« 今日は入籍記念日 | トップページ | 押尾学さんと刑事さん・・・。 »

2010年1月 4日 (月)

男の抱っこは世界を救う

私は抱っこの達人である。

不眠症の水無もコレで眠る。

我が娘のノア様も何だか不機嫌で「オギャー」と泣いても、

コレでスヤスヤと眠りにつく。

それも乙女のような目で

ウットリと見つめながら・・・。

既にノア様は私を恋人に選んだようだ。

水無の周りには大金持ちの男も居れば、

私より男前で歯も小指も有り前科の無い男は多い。

しかし、水無は私と結婚した。

目当てはコレだった。

けれど、コレはノア様にも必要不可欠のもの。

確かに水無のオッパイが無ければノア様も生きられない。

私も水無の母乳をペロリと舐めたことがある。

まるでミルキーの何倍もミルクの味が口一杯に広がった。

こりゃあ、美味い。

そして、水無は母親となって更に色気が増す一方。

かつては派手な夫婦喧嘩もしたが

ノア様の前では互いに酷い言葉を慎むようになった。

時に私は東京へと戻る。

この二人がコレ無しで居られるか?

日に日に成長する水無とノア様。

私も成長しなくてはならない。

抱っこの技も更に磨きをかけねば飽きられてしまう。

他では一切の抱っこは禁止されている。

勿論、その気も更々無い。

けれども男性にだけ有料で指導するか?

んんん、それは恐るべし結果となりそうだ!

|

« 今日は入籍記念日 | トップページ | 押尾学さんと刑事さん・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は入籍記念日 | トップページ | 押尾学さんと刑事さん・・・。 »