« 押尾さん、とっくに・・・。 | トップページ | バーテンとして働いてた頃の写真を公開 »

2009年12月13日 (日)

実話時代BULLに書いた・・・。

0912_3 0912 今月発売された「月刊実話時代BULL」に掲載。

題名は「渡世仕分人『中野ジローのムダ噺』」である。

①納豆事件。

ある親分さんと、そこの舎弟さんとトラブった時の話だ。0912_2

ジロー「テメエ、人の名義使って・・・云々」

親分さん「懲役で納豆やっただろ?」

ジロー「うるせい、詐欺師野郎!」

親分さん「ナニッ、このチンピラ野郎!」

ジロー「納豆返すから五百万払え!」

ってな会話であった。

これが広域指定暴力団某会執行部クラスの親分さんが吐く言葉かいな?

笑っちまって下さい。

30万は間に入った社長さんから貰ったが、まだ未決着だ。

で、その舎弟さん「I村」を探してま~す。

また刑務所にいるのかな?

これ読んだかな?

それとも娑婆でミクシーやってたりして・・・。

名前を公表されたくなかったら、

「凄く面白かったです。ズーッと続けて読みたい!!!」

という手紙を何百通ほど出版社に出せば許さんでもない。

まあ、騙された私もバカはバカだが、

あんまりバカにするな!

広域不指定暴力ペン団ジジ会のバックにゃ、

美し過ぎてコワ~イ妻の水無潤が付いとんが、わらbleah

|

« 押尾さん、とっくに・・・。 | トップページ | バーテンとして働いてた頃の写真を公開 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 押尾さん、とっくに・・・。 | トップページ | バーテンとして働いてた頃の写真を公開 »