« 男とは・・・(ノア様の言葉) | トップページ | 大阪では覚せい剤事件での逮捕者続出 »

2011年5月12日 (木)

西成、歌舞伎町、渋谷、色々な業界・・・。

それぞれ各街には街なりのスタイルやカラーと言うのがある。

西成は労務者が多い。

しかも全国各地から西成でないと生きれない人も集まっている。

西成は”ヤクザの激戦区”とも言われてきた。

歌舞伎町も同様に言われている。

”西成を制すは日本の裏社会を制す”とも・・・。

しかし、やはり日本を動かしてるのは関東中心部・・・。

天皇陛下がお住まいになり、

警察庁とか、国家機関が存在し、

各情報網の拠点が集結しているからだ。

そして、各地に合わせてのルールというものがある。

それは色々な各業界も同じことだ。

憲法とか法律とかもあるけれど、

それぞれ各自には生まれ育った環境の中で、

精神的に植えつけられたものがある。

それは無理やり強制しても、なかなか変わらない。

私も自身の心の中で大事にしていることがある。

それは地元の人の意見を尊重して、

土地に合わせて行動することだ。

確かに各自の考え方には相違がある。

だが、広い視野を持てば全体像が見えてくる。

そうした物を読み取るのが洞察力だ。

それを如何に自身が鍛えるか?

精神力や肉体も・・・。

人間は幾ら身体を鍛えても、

いずれは弱ってくる。

気力の弱る時もあるが、

精神は弱らない。

人間の根本を支えているものだから、

精神は弱ってはいけない。

性格は色々な環境で変わることがあっても、

性質は変わらないと言われている。

己を知らなければ、人を知ることは出来ない。

日々精進である。

行学の二道励み候べし。

災いは口よりい出て、幸いは心よりい出て身を飾る・・・。

志士仁人は、義を為すに生を持って事を為すにあり・・・。

(ちょっと文章的に間違えてたら御免なさい!)。

そうした言葉を常に忘れないで、

友達とか仲間、

人間関係を大切にしよう。

争いごとも時には必要でもある。

だが、なるべくなら争わないほうがいい。

その時は勝っても、

いつか逆転することがあるからだ。

最終的に勝敗を決するものは、

やはり人柄であろう。

憎まれても憎みきれない性格の持ち主・・・。

日本中に裏切り者が多く存在する中で、

やはり関東中心部には、

一番憎まれない大人物がいる。

あえて名前は伏せるが、

そうした人は偉大なる力を持っている。

又、そのような人が、

各地のスタイルやカラーを尊重し、

裏切り者は成敗されているようだ。

時に非常に非情でもあり、

とっても情を強く胸に抱いてもいる。

私も、その様な人物に成りたい。

自分というカラーを持ったまま・・・。

周囲の人を大切に生きていきたい。

頑固偏屈な私だが、柔軟な姿勢も持っているつもりだ。

八方美人には成れないけれど、

色々な場合において七変化はできる。

根本的な精神は強く持って胸に抱きながら生きてきた。

まだまだな点があるのも知っている。

男とは何たるかを常に追求したい。

私が人様を取材するのも、

人物像を知りたいからだ。

物を書くことも洞察力を鍛えるためでもある。

物事を客観的に捉えることも

凄く大切なこと・・・。

ご年配の人から、

お若い人と接した中で、精神は磨かれることであろう。

つまらん、と思う人物でも、何処かに尊敬する部分はあるものだ。

今、まだ西成に滞在中だが、

ご年配の酔っ払った労務者の人からも、

何かと教えられることはある。

無駄に生きている人はいない。

一時は無駄に行動することも、

いつかは無駄に成らない、と信じよう。

関東から関西に・・・。

関西から関東に・・・。

今後は如何なる動きになるかは、

やはり関東中心部の動き次第であろう。

まだ東北大震災の一件には色々な意味で解決せず、

如何なることに成るか、という感じ・・・。

そうした点も先を読んで考え、

学びながら行動していく。

各自の役割と立場というものがある。

私に出来ること。

それは今のところ自身の心の中に包み隠しているが、

いずれ関東に戻って行動で示していく。

少しずつ、少しずつ・・・。

(そろそろ関東に戻りますよ)

そして、歌舞伎町では歌舞伎町なりの、

渋谷では渋谷なりの。

あんまり私は六本木スタイルでは無いけれど、

六本木では、それなりに・・・。

又、埼玉でも埼玉なりに・・・。

さて、如何なる結果になるか?

今まで失敗ばかりしてきたから、

そうしたことは恐れてはいない。

日本自体も失敗の連続だった。

だが、やがては必ずや関東中心部から日本は成功することだろう。

そう私は信じている。

不信を強く抱いてる人も

色々と信じることから始めよう。

裏切られてもいい。

必ずや結果は出るものだから、

色々と学んで意見を聞き、

恐れずに行動すれは

良い結果が出ることに違いない。

私は私として周りに流されず、

自分というものを失わないで、

中野ジローとして生きたい。

中野ジローとして死にたい。

決して太郎という方とは関係ないけれど、

やはりジローと言うからには、

二番目の男なのであろう。

どうしても「俺、太郎だよ」という人には、

精神的にも「畜生、俺より兄貴だな!」と思ってしまう。

だけど、太郎やジローという名前の人物より、

とてつもなく凄い日本中を動かすほどの名前を持った人物がいる。

私などが近づけるような人ではないが、

少しでも見習って、中野ジローという男に磨きをかけたいものである。

(何だか文章の内容が意味不明に思える人と「ああ、合点!」という人がいるかな?)

まあ、やがて誰しもが合点するように頑張ることに致しましょう!

|

« 男とは・・・(ノア様の言葉) | トップページ | 大阪では覚せい剤事件での逮捕者続出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男とは・・・(ノア様の言葉) | トップページ | 大阪では覚せい剤事件での逮捕者続出 »