« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

統一戦線義勇軍が劇画マッドマックスに!

現在、発売中の劇画マッドマックスに

民族派・統一戦線義勇軍がカラー2Pで掲載されている。

こりゃイケメン元ホストや

ボデイビルダー、

中国拳法の全日本チャンピオン、

フリーター、

元キックボクサー、

やらやら載ってしまっている。

超イカいれた右翼というか

新右翼団体だが、

超右翼と言ってもいいほど、

実は恐れられている、けど、お茶目だ。

だって、肉棒論とかのイベントしてるし、

針谷議長は

男たちの国防論とか、

勉強会などやってるが、

防衛省に火炎瓶投げたり、

チャカ持って捕まったり、

元警察官なのに警察官殴って刑務所は入ってる隊員・・・。

「最も危険な右翼」と言われ、

「いつ針谷も殺されるか・・・?」

という噂を耳にする。

けれど、真面目でホンネを言うから

金で転ばないから

転ぶヤツは好き勝手なことを言う。

「ボクら危なくないですよ」

と議長は言うけれど、

さて、どうだか?

久しぶりのマッドマックスの取材記事だが

オモろいメンバーが揃っているので

今後の動きに注目したい。

「針谷大輔が斬る! 男たちの国防論」

というのを7月8日に

新宿ネイキッドロフトでやるってさ。

夕方6時半入場で、開演は7時からだ。

文芸評論家の山崎行太郎さんがゲスト。

入場料は1500円だし、

男女問わず入場できる。

何を斬るのか?

肉棒を切られないように・・・。

さて、選挙も近づいてきた。

いずれ私も立候補してやるか?

全日本アウトロー会議の議長として

不良少年育成。

暴力団やや排除。

覚せい剤、違法薬物撲滅をスローガンに

けれど、今日、私は池袋警察署へ職務質問されて

喜んで小便を一杯出してきた。

今年は池袋で

NO MORE ドラッグデモするか?

ちなみに本題に戻すが

今回の劇画マッドマックスにはダメヤクザの連載以外にも

私の漫画原作

「中野ジローのサバイバル術(4P)」とか、

「娘を犯した親分(12P)」が掲載されている(私の元親分ではない)。

確かにサバイルとかは、まあ、まあ、ここまで何とか生き延びてるからね。

でもウチの娘を犯したりしない。

合意のセクースしかしないもん。

故に私はノア様と結婚するぞ!Photo 100621__5 100621__2 100621__3

| | コメント (2)

2010年6月17日 (木)

エロと政治のイベントにゲスト参加。

昨日、新宿ネィキッドロフトで

「山口祐二郎の肉棒論」というイベントにゲスト参加したが、

内容的には面白かった。

客席も満員だ。

ただゲストがヤバかった。

室岡徹郎氏は酔い潰れて途中で暴走しダウン。

それを抑え切れなかった司会者の山口祐二郎氏。

何とかオナニーポーズで笑いを得てゴマかそうとしたが、

同じ義勇軍のメンバーは呆れてた。

ゲスト唯一の女子である夢子氏は・・・「?」という顔だった。

結局、政治的にもエロ的にも軍配は、

新左翼の恩田亮氏に上がったと思える。

しかし、肉棒については中野ジロー。

一番の年長でもあり

刑務所で擦り鍛えたサオと、

ジャーニーズ系でモテモテだった若い頃、

場数も違えば事実上、

超美人の妻がいる。

政治的には

価値論と、

政権分離、

宗教について語ったが、

やはり先日、激励会で踊ったチンチンダンスの映像を

スクリーンに映したのが割と好評だったようである。

(現在、チンチンダンサーズはメンバー募集中)

それにしても愉快なイベントだったが、

ある意味、こうした若者の声が今後の政治を変えることだろう。

注目は恩田亮氏である。

法政大学というと前にも彼らのデモやイベントを見に行ったが、

ウゾいイメージが強かった。

なかなかカッコいい若者だ。

山口祐二郎氏は焦らせて・・・というタイプだが、

彼のほうがイケイケそうなので私の肉棒ロケットを飛ばしてみようかな?

第二段も、いずれ開催するらしい。

元カントン包茎と、

現カントンのどっちが勝つか楽しみである。

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

中野ジロー激励会

昨日、阿佐ヶ谷ロフトAで行われた激励会。

吾妻博勝さんと木村三浩代表は来れなかったが

沢山のゲストが来てくれた。

鈴木邦男顧問は元アイドルで演歌歌手の方と。

月乃光司さんは、わざわざ新潟から私の古い日記を朗読。

その壊れた方の一員が愛知県から。

RIKYAさんも試合前だというのに・・・。

高取英さんも・・・。

他、会場には

影野臣直さん、

草下シンヤさん、

神峻さん、

チャンネル・ハルさん、

歌舞伎町の和田アキコさん(?)。

エロマンガ出版社のプロヂューサーさん、

コアマガジンの大島大さん、

ビュジュアル系と、

秋葉原系グラドルプロダクションの社長さん、

民族派統一戦線義勇軍の方たち、

その他、一般人・・・。

まだ更正してないじゃないか、とか、

東中野に名前を変えたらいい、とか、

言いながらも文章上手いと褒められたり、

そんな美人の嫁さん勿体ないと言われたり、

色々とケナされたが、

初のチンチンダンスで喜んでくれた。

実行委員長は、

それ見て勃起。

水無潤もストリップ。

何にせよ、

ノア様が

可愛い

と皆に言われたことが嬉しかった。

いよいよ今度は

16日に新宿ネイキッドロフトで行われる

山口祐二郎の肉棒論に登壇。

ゲイイベントになるのか?

ゲイ術的なイベントだ。

ゲスト、ご来場のお客様、

どうも有難う御座いました。

プレゼントを頂いた

西田さん、チャンネル・ハルさん、

祝儀をくれた

木村三浩代表、

清和崇さん、

倉科茂生さん、

此の場を借りて深く御礼感謝申し上げます。

更なる文章力と、

チンチンダンスの技を磨き、

あと5年はシャバにいるぞ。

そう心から誓いを強く持った今回の激励会だった。

そして、何故、ツルツル坊主だったのか?

オナニーがバレて五分刈りに、

自分だけイッて剃られて反省。

楽屋で着替え中、

歌舞伎町の和田アキコに

水戸肛門を見られてしまったが、

笑って許して下さい。

肉棒論ではサイズとか競うのかな?

それが、やや不安である・・・。Photo Photo_2 Photo_3

| | コメント (0)

2010年6月13日 (日)

今日は激励会で~す。

100602_1628521 歩く18禁と

オレオレ主義の夫婦。

ノリにノッたら何しでかすか?

ヤクザも企業舎弟にしたくない元ヤクザ。

警察官も逃げる中野ジロー。

だが、水無にはズリしたこで反省坊主。

パンツを脱がしながらもシカトで口内射精。

それでツルツル坊主になっての登壇だ。

チンチンダンスグッズまで購入したけれど、

ノア様が色々な面で心配でならない・・・。

今日の激励会には多くの人が来てくれたら嬉しいが

風邪を引いてるとか、

子供の運動会とかで急に来れなくなった人もいる。

多くの人が集まれば水無もストリップをするようだが、

1300円で見られるのに・・・。

遠くから来てくれるゲストと司会者たち。

その人たちの気持ちに感謝。

ノア様の具合も心配だが

ご来場者の数も心配だ。

それでもヤルことに意義がある。

店側は儲からなければ、

とは思うだろうが・・・。

目先の利益より、

後に繋げていくことが大切だ。

真面目な部分と

ふざけた部分との混合。

後で行けば良かったと思う人も多かろう。

さて、早起きしてしまった。

二度寝ができない中野ジロー。

如何なる結果となるか?

お楽しみに・・・。

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

中野ジロー激励会のお知らせ

いよいよ今度の日曜日だ。

客席がガラガラだと如何しよう?

ノア様はロタウイルスも回復し

退院したけど、

何かあったら大変だ。

それには夫婦揃って

スッポンポンになり

笑わすしかないであろう。

しかし、ご来客者の数が心配である・・・。Photo Photo_2

  ザ・アウトロー作家・中野ジロー激励会

7回目の服役後、作家を志し数々の連載を持ち、3冊の本を出版化。

各メディアにも裏社会のジャーナリストとして取り上げられるようにもなった。

28年間に渡るヤクザ組織とも離脱し、

19才年下のエロ業界屈指の変態美女ストリッパー水無潤と入籍。

昨年12月には長女ノアチャンも誕生。

出所5年が経ち、社会生活も最長記録を突破。

歌舞伎町の問題児として「更正不可能」と烙印を押された男である。

そこまで辿り着くまでには決して平坦な道ではなかった筈だ。

その彼の更なる活躍を期待して、

出版と出産の祝いも兼ねた激励会を行うことに・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

司会

・針谷大輔(統一戦線義勇軍中央議長)

出演

・中野ジロー

(作家・ジャーナリスト・全日本アウトロー会議議長

 ・覚せい剤、違法薬物撲滅活動家)

・水無潤(ストリッパー・作家・英会話教師・女優)

・ノア様(世界可愛い赤ちゃんチャンピオン優勝?)

ゲスト

・鈴木邦男(一水会顧問)

・木村三浩(一水会代表)

・高取英(月蝕歌劇団代表)

・RIKIYA(新宿ジム代表)

・月乃光司(こわれものの祭典代表)

 更に特別ゲスト参加予定。

主催・中野ジロー激励実行委員会

場所・阿佐ヶ谷ロフトA

杉並区阿佐ヶ谷南1-36-16-B1 0359293445)

日時・6月13日(日)午後12時30分入場 午後1時開演。

入場料・1300円(飲食代別)

以下、イベント内容です。

一部

司会者挨拶、開会の言葉、次々とゲストの登壇。

各ゲストからジローと初めて会ったキッカケや印象を語って頂く。

悪口的なのも好き勝手言い放題。

ジローがステージに登壇。

「何だか皆さん、言いたいこと言ってますね。

それなりに私も頑張ったつもりですが、だから

激励会なんでしょ?」的なノリで・・・。

ここで少し休憩。

二部

今までの取材記事、漫画原作、漫画、連載、覚せい剤撲滅運動のこと、

全日本アウトロー会議の結成、イベントなど活動を。著作本も紹介。

ゲストたちも含めて感想など語って頂く。

父親は亡くなったけど、ジローは結婚し娘も生まれて殺されても死なない宣言。

妻や娘の紹介。今後は色々な面で更に頑張って貰わないと、的なことを・・・。

ここで少し休憩。

三部

今後のこと。映画化とか俳優も目指し、お笑い芸人、バンド結成してライブ活動など。

次の出版本の紹介。

そのことをゲストや会場の人から意見、感想を述べて頂く。

出所5年が経ち、更なる前進を誓う。

・出版社5、6社関係者が御来場の予定。

・雑誌掲載も予定。

集合写真など撮影も予定。

撮影不許可者は撮影御遠慮も可能。DVD収録も予定。

およそ3、4時間の開演。

適当にゲストはステージから降りて楽屋で御休憩も可能。

何か物品販売できる物も持ち込み可能。

何か出版本やイベントなど告知も。

実行委員長は山口佑二郎という24歳の男。

妻のストリップ、ダンス披露、ジローのチンチンダンス披露なども予定。

二次会場所は未定ですが、居酒屋か居残りで催すことも予定。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »