« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

凄い売れ行きらしい・・。

この宣伝効果もあるが、実際にヤバいこと書いただけに

売れないで殺されたら嫌やな・・・。

プロフイールが1967年生まれとなってるのはミスでした。

協力・水無潤、クレージーSKB「殺害塩化ビニール」のMATちゃんなど。

統一戦線義勇軍での街宣写真も、

指名手配中にも関わらず

S学会のフォーラムで講演してる写真とか・・・。

あーあ、また皆にウゾがられる!

決して年齢詐称じゃないもん。100825_0910391

http://www.saiz.co.jp/shoten/pdf/phpwDnkfS.pdf#search='

「裏社会 噂の真相」'

【極道生活26 年、裏社会の元住人が誰も書けなかった真実に迫る】

 裏社会には、様々な噂がある。

 「覚せい剤は北朝鮮で作られているらしい」

「拳銃が一丁30 万円で買えるみたいだ」

「金で殺しを請け負う連中がいるってさ…」

「借金のカタに女性を風呂に沈めるって本当?」

 真偽不明なそれらの噂……本当のところはどうなのか、

気になったことはないだろうか?

 本書はそんな噂の真相を、

元裏社会の住人である人気作家中野ジローが暴露したものである。

 関東屈指の武闘派組織の構成員として26 年、

その間、下獄すること7回、

通算17 年の刑期を務めあげた著者が、

裏社会で見たものとは…? 

裏社会の真相を当事者の目線で書いた、

いまだかつてない〝危険な〟ノンフィクション!

| | コメント (2)

「SAPIO(小学館)」に凄いページが・・・。

『「賭博と闇世界」の掟』という記事が掲載されている。

何だか妙なヤツの姿が・・・。

こりゃあ、読んでみたほうがいい。

裏ギャンブルとか、

公営ギャンブルよりも、

人生博打と思って

生きたほうがオモロいし、

常にチャレンジャーであり続けたいものだ。100827_1247561

100827_1248141

| | コメント (0)

2010年8月27日 (金)

ノアノア様8ヶ月目

これほど可愛い子おらんね。

それを水無は必死で子育てしてる。

こんな甲斐性のないジジだけど、

許しておくれよ、ノア様・・・。

今は実家に里帰りしてるけど、

ノア様に男は手を触れてはならん。

ちゃんと「狂う」のメンバーと、

ほかはジジの許可を必要とする。

あ~あ、ノアノアノアノア・・・。

絶対、世界一可愛い!

| | コメント (1)

お芝居に乱入?

えっとね。

先日の中野ジロー激励会に

ゲスト参加して頂いた鷹取英さんが

この様なお芝居をするのです。

27日、私は見に行くのですが、

女子は見ないもん。

坂本竜馬好きだもん。

絶対チンチンダンスしないもん。

でも、きっとウゾがられることは間違いない!

--------------------------------------------------------------------------------
月蝕歌劇団25周年記念第3弾!

2010年8・9月連続公演

ザムザ阿佐谷

8月25日(水)~29日(日)

「坂本龍馬戦場へ!」

予約・前売\3,800 エクリプス\3,700

当日\4,000 詩劇ライヴとのセット\5,400(劇団扱いのみ)

9月1日(水)~6日(月)

「沼正三/家畜人ヤプー」

予約・前売\3,900 エクリプス\3,800 

当日\4,200 詩劇ライヴとのセット\5,400(劇団扱いのみ)

作・演出◎高取英・音楽◎J・A・シィザー

出演◎しのはら実加・倉敷あみ

・あおい未央・大島朋恵・工藤悦仙・合沢 萌

宇井千佳・牧口元美・白永歩美

・國元なつき・藤原さえ・長島佑依果・本多一麻

一ノ瀬めぐみ(9/4・5のみ)宮崎綾乃

・山本貴子・若松祐矢・柴 哲平・佐倉美沙

泉 季里・中島舞子・惠木みのる・門田京三

・スギウラユカ・岡崎哲也

ひろ新子 ほか月蝕歌劇団

☆國元なつき・藤原さえ・長島佑依果出演決定!

☆一ノ瀬めぐみ(9月4日・5日のみ特別出演)

*出演者は都合により出演できなくなることがあります。

ご了承ください。

8月28日(土)・29日(日)詩劇ライヴ「暗黒に三日月」part1

9月4日(土)・5日(日)詩劇ライヴ「暗黒に三日月」part2

出演◎月蝕歌劇団+オンディーヌ美帆

予約・前売\2,600 エクリプス\2,500

当日\3,000 演劇とのセット

\5,400(劇団扱いのみ)

http://page.freett.com/gessyoku/

| | コメント (1)

2010年8月25日 (水)

本日「裏社会 噂の真相(彩図社)」が発売!

漸く本日発売される。100825_0910391

この本はオモロイこと間違いない。

・ヤクザにまつわる噂の真相

 ヤクザは金を稼いでる?

 ヤクザは何でもシノギにする?

 ヤクザのファションが変わった?

 ヤクザは女にモテるのか?

 高学暦のヤクザがいる?

 ヤクザの部屋住みは厳しい?

  (刺青、破門ヤクザ、小指、ペット好きなど・・・)

・黒い交際にまつわる噂の真相

  芸能界はヤクザが仕切っている?

 外国マフィアが勢力を築いている?

 宗教のバックにヤクザがいる?

 右翼とヤクザが繋がっている?

  (警察、刑期を安くするコツ、刑務所の奇妙な風習など・・・)

・裏社会にまつわる噂の真相

 裏社会では何でも手に入る?

 拳銃が30万円で売られている?

 覚せい剤は北朝鮮で作られている?

  (MDMA、覚せい剤の後遺症、裏ギャンブル、殺し屋など・・・)

そうした内容の本です。

色々と写真も載っている。かなりヤバイのも・・・。

私が行方不明になった時、裏社会の人間に殺されてしまったと思ってね♪

                  (クレームは私が全て受け付けま~す)

| | コメント (3)

2010年8月22日 (日)

西成あいりん地区

明日は

あいりん地区の炊き出し弁当食べよかな?

もう何だか、この土地に染み込んでしまった。

労務者ではないし、

逃亡者ではないが、

何だか妙に気に入っている。

かつて私にとって大阪事変というのもあった。

確かに裏切りと騙しあい、

暴力的な街ではある。

しかし、どこかに情味深いものも残ってはいる。

労務者へ配る炊き出し弁当・・・。

中には偽善的行為という人もいよう。

好きなことを言うのは自由だが、

何事も行動で示し

喜んでいる人がいるのは事実だ。

それを身に行く。

実は殆どあいりん地区化した私が

ただ弁当を食べたい訳ではない。

ここから何かが始まり広がっていく。

現在の包み隠された現実・・・。

ここでしか住めない人もいる。

意外と前ほど治安は良くなった気がするけど、

それは観光シーズンのせいかも知れない。

通天閣から新今宮にかけては多くの観光客で賑わっている。

だけど、夜中になるとシーンと静まりかえって

不気味な雰囲気が漂う西成・・・。

太子の交差点から南にかけてはタクシーも行くのを拒む。

日本一の無法街。

だけど、オジサンから若者は都会よりも元気だ。

やがては、この元気さから日本は変わりいくだろう。

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

「裏社会 噂の真相(彩図社)」という4冊目の本が発売。

100803_1656521 読む人が詠むと、かなりヤバいことが書いてある。

載せた写真や資料も・・・。

もっと本当は世の中、世界が仰天するものを、とは思ったが、

そうなると書店には置けないそうだ。

では、それを書いて密売するか?

いやいや、私は非合法な収益を得ようとは思わない。

この本の内容は

裏社会で拳銃は簡単に手に入るのか?

とか、

外国マフィアのこと

とか、

刑務所のこと

とか、

ヤクザはモテるのか、モテる方法は?

とか、

どうやって裏社会の人間は稼ぐのか?

右翼とか、

芸能界とか、

宗教とか(ボク、ヤクザの現役時代に創価学会の男子部班長でしたよ)、

読者は喜んでも、

ボクは殺されるかも知れない。

それとも何処かから圧力かかって仕事を失い潰されるかな?

それならそれだけの男だったということさ。

まあ、1200円払い読んでも

そうそう損はしないだろうね。

世の中は汚い連中が溢れてる。

マトモな人が可哀相だよね。

ヤクザもマフィア化してるしさ。

カタギだからってことでヤクザよりも小ズルイ悪さしてる。

人生、正面勝負。

暴走族時代はグザグザ運転もしてたけど(現在も自転車で・・・)、

堂々と悪さしてたものだ。

バカ正直がゆえに要領悪くて損もする。

それでもいいんだ。

殺されたって信念は曲げないよ。

関東屈指の超武闘派組織の中でも問題児扱いされてきた。

だってさ。

伝統ある博徒が詐欺師の集団になっていいの?

本音で生きるってことが大切じゃないの?

建前と本音の使い分け・・・。

そう私は教わってきた。

ヤクザは人を生かすこと。

育てる世界だった。

人を殺すことや、

暴力的に物事を解決することも時には必要だろう。

だけども、本来、

ヤクザは弱い者には優しくてさ。

とっても面白いことを提供して世を渡ってきた。

それがヤクザ渡世というものだった。

いつから銭儲けの集団になったの?

もうテキヤも博徒も愚連隊も総じて暴力団と呼ばれるようになってしまった。

それ以上に警察が悪くなって当然じゃないかいな。

最近のアウトローな若者の多くは銭と権力を持つことに執着する。

窃盗、強盗団、詐欺師になったらいけないよ。

あまりカッコいいアウトローじゃないな・・・。

ウソッパチを真実に作り上げることが作家とか物書きの作業ではない。

真実を世に明かすこと、

読者に真相を伝え残すこと、

それが私の使命だと思っている。

そうしたステージも自身で作りあげていく。

そりゃあ、人間は底が知れたらつまらないと思う。

まだまだ私は謎々の世界で生きてる人物だ。

だけど、本物の男に成りたい。

成らねばならない。

将来、可愛いノア様という娘は

こんなパパを如何思うかな?

中野ジローという男として生きる。

いつか必ず分かってくれるだろう。

明日、死んでも悔いはない。

長生きしようと思っても死ぬ時はやってくるしね。

それなりに修行した時代もあった。

毎日を必死で生きてきた。

現在でも作家という道では修行中の身だ。

例え駆け出しの物書きでも

アウトローの最前線で生きてきた。

さてさて、そろそろ日本一の無法地帯

とか、

自ら危険な人物と会い、

危険な地域へと向かう旅の用意をしようかな?

色々な準備をしてね。

アチコチでイベントもするよ。

中野ジロー連合会バンドもやっちゃうし、

お笑い芸人もしちゃうよ。

真剣な真面目なトークライブもね。

私は常に全力疾走・・・。

死ぬまで卍。

暴走族時代、多くの仲間たちがブラックエンペラーに命を捧げて亡くなっていった。

お世話になった仲良しのヤクザが生涯を塀の中で終えることになった。

それを単なる犯罪者だから・・・ということとして世は受けとめるだろうね。

だけど、熱情とかいう熱い心と悲しみが秘められている・・・。

私にも家族がいる。

彼らにも・・・。

私はヤクザや暴走族を辞めても、

男になりたい。

男で死にたい。

その思いが

この本には書かれているのかな・・・。

まだ書き残したい物がある。

果てしなく遠い理想ではあれど、

常に挑戦する精神は忘れない。

戦いの場に自ら臨む・・・。

そして、皆が平和な国の中で生きて欲しい。

妻・水無潤と長女・ノア様に心から真の幸せを・・・。

水無は母となり頑張ってるよ。

強くなった。

更に美しさも増した。

ノア様はスゴ~く可愛い子としてスクスクと育っている。

私は嫌われてもいい。

憚らないけど、

彼女らに「愛」という文字を教えたい。

で、この本の単行本化にご協力してくれた方。

彩図社の方々・・・。

本当に有難う御座いました。

心からご感謝申し上げます。

注・8月25日から27日には書店に並ぶことでしょう。

| | コメント (8)

2010年8月 4日 (水)

西麻布ヒルズさんのお店でお笑いトークライブだよ。

201008032037552

8月9日(月曜日)

『もぎたてコユビちゃん1本目~約束破って指切りゲンマン~』

19時45分開場

20時00分開演

入場料2000円1drink付き

会場「居酒屋西麻布ヒルズ」

渋谷区道玄坂2丁目26-20

藤和エクシール地下1階

中野ジロー×櫻井市長

前科8犯服役生活17年の中野ジローと

北海道のとある市長の御曹司櫻井市長が理性と秩序を持ち、

限り無く建設的なアブノーマルトークライブ。

予約問い合わせは

09026992040

nishiazabu-hills@docomo.ne.jp

F10000121

| | コメント (1)

2010年8月 2日 (月)

暴走こそ我が人生なり(横浜物語)

http://www.youtube.com/watch?v=DO2OgoN9BJY&feature=related

新宿、池袋、大塚、巣鴨、再び新宿に戻って、

渋谷をグルリと自転車で暴走し、

現在、川崎から横浜方面へと・・・。

「横浜について能書きをたれるかも知れません(宇崎竜童さんの言葉)」。

さてさて、何処でも能書きをたれ、

物を書き、歌って、踊り、喋くり回る私だが、

今後も何処に出没するか知れません。

お気軽にお声かけ下さるのは嬉しいけれど、

攫ったり、脅したり、殴ったり、自転車壊したりするなら

いっそズキューン!とカッコよく殺してね。

でも、自分より若い人には嫌だな・・・。

年長者で目上の人とか、カッコいい人なら死に甲斐もあろう。

けれど、男らしく死ねるかは微妙だけど・・・。

何事も全力を尽くすか、

尽くさないか、

男の世界はイエスかノーしかない。

中途半端ならド半端に・・・。

それが私の生き方でござる。

| | コメント (2)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »