« 私は私でありフリースタイル! | トップページ | 私ら夫婦は・・・。 »

2011年7月31日 (日)

トークや物書きの世界も笑えて怖い!

昨日は新宿へ北野誠さんのトークライブを見に行った。

内容は、幽霊とかのことを心霊写真とかステージのスクリーンに映し話していた。

会場は満員で、笑いが溢れていたが、私は冷静に見て色々と学んだ。

こういう所は良いな、私なら、こうするな、とか・・・。

その後、新宿駅前では沖縄祭りとかして多くの人が集まっていた。

懐かしくなり暫くぶりに沖縄の知人と電話で話したが、

色々と今は不況続きで誰しも何処の人も大変なようで・・・。

赤坂へも行ったが、割と関東では皆は呑気に構えてる人が多いような・・・。

今、日本の地下社会では色々なことが起きている。

森義朗元首相の実子が死亡・・・。

あちこちで自殺・・・。

刺殺や強盗事件・・・。

冤罪差し戻し事件・・・。

青酸カリまで裏では出回っている。

昨年から何度も私は大阪の西成へ行ったが、凶悪事件は多発していた。

それから後に同様な事件が関東でも起き始め、更に色々と増えていくことだろう。

テレビや雑誌では真実を伝えられないことが多い。

その真相を知ったら市民が不安感を抱くからであろうか・・・。

しかし、結果が現れ知ってからでは・・・遅い。

表向きクリーンでも、裏は真っ黒に汚れている。

国も町も人間も・・・。

東北大震災の影響もあり、

格差社会は更に強まって、

自分さえ良ければ・・・という人は増えていく。

日本には色々な思想を持った人がいる。

外国人も多い。

皆、この国で生きている者同士だ。

仲良くしなければいけない。

悪いことすればパクられたり死んでも当然だ。

悪いことして生きる手段しか知らない人もいる。

裏でコソコソとしても知る人は知っている。

かつては悪党だったがマットウに生きようと努力している人もいる。

選挙だ、利権だ、という前に人間としての「情」を失ってはいけない。

だが、世の中には許せん人物もいる。

私はマッドマックスや心の腐った野郎は許せん。

今は逃げ回っているが男なら逃げるな!

ケンカや争いごとではなく対話することで解決もできよう。

いずれが互いに「得」となるかだが、

私は恩ある人のためなら「損」をしてもいい。

今までヤクザ時代には散々と悪さもしてきた。

ゆえにあまり得してはいけない。

大きな利益などいらない。

守らなければならないのは家族だけではない。

こんな私を支えてきてくれた友人や仲間たちは多い。

何とか6年以上、マットウに物書きとかして収益を得て生きてきた。

それまでも危険な取材とか危ない橋を渡ってきたが、

ただ金を得たいがために選んだ道ではない。

世の裏側の真実を伝え残すこと・・・。

それが伝えられない世の中になっていく。

悪党は悪党らしく悪党と戯れ、

善良な一般市民や家族、友人、仲間、弱い者を苛めてはいけない。

私を苛める者は許すが、周りの人間を苛めた者は許さない。

仕事の邪魔する者も許さない。

鬼嫁とノア様だけは邪魔しても、許すが・・・。

女とか子供は優しく包み込んで苛めるものではない。

それでも真剣に怒ることも大切だ。

あまり私も普段は怒らない。

ヤクザも辞めたが、ヤクザや危険な地域へ取材などで出掛け、

接触することも多い。

それなりに度胸や腹をくくっての勝負だ。

私は命がけで生きている。

また沖縄へ行きたい。

西成にも・・・。

だが、ノア様が私を離してくれない。

鬼嫁は仕事して儲ければ「生意気~、中野のクセに!」と煩い・・・。

では、ノア様と「子連れ狼」になって逃亡するか・・・。

8月には「山谷闘争」とかにも呼ばれている。

ゲストとして

中野ジロー連合会バンドは参加し、

能書きも足れるが、

詳細は後ほど・・・。

労務者、貧乏人、お金持ち、左翼、右翼、ヤクザ、前科者、在日、外国人、警察官など、

皆、同じ人間であり・・・みたいな感じかな(中には犬畜生以下の野郎もいるが!)?

まあ、まだまだトークなど未熟なことが多いので、

色々と学ばなければいけない。

次の本を出すためにも書き続けていかなければいけない。

私の実父・森哲郎は、漫画を描くことと遊びに夢中で、110724_

私ら子供や家族のことなど全く気にしない人だった。

「遊びも勉強のうちだ!」と自らも言っていた。

だが、私は散々とヤクザ時代に遊んだし、

今日はノア様のお食事を作って、

何処かへデートしに行こうっと!110730

(もれなく鬼嫁・水無潤が付いてくるから・・・・ウゾい!110730_





|

« 私は私でありフリースタイル! | トップページ | 私ら夫婦は・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私は私でありフリースタイル! | トップページ | 私ら夫婦は・・・。 »