« 重版「刑務所ぐらし(道出版)」 | トップページ | 明日は酒井法子さんの判決公判というドラマ »

2009年11月 8日 (日)

「歌舞伎町チンピラの心」の読者たちの心

「刑務所暮らし、歌舞伎町チンピラの心、水無潤さんの連載、とても面白かったです。僕が捕まってた時、ジローさんの連載を読んで、「おもしれえ」と言ってた奴がたくさんいたのが強烈な記憶にあります・・・」という読者の感想。

「歌舞伎町チンピラの心はちらっと読んで ジジの熱の入れようが分かりました。 早くママに見せたい~ 。父ももうちょっと日本語読めれば・・・ 楽しみです!」 という妻の感想。

ちなみにジジとは私のことです。


そりゃあ、当時は現役だった・・・。

「歌舞伎町の・・・」は本当の実話を元にしてます。

組織を抜けたくても

形式だけは抜けたことにしてくれても

なかなか抜けさせてくれず

世間をゴマかす自分との葛藤の中で、

マスコミ嫌いな組織の中で

マスコミの仕事をしてました。

その本当の事実も、いずれは書きたい。

いや、書かねばならぬ。

真実は作りものより強く面白いと思うし、

本当のヤクザの実態は世に伝え残さねばならない。

それがノンフィクション作家として

1人の人間としての使命であり、

針谷議長とか私のために自身のことよりも

心配し支えてくれた友人の熱い気持ちに応えることだけど

やはり出版社はビビります。

妻や娘のことを思えば命かけたくないし、

守らねばならないけど

死を前提にして生きるのが男であります。

けど娘の成長も見届けたいし

男はつらい・・・。

その時の精神状態や感情が
私の書くものに、
そのまま現れる・・・。
特に「歌舞伎町の・・・」の後半は
何かとストレスが爆発し、
荒れたチンピラの心が物語に反映してたと思う。
お父さん・・・。
読まなくても
生のジジを見れば
読者よりも楽しめるでしょう。
水無の連載のほうがオモロイよ。
生ジジのストーリーだから・・・。
とか何とか書いちゃいました。

|

« 重版「刑務所ぐらし(道出版)」 | トップページ | 明日は酒井法子さんの判決公判というドラマ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 重版「刑務所ぐらし(道出版)」 | トップページ | 明日は酒井法子さんの判決公判というドラマ »