« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月28日 (金)

酒井法子さん、起訴。「脱ポン中の会」を代表して一言!

酒井法子容疑者を所持で起訴
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=943878&media_id=2

ここ10年ほど前から裁判を維持できないと判断した事件でも起訴するケースが多くなった。

状況証拠を集めれば物的証拠とすることができるからだ。

それと世間に法の厳しさを示すためでもある。

又、長い期間を拘留させ、接見を禁止されれば精神的にも堪える。

子供を持つ親なら尚更辛かろう。

色々とペラペラ喋らせ、他の事件なども自供させたり、

様々な情報を入手する手段でもある。

私は覚せい剤で17回逮捕され、起訴されたの事件が8回・・・。

通算17年以上を刑務所で服役したロクデナシであった。

最後に出所して4年2ヶ月になるが、その過去は一生消えやしない。

だが、男は経験をプラスに切り替え、前へ前へと進んでいかねばならない。

密売に携わることは止めた。

無論、使用することもである。

現在は物を書くことを職業としている。

何度も挫けそうになった。

今、私の妻のお腹の中には女の子がいる。

妻も元ポン中だ。

MDMAの前科もある。

時に「シャブ食いた~い!」と口走ることもあった。

しかし、妊娠してからは違う。

シャブの「シ」の字も取材など以外では口にしないようになった。

「のりピー、可哀相。子供も・・・」

そして、

「高相、生きてる価値ない!」

とまで言う。

私も19才年下の妻の手本として生きなくてはならない。

子が生まれれば娘が2人いるようなものだ。

高相祐一さんも報道に出ない部分では妻を庇っていると訊く。

どんな結果になろうと、経緯が如何なるものであっても、

すべて男の責任だ。

日本の非常時に立ち向かうのは男であり、女に笑われてはいけない。

世の男たち、

ポン中たち、

強く、国を、家族を、

友人を守れるようになろう。

近頃の女は強い。

酒井法子さんも起訴されたが、強く頑張っているはずだ。

供述もヘタなヤクザより上手く戦い腹も据わっている。

高相祐一さんも頑張って欲しい。

もっと、もっと、私も頑張るから。

元ポン中から這い上がってみせるからさ!

| | コメント (1)

2009年8月25日 (火)

週刊フラッシュに元ポン中夫婦で出てます!

Photo 本日発売の『週刊フラッシュ(光文社)』に酒井法子さんと高相祐一さんの記事が掲載されている。

覚せい剤SEXについてなどだが、それに関して私と妻・水無潤が取材をうけた。

夫婦で使用していると止めるのは困難だ。

まったく経験の無い相手だとバックれて使用する。

私は一目見れば食ってるか判断でき、売り先が予測できれば密売ルートを絶つ技も知っているつもりだ。

ようやく刑務所を出所して4年以上が経ち、ポン中の世界から抜け出すことができた。

シャブを止めるには一切の関係者との付き合いを遮断するか、シャブ嫌いな人間と常に接触するよう努めるかである。

私は小まめに交番や警察へ顔を出すようにしている。

何かと仕事の情報を入手するためであり、決してチンコロしに行く訳ではない。

そして、わざわざ職務質問を受けるような派手な格好で出歩くのも効果的だ。

刑務所へ入りたい人間なら別だが・・・。

最愛なる妻にも、生まれてくる娘にも、

私は一家の大黒柱として脱ポン中の手本に成ってみせる。

娘よ、Photo_2 Photo_3 親の悪いところを受け継がす、

反面教師として捉え、

良い子に生まれ育って下さいね!!!

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

男だって愚痴るさ!

09 0911 Photo_2 Photo 10 劇画マッドマックス10月号が発売されている。

私の連載「我輩はダメヤクザである」が11回目を迎えた。

いよいよ第一回目の小指を詰める時の話である。

それにしても「再起をかけた男のヘタ打ち回想録」とサブタイトルもあるが、

妻・水無潤の連載「あたくしはダメヤクザの女房でございます」を読むと、

私は全く再起などかけてないダメ男丸出しだ。

冗談ではない。

毎日、買い物に走っては食事を作り、

寝る時には

「イイ子ちゃん、ネンネ~」

と寝かしつけている。

フロもトイレも同行し

肩や腰を揉みながら原稿を書き

次の企画を練ったりしてるんだ・・・

とブログに愚痴を書いたらダメ男になるから止めとこう。

でも、いいや。

水無のお腹の中にいるムスメは分かってくれる。

ゼッタイ、私に似てるしファザコンに成るのは間違いない。

ゼッタイ、水無の如くエロムスメにゃ成らないはずだ。

それを心から祈り願いつつ

刑務所で覚えた我慢と忍耐で、

暴走族で先輩に鍛えられた根性で、

必ず仕事で結果を出してみせる!!!

ちなみに「地下社会のタブー(コアコミック)」に

水無潤の原作が掲載されている。

『在日AV嬢の『逆恨み殺人』告白」という漫画だが、

本当に恐ろしい女で困ったちゃんだ。

もっと才能があるんだから書く意欲を持って頑張って欲しい。

もっともっと私は頑張るからさ!!!

| | コメント (0)

2009年8月21日 (金)

女の子が生まれます!

妻・水無潤のお腹の中には女の子がいます。私の娘です。宝です。神様です。もう刑務所へは入りません。ずーっと娘の側にいます。女の子を欲しがってた水無は早くもバカ母になってますが私は大バカジジィです。これは超音波の3D画像ですが4Dの動画も撮りました。口をパクパクと動かしてたし、ちゃんと小指もありました。刺青も彫ってません。勿論、前科もありません。勿論、覚せい剤とかの経験もありません。超美人でスタイルも抜群です。まだ処女です。この可愛さに水無も降参しました。水無家の両親に取られるもんかいな。初孫だからって最初は中絶を勧めたんだ。私は「ダメ、ゼッタイ!」と答えて婿のくせに突っ張った。そりゃあ育てるのは大変だ。只でさえ水無潤を育ててる。人がやれないことをやってやるさ。10月には新刊本も発売される。刑務所のことなら、ヤクザのことなら、覚せい剤のことなら、暴走族のことなら、裏社会のことなら詳しいぜい。ただ女のことは詳しくない。さあ、どうしましょ・・・?210821

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

携帯電話にプリクラって魔除けに貼るの?

歌舞伎町のゲームセンターでプリクラを撮った。

周りは全て若い女性である。

満50才になる私は恥かしい。

それに水無以外の女子を見てはいけない決まりがある。

ちゃんと許可を貰わなくてはいけないのだ。

「あの子、可愛い、キレイね・・・」

と言われて「そうだね」などと答えたらケリが飛んでくる。

そうはイカのキンタだ。

その手は桑名の焼きハマグリだ。

故に外出時は黒いサングラスをかける。

それでも何処を見てるか隙間から見てる時がある。

もう他の女子を見ないクセがついてしまった。

勿論、水無以外を見る気はない。

関心もない。

だが、やたらと水無を男子は見る。

「写真撮っていいですか?」

少し私と離れてると声もかけられる。

私に声かけるのはガラの悪い人ばかりだ。

最近はオマワリさんも私を避ける。

彼らにとってウザい存在なのかも知れない。

何しろ、話だしたら止まらない私だからだ。

そりゃオモロい情報を聞き出す良い機会と思うからである。

そのうちオマワリを職務質問して一緒にプリクラを撮ってやる。

まあ、本当にプリクラはオモロいものだ。

色々と落書きするのも楽しい。

ガキの頃から授業中には教科書に・・・。

暴走族の頃はガードレールに・・・。

ヤクザになってからは当番帳に・・・。

刑務所では雑記帳に・・・。

今では実話マッドマックスなどの雑誌に・・・。

何才になろうがプリクラを撮り落書きを描いてやる。

ちなみに私の携帯はプリクラだらけである。

これも水無曰く魔除けの効果があるらしい・・・。
Photo Photo_2 Photo_3

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

一水会フォーラム・元プロレスラー

2 久しぶりに一水会フォーラムに行ってきた。

知人の相談とか受けてたので会場の高田馬場サンルートホテルに着いたのは殆ど終了間際であった。

講和条約とか講師の先生が話してたが私にはよく分からない。

しかし、妻の水無潤は理解してたようだ。

流石にニューヨークの大学へ通ってただけある。

真剣に聞き入っていた。

何しろ、講師は元プロレスラー・・・。

プロレスオタクの水無には感激でもあっただろう。

二次会にも参加して講師を熱い視線で眺めてた。

どうも私は妻を見せびらかしにいっただけのようだった。

鈴木邦男最高顧問や木村三浩代表も「美しい」と言ってくれた。

余は満足じゃ・・・。

やがて講師と代表は子供の自慢話を始めたが、ゼッタイに生まれてくる我がコドモマンのほうがカワイイはずである。

それにしても講師は・・・凄い男だ。

あの人は現役時代と変わらず強いオーラがオラオラと漂っていた。

そして、勉強も凄くしてる。

年齢は1個上だが誕生日は私と同じ1月24日・・・。

勝手に親近感を覚えるが負けられない。

もっと水無に勉強とかエロエロと教えて貰うつもりだ。

逃げ足と口ゲンカを鍛えてやるぜい!!!

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

のりピーも読んだ?

ポン中必読書である。酒井法子コトのりピー様も読んでくれたのかな? テレビの報道もそうだけど(止めよう、忘れよう、薬の誘惑を絶とう!)と思ってる人には良くない。「ダメ、ゼッタイ!」のポスターを見て売人の所へスタスターッと買いに行くポン中も多い。刑務所の中でも覚せい剤教育を受ける連中もシャブの話を聞きたいから申し出るシャブ事犯者が多かった。この私が書いたのを読んで(一発やってみようかしら?)とのりピー様が思ったのならゴメンなさい。それにしても高相って野郎は表通りも裏通りも歩けないね。優しいヤツだったのに・・・バカだ。世の中、すべて男が悪い!!!

妻の水無潤も元ポン中だ。警視庁本部の女子留置場を経験し昨年に執行猶予が取れた。交際以後、二度と手を出さないよう監視してる。それが妊娠発覚以来は逆になった。私は妻を上回る元大ポン中だ。警察で入手できない情報も、そこらのポン中よりも詳しいのが自慢だった。そのぶん誘惑はゴロゴロしてる。これから一児の父親となる立場だし一家の大黒柱として自分に負けるのが妻は心配なのだ。負けねえさ。本当の男らしさ、父親らしさってものを見せてやる!!!

『全国覚せい剤汚染地図(竹書房)』

http://jiro-nakano.cocolog-nifty.com/photos/nrb/photo_14.html

| | コメント (1)

「不良伝説ZERO」

「不良伝説ZERO(コアマガジン)」から発売中のコミック本である。これが結構な売れ行きらしい。

「実録 歌舞伎町 少年ヤクザがいた時代」16P掲載。

この原作を私は書いた。昭和53年、道路交通法の改正から暴走族の取締りが強化。更に幅を利かさんと暴力団組織に加入する若者が増加。繁華街を闊歩する少年ヤクザの時代がやってきた。う~ん、懐かしい思い出である・・・。

「歌舞伎町のタマ潰し狂人・ガジリ屋ガン吉」12P掲載。

この原作も書いた。う~ん、キンキンタマタマタマタマを潰されたらツライ・・・。

「元ヤクザ・中野ジローの『本当にあったワルな話』」4コマ漫画6作品掲載。

第二弾も発売予定です!!!Photo_3

Photo Photo_2

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水)

元ポン中結婚披露宴『狂った極道&AV嬢夫婦』

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 結婚披露宴の記事が掲載されている。
実話マッドマックス9月号にカラーグラビア4ページだ。

こりゃ参った。
どう見ても私はド変態扱い・・・。
清く正しく美しく。
そのイメージキャラだったはずなのに、
悪くズルく凄まじく、
狂った極道とされている。

観客動員300人だとさ。
そりゃ鳥肌実見たさにくるわな。
だが、ご来場下さった方々は、
新婦・水無潤の美しさに参った。
新婦・中野ジローの面白さに困ったはずである。

へへ~んだ♪

人生頑張りゃイイ女をモノに、
ムコ入りだって出来るんだ。

時に殺し合いの如く夫婦喧嘩もするけどさ。
それも互いに深~く愛し合ってるからなんだ。

ちなみに居並ぶ元極道前科者の祝辞コメントに、
「第二期琉球独立党書記局及び教育出版局新宿支局を代表して・・・」
と重々しく府川充男様のお言葉が載っている。お顔の写真と共に・・・。
強いぞ。怖いぞ。前科ないぞ。頭いいぞ。
私が文筆の師匠と崇める人だ。

で、この披露宴のCDがアジアンドラックから発売される。

まあ、何にせよ、よかった、楽しかった、痛快だった。

郭金明様、美神先生様、とっても有難う、お疲れ様でした!

おっと忘れてた。

編集長兼ダンサーの片山恵吾様、感謝感激雨あられ、です!!!

| | コメント (2)

2009年8月 7日 (金)

HIPHOP REPORT集団「49」

劇画マッドマックス8月号にカラーグラビア2Pで『武闘派ラッパー集団「49」』の取材記事が載っている。驚くことに妻・水無がケツを向けて写ってた。それもNANCYさんが指2本をアナナナナルへ・・・。こんなことをトイレでしてたとは・・・。私が見張りをしてたとは・・・。ついでに私が近くで「500円で3本」のジーンズを・・・。コドモマンが聞いたら嘆くだろう。しかし、49さんたちはステキな若者だ。友人の死について語ってた。そうだよ、友情とは何より大切なことなんだ。でも、私には水無が一番大切なの・・・。色々と分かってくれよ、コドモマン !Photo_3 Photo_4

| | コメント (7)

2009年8月 6日 (木)

漫画原作家・水無潤

『ヤクザの奥様は異常性欲者・千のチ●ポを受け入れた強欲マ●コ(劇画マッドマックス8月号・8P掲載)』 原作は水無潤。プロレスラーH・E、ハリウッドスターC・F、格闘家B・S、ロックバンドボーカルK・R、VシネO・H、タレントO・G、ロックバンドK・・・。このアニキ(?)たちにヤキモチコラムを書いた。このマンガの後に『実録・レズたちの異常犯罪復讐世界・8P』というのがある。これももしかして・・・。

随分と妻・水無は調子に乗っている!!!

「お腹のコドモマンが誰の子か?」って何だ、担当編集員K藤クン。私以外に妻を腹ませれる男がおるもんなら腹ませてみんかいな!!!

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

押尾学と水無潤の逮捕。

Photo すいません。更新で書かなくてはならない事は沢山ありますが、書く時間がありません。それで妻・水無のミクシーの日記をコピペしました・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
押尾学、麻薬陽性で逮捕!女性死体と部屋に
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=918558&media_id=42


あらっ!
オイラ、この方と同学年だわっあせあせ(飛び散る汗)
同じ罪名だわっ爆弾そして麻布署…
同じ所轄だわっあせあせ

オイラ救急車で運ばれて
デコ様が迎えにきて逮捕あせあせ(飛び散る汗)

一緒にいた男は逃げたexclamation

逃げるんだよねぇ…こういう時exclamation

押尾さん、ビックリしちゃったのか…

死亡者出たら尋常じゃないよな…



ところで偶然にも先週、7.31発売
アサヒ芸能特別編集
「怖い!刑務所」

わたくし水無潤のこの時の体験記が漫画で載ってますダッシュ(走り出す様)



もちろん、オイラの旦那様であり逮捕、刑務所のプロ「中野ジロー」の仕掛けですダッシュ(走り出す様)

どうぞよろしくあせあせ(飛び散る汗)

すぐ時事ニュースに乗っかる
水無潤でした~冷や汗
(いつもホンマ偶然なのです冷や汗
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホントに、困った水無潤ですが、それに便乗する中野ジローは、もっと困った野郎でございま~す!

| | コメント (1)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »