防備に過ごしてま~す!)

ちゃんとお天道様は見て、

事の良し悪しを判断しているのであろう。

まだ今後の将来のことは判らないが、

ちゃんと挨拶とか出来るし、

勉強好きで頭も賢くて愛嬌もあるから、

良い子に育つことだろう。

まあ、娘に対して、

私は私なりの考えで

男として死ねれば本望であり、

お金に成らなくても

自分なりに本音を語って、

色々な方々の相談に

愛心会の会長として応じている。

私なりに色々な考えを述べた人たちは良い方向に進んでいるようだが、

ただつまらんヤツは相手にしない。

男は金が欲しい、

とかだけでは良くない。

私は割と自己犠牲的な感じで、

活動しているが、

そういう私を笑いたいヤツは笑えばいい。

更正不可能とも言われ、

本を出したり、

雑誌に連載を持つのも

不可能だと言われたが、

それなりに実現してきた。

こうした家族に対しても、

どうやら妬みとか持つヤツもいるようだが、

そういうことに私は動じない。

男は常に淡々と平常心を持って生きることが大切だと思っている。

男なら強い相手に立ち向かえ!

誰彼と構わずに媚びるな!

周囲の人間関係を大事にしろ!

女子供を大切に扱え!

人を育てることが自分を育てる!

そういう信念を持つこと!

まあ、私は常に見えない相手と戦っているようなもので、

色々と損なことばかりしているが、

敢えて自ら望んだ道である!

兎に角、可愛くて偉いノア様であることは間違いない!!!

1

(陣内智則さん、恋人とお幸せに!)

(加護亜衣さん、妙な男と・・・頑張ってね!)



| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

恐怖の武闘派工場・・・!

月刊実話時代に連載中の「懲役ジローの全国セイハ」は好評なようです。110905_131053

今月号は「恐怖の武闘派工場」というやつで、110905_131123

私が6回目の徳島刑務所を務めた時のことが書かれている。

まあ、関西人ばかりの、しかも殆どが再犯長期の受刑者・・・。

まだ山一抗争だとか、宅見組長射殺事件とか、

沖縄抗争事件とかで、

服役している人ばかり・・・。

でも、皆が口を揃えて、

「時間は金で買えないな・・・」

と言っていた。

やはりヤクザもシャバにいてナンボだと思っていたのだろう。

幾ら放免祝いだとかでお金を貰っても、

女を抱いたり、自由が欲しかったのかな?

服役中に組が解散して、

「どないしよ?」

と悩んでる人も多かった。

現在も10月から暴力団施行条例だとかで、

一般市民が暴力団組員と会食するのも禁じられる。

それは紳助さんの一件から・・・だが、

もう暴力団組員が皆で、

「どないしよ?」

というだけでなく、

マスコミ関係者や一般市民が

全体的に、

「どないしよ?」

という感じである。

だから、私が前から

愛心会のスローガンとして、

「無駄な暴力殺人反対~!」

と言っていたでしょうが・・・。

余りにもヤクザが色々と欲張るからで、

市民に好かれてナンボであるのに・・・。

マフィア化とかしても、

「どないすんねん!」

と言う話です。

まあ、次号も徳島のお話となりますが、

「おい、これ俺のことか?」

とか読んで怒らないで下さいね。

真相を御存知な方は、架空話だと思って、

大きな度量で捉えて、

私の如き未熟な物書きを優しく包み込んで頂きたいものですな!




| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »