« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月23日 (土)

スペクターと北陸の暴走族が結束

一昨日、富山と福井の若者2人と居酒屋スペクターへ行った。
100121_2241241
中井に新宿総本部を置いたスペクターの加々美恵三さんに彼らは気に入られていた。

私は阿部勝弘の仏壇に線香を上げてきたが、

あの店へ行くと我が家の如く感じてしまう。

若者から高齢者までワキアイアイなムードで

和やかに酒を飲んでいるからだ。

何故か富山県の水無の実家近くに住むオジサンもいた。

まあ、阿部が亡くなってから1年以上が経つ。

お店の按配が如何だか気になったが、

割と繁盛してるようで安心した。

さて、今日は色々な打ち合わせと、

新宿東口で街宣でも邪魔しに行こぉ~っと!

| | コメント (1)

2010年1月20日 (水)

世界一可愛い女の子

これほど可愛い子がいるだろうか?100119_1255271

絶対、この世にノア様より可愛い子は居ない筈だ。

居るなら出て来い、という感じである。

もう生後一ヶ月を過ぎた。

妻の水無は既に英会話を教えている。

何しろ、英会話教師の資格を持つ水無だ。

けれど、ストリップとかエロいことは教えてないようである。

韓国でアイドル歌手をしてた経験のある水無は歌も教えているが・・・ヤバい。

彼女の音痴は私以上であり、

ヘタすれば騒音罪が適応されてパクられる可能性も高い。

現在、私は東京で、

水無は富山でと別々に暮らしているが、

さてさて、心配で堪らない。

もしかしてパパのことを忘れてしまってないか・・・。

でも、いつかは別れの時がくる。

先に死ぬのは私だ。

組織を破門された私が街を堂々と歩いてることや、

雑誌とかに出たり、

本を出して、

「あんチクショー、儲けてやがるな!」

とか、

「ベッピンの嫁を貰いやがって・・・!」

と妬む連中もいるようだ。

物を書いても大して儲かってはいない。

ベッピンの水無と結婚すりゃ色々と大変なこともある。

そりゃあ過去に不義理もすれば

苛めたヤクザもいるさ。

だが、ちゃんと義理は義理で忘れてはいない。

私を嫌いなヤクザ及びタチの悪い一般人たち。

ヤクザの看板は失っても

チンチンは付いてるぞい。

真面目にコツコツと物を書き、

必死で妻子を養う努力をする私を殺るなら殺れ。

なぶり殺しは嫌だけどね。

それに可愛いノア様に指一本でも触れてみろ。

全日本ノア様大好き同志会が攻撃するぞ。

でも、悩むよね。

このノア様も

いずれは誰かに処女を奪われるのだろうか。

年老いた私がオリモノシートとか貼らされるのだろうか。

何だかノア様のことを考えると

不安で不安で仕方ない。

という今日この頃である。

| | コメント (0)

2010年1月19日 (火)

押尾さんの関係者・・・。

押尾さんと関係があった人が出所した。

再犯なのに上手く執行猶予?

そして、その人が著名な人(仮にTさんとしておきます)と公の場所に二人で現れたと・・・。

著名なTさんが押尾さんと何かと関係しているのは事実。

関係者同士が手を組んで生き延びる。

そりゃあ、金は腐るほど持ってる人だし・・・。

私はTさんとは二度お会いしたが

一度目は私が恩人と慕う人の飲み会で

Tさんはヤクザとエロい話ばかり・・・。

エロは兎も角として

ヤクザを背景に幅を効かせるTさん。

私を気にしてたようでペコピクと顔が引きつってたような・・・。

そんなガラ悪い態度じゃなかった私なのに・・・。

二度目は話しかけなかった。

その場を仕切ってたTさんに悪いもの。

三度目は・・・・。

乞うご期待を!

| | コメント (0)

2010年1月18日 (月)

ヤクザの手配書と御用達病院

Photo 先月号の「実話漫画ナックルズ」に書いた記事が掲載されている。

「ヤクザの手配書」とういうやつだ。

破門状のこととかも書いてある。

「見つけた方はご連絡下さい」

とか書かれて業界内にバラ巻かれる。Photo_2

それほどの悪さを私はしてないはずだ・・・たぶん。

それと漫画で「ヤクザ御用達病院」というのにも取材協力した。Photo_3

行きつけの病院なので行きづらくなったが通っている。

シャブ抜きのためではない。

肝臓の薬を貰いに行ってるのだ。

お客はヤクザとオカマチャンが多いけど、

お医者さんの話が面白くて堪らない。

もう2月号は売ってないからバックナンバーを取り寄せてお読み頂ければと思う。

富山県に行ってて雑誌が手元に届いてなかったのでアップが遅くなりゴメンなさい。

今は東京の自宅に戻った。

男なら、

夫なら、

娘のためにも、

お仕事、頑張らなければ・・・!

| | コメント (1)

2010年1月17日 (日)

実話時代BULLの連載2回目とか・・・。

「渡世仕分け人・中野ジローのムダ噺」という連載の二回目だ。100114
今回は歌舞伎町のど真ん中で袋叩きにあった時のこと・・・。

それにしても東京に来て色々と忙しい。100114_2
神奈川県のプロダクション(音楽関係)の新年会に行ったが
終電に乗り遅れて100114_3 6時間歩いたり、
今月に発売される「歌舞伎町チンピラの心(仮・第三書館)」の
最終ゲラチェック・・・。
合間を見て劇画マッドマックスで連載中の
「我輩はダメヤクザである」を書いたり、
次の本の内容を考えたり、
取材企画の段取り練ったり、
御挨拶回りしたり、
区役所の子供家庭課という所へ届けに行ったり、
色々とやることだらけ・・・。
皆は「寒い、寒い」と言うけれど
富山県と比べたら大したことない。

出産祝いをくれた人。
元某出版社の学さん=現金
現某出版社のパンチさん=カレートッピング券
某社長=ブランド幼児服
某社長=現金
などなど・・・。

それにしても歌舞伎町のど真ん中で米沢という
私の「刑務所の奇人変人(道出版)」に登場する人物が
弱いくせに喧嘩してやがった。
勿論、止めたけど・・・。

さてさて、今日もサウナ泊まり・・・。
月曜日には我が家へ帰れる。
でも、ノア様と水無は富山県。
原稿書き書きするけど、
チンポコカキカキするのは禁止。
イベントやデモの準備もせねば・・・。

ノア様のために頑張るのだ。

| | コメント (0)

2010年1月11日 (月)

審査員と特別ゲスト・・・。

先々日、オートバイを持ち上げて投げる

会社の社長は緊急の用事にて次回に・・・。

その後で新宿歌舞伎町で2人の若者と会った。

1人は私が10人で向かって行っても勝てそうも無いほどデカかった。

もう1人は淡々とした色男でプロダクション関係者・・・。

そして、深夜の12時過ぎからイベントを見に行った。

こわれものの祭典の月乃光司さんが参加するパフォーマー選手権。

私は何故か審査員。

月乃さんは一回戦で敗退。

エントリーは4人だけだったが・・・。

「次回は是非とも参加して・・・」100110

と主催者の方に言われたが

さてさて、マジでやってもいいのか、

チンチンダンスを・・・。

お笑いでも、

詩の朗読だって

何でもやるけどね。

上手い下手ではない。

挑戦することだ。

満喫で寝て

今日、ご挨拶に伺った先輩の家の壁には書いてあった・・・。

「失敗の無い人生は失敗だ!」

とね。

その先輩は何億も借金したかと思うと

何億と稼ぐ・・

今は高級マンションの10何階に住んでいる。

こうも言ってたね。

「金を幾ら持ってるかじゃない。どれほどの人脈があるかだよ」

その言葉には説得力がある。

並大抵な人物ではない。

家にはお金を借りに来てた人がいた。

「金に困ってくる人間は何も言わずとも貸してやる」

そういう人なのだ。

私はノア様の衣類を沢山貰い

煎餅食べて帰ってきた、歌舞伎町に・・・。

それで昨日はサウナで眠った。

今日は横浜で行なわれるプロダクション関係の新年会に特別ゲストで呼
ばれてる。

詳細は不明だが行こうと思っている。

休み明けは仕事と部屋の整理で大忙しいが、

生きてる限り、やれることはやる!

| | コメント (4)

2010年1月 7日 (木)

打ち合わせ&男&水無潤のお誕生日

昨日は富山県から東京へ戻り、

午後8時から新宿で某出版社の方たちと初顔合わせ。

喫茶店からゴールデン街。

終電の時間まで本の打ち合わせをした。

私より年は下でも、

やっぱり、

なかなかの出版社だ。

凄い編集長と編集員たち・・・。

とても楽しかった(私は)。

おそらく調子に乗って

幾つかの失言はしたであろう。

何せよ、東京は暖かい。

富山県は雪で埋もれてたし・・・。

皆様と別れてから歌舞伎町をプラついた。

私の「刑務所の奇人変人(道出版)」に登場する

「米沢」が例の如く例の場所に居たので

「おい、本買ったのか?」

と訊いたら

「ええ、凄く面白かったッス・・・」

って本当かよ、あのお調子者め。

で、その日は我が家へ帰らず満喫で眠る。

それで今日は午前中から川崎に。

何かとお世話になってる方々と会った。

現在はガキの頃から

「男とは?」というものの指導を受けてる

大先輩の処で御厄介。

明日は昼頃から大先輩の先輩とお会いする。

ガキの頃から一番怖かった人だけど、

とても今は優しい。

「ジロー♪」

と声を掛けられても

あのオートバイを持ち上げてブン投げた姿や

人の腕とか食事しながらポキポキ折ってたのを思い出す・・・。

今では大会社の社長さん。

それにしても、

今日は水無のお誕生日。

おめでとうネ。

ジジはノアのためにも頑張るの。

だから、ババクラに戻らないでおくれよ・・・。

ノア様は体重も3000超えたし、

スクスクと育っている。

きっとパパが居なくて淋しがってる筈だ。

寒くても風邪ひかないでね。

ヒーターで酸欠にならないでね。

あ~あ、抱っこしたい・・・。

| | コメント (0)

実話時代の連載は面白い?

現在発売中の「月刊実話時代」100107

連載二回目の「懲役ジローの全国セイハ」

読者に好評だろうか?

これは全て実話である。

今回のは、

大のカラオケ好きな大親分の大オンチに恐れる若い衆の話。

と、

バック出来ない大の車好きな組長(大先輩)の話だ。

まあ、ヤクザで大物に成る人は何処か通常ではない・・・。

長く続けばいいなぁ、この連載!100107_2

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

明日から東京へ・・・。

明日から東京へ私だけ戻る。


今年一年の生計を立てる準備。

色々な人へ挨拶に回り、

仕事や活動の打ち合わせ。

新たなる住居と荷物の整理。

何事も出だしのスタートが肝心だ。

その間、ノア様と離れ離れになる。

日に日に顔が整うノア様。

少しずつ大きな身体になるノア様。

何日、離れて暮らすだろう。

水無はママらしくノア様のお世話をしてるが、

それでも何かあったらと思うと心配だ。

何だか召集令状が届いて戦争へ旅立つ兵士みたい。

私の行動でノア様や水無の暮らしが決まる。

男としての、

夫としての、

親としての責任を、

役割を果たす・・・。

苦労させたら水無は、

「チンシミ~!」

と叫び、

ノア様は生後間もなくグレてしまう。

側に付いてないと生きられない2つの女子。

パパは結果を出して戻る。

あ~あ、離れ~が~たしの・・・。

| | コメント (1)

2010年1月 4日 (月)

押尾学さんと刑事さん・・・。

女性死亡 押尾容疑者を再逮捕
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1067635&media_id=4

この「適切な・・・」という箇所。
MDMAを食らってて適切な判断が出来るかな?

かつて私の知人が女の首を絞め殺してしまった事がある。
その時、二人ともシャブを食らってた。
知人は何とか殺人だけで起訴されシャブの使用は免れた。
そして、東京拘置所へ移管。
私はシャブの使用でパクられ知人と入れ違いで留置場へ入った。
担当の刑事は言ったね。
「ヤツも使用で起訴されたほうが刑期も安いのに・・・」
要するにシャブとか薬物でテンパッてて
頭がイカれてた事にすれば・・・という事だ。

押尾さんも、そう判断されるかな?

又、その刑事さんは、こうも言ってた。
「K・K(漫才師のセガレにて俳優)も、そろそろパクる・・・」
だけど、世の中は変だよね。
そう言ってた刑事さんがシャブ食ってパクられた。
譲り渡したのは私の先輩・・・。
その先輩の親分が知人の家を借り若い衆に住ませてた。
今の処、K・Kはシャブでパクられてない。
別件ではパクられたけど・・・。

押尾さんの件を本庁はマジで解決できるか?
世間体を気にしての、
遺族の事を考えての逮捕?

赤坂さんという人も新宿でパクられた。
沢山の芸能人がシャブや違法薬物で・・・。

もう一般市民の方々も飽き飽きのニュースだね。

けど、1つの生命と何人かの名誉とかっていうもの。
秤にかけるまでもない・・・。

適切な判断を、
誰が如何と判断するか?

やっぱり鬼平犯科帳の平蔵が世に必要だ!

| | コメント (0)

男の抱っこは世界を救う

私は抱っこの達人である。

不眠症の水無もコレで眠る。

我が娘のノア様も何だか不機嫌で「オギャー」と泣いても、

コレでスヤスヤと眠りにつく。

それも乙女のような目で

ウットリと見つめながら・・・。

既にノア様は私を恋人に選んだようだ。

水無の周りには大金持ちの男も居れば、

私より男前で歯も小指も有り前科の無い男は多い。

しかし、水無は私と結婚した。

目当てはコレだった。

けれど、コレはノア様にも必要不可欠のもの。

確かに水無のオッパイが無ければノア様も生きられない。

私も水無の母乳をペロリと舐めたことがある。

まるでミルキーの何倍もミルクの味が口一杯に広がった。

こりゃあ、美味い。

そして、水無は母親となって更に色気が増す一方。

かつては派手な夫婦喧嘩もしたが

ノア様の前では互いに酷い言葉を慎むようになった。

時に私は東京へと戻る。

この二人がコレ無しで居られるか?

日に日に成長する水無とノア様。

私も成長しなくてはならない。

抱っこの技も更に磨きをかけねば飽きられてしまう。

他では一切の抱っこは禁止されている。

勿論、その気も更々無い。

けれども男性にだけ有料で指導するか?

んんん、それは恐るべし結果となりそうだ!

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »