« 元祖・関東連合の結成宣言 | トップページ | 海老蔵暴行事件の犯人逮捕 »

2010年12月10日 (金)

日本一の危険な男って誰?

私は無頼派から社会派漫画家として文化人ともなった森哲郎の実子である。

父親が居酒屋で酔って調子に乗りワイワイとしてたら、

ヤクザに絡まれて

何故か中学生の私が助けたこともあった。

父親は右翼のことを書いて右翼に脅かされたこともある。

その時は何故か暴走族の私が玄関口で追い払った。

若い頃は暴走族全盛期に関東最大最強と言われた、

暴走族の代名詞・ブラックエンペラーでは

都内で最後まで走り続けたのが我らが中野支部のメンバーである。

ゆえに東京のエンペラーでは総代を任せられた事実上の後継者・・・。

関東連合も同様だ。

何故かと言えば暴走族は損することを覚悟して走っていた。

だって、いつ死んじゃうかも判らないで暴走していたんだから・・・。

私が愚連隊当時は不良っぽい奴から

小遣い程度の金を恐喝して

芸能人はからかう程度で、

時には一緒に仲良く遊んでいたものだ。

愚連隊同士ではケンカに成れど

上手く仲裁役が入って治め、

両方から感謝のお礼代わりにお金を頂いた。

それを私は

「コジキじゃねんだ。要らねえよ!」

と言ってはいたけど少しだけ貰った。

後に歌舞伎町や銀座の一流クラブでバーテンをしてたけど、

シャブ売るほうが儲かるので辞めてヤクザになったのだ。

関東では関西スタイルの暴力団として有名な組織で

北は北海道、南は九州まで支部を構えた組織の一員でもあり、

上部団体は江戸時代から続く名門博徒の一家であった。

そんな野郎が創価学会で男子部の班長を務め、

牙城会の会員として宗教を学び、部員の信心や更正指導に回りもした。

いつの間にやら創価学会を退会となったが、

世間から理想とされた組織体制を作り上げた池田名誉会長からは

読書論や指導論など多くのことを学んだと思っている。

17年以上に及ぶ服役期間には

古風な親分さんや凶悪な親分さん、

交番を爆破しようとした左翼の人や

学生運動で警察官を殺したとされて無期刑を打たれ、

36年以上も徳島刑務所で今もなお冤罪だと主張し

お国側と闘ってる左翼の星野文昭さんとも同じ工場であった。

今は病に倒れて亡くなった防共挺身隊の対馬総隊長には

国を守るために精神的にも、肉体的にも強い男に成れと教わったこともある。

右翼や左翼に関心を持つようになったのは

故・野村秋介さんや鈴木邦男さんの影響は強い。

私が作家を志したのも安部譲二さんや故・見沢知廉さんの如く成りたかったからだ。

そして、平成17年に最後の服役を終え、

実話マッドマックスで取材記事や漫画の原作をを書くようになった。

同時期に実話ドキュメントでも後に三冊目の著作本として

「歌舞伎町チンピラのココロエ(第三書館)」の基となる連載が始まり、

今は実話時代で「懲役ジローの全国セイハ」という連載を書いている。

二冊目は「刑務所の奇人変人(道出版)」だ。

四冊目の「裏社会 噂の真相(彩図社)」から発刊され、バカ売れ状態である。

今までシャバでは多くのイベントや勉強会にも登壇や出席した。

自殺、いじめ、陪審員制度、憲法改正、

戦争体験保存の会、資本論、政治勉強会・・・。

私自身が主催した

「塀の中で懲りちゃった面々」

では、

故・三浦和義さんも登壇してくれた。

名前を上げたらキリの無いほど凄い面子のゲストさんたちが

勢揃いしてくれたイベントであった。

「沖縄浦観光ツアー」では伝説の彫師である故・凡天太郎のアトリエや

米軍基地の中や

戦争資料館など普通では見れない所を見たものだ。

日本一の無法街と言われる西成では何度も取材をした。

西成暴動の時には

「他の奴らじゃ話が通じへん、ジローやないとアカンでぇ!」

とお呼びの声が掛かったこともある。

危険な人物を、

危険な場所で、

取材やイベントで

危険な連中と関わって生きてきた。

その分、私が最も危険な人物と思われても仕方ない。

逆に身の危険は元々が承知の上だ。

「シャブ売るな、食うな!」

と懲役ばかりの私は親分に言われ、

それならヤクザしてても

つまらない

と思って辞めた。

私はヤクザはヤクザを苛めてメシを食うものだと教わったので、

当時の頃から恨んでる連中は相当にいるだろう。

けれど、今だに自ら臨んで危険な身に晒してナンボな世界で生きてるのは

私なりの覚悟を持っているからである。

死ぬ気に成れば、

刑務所へ入ったと思えば、

何でも

やる気さえあれば出来る。

でもね、お金を作ることは

なかなか出来ないね・・・(汗)。

|

« 元祖・関東連合の結成宣言 | トップページ | 海老蔵暴行事件の犯人逮捕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元祖・関東連合の結成宣言 | トップページ | 海老蔵暴行事件の犯人逮捕 »