« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月25日 (水)

ダメヤクザ夫婦の連載は如何・・・?

090325_0437021_3 090325_0431282 「劇画マッドマックス(平成2090325_04333711年5月号)」に連載中の『我輩はダメヤクザである』も第6回目となった。今回は私が後輩2人のチンコロでパクられた時の話だ。「まさか地元の4個下が・・・」と思っていたが、この件で事務所にデコスケがドサドサーッとガサ入れに来やがった。そして、財布の中からシャブが出て所持で現行犯逮捕。尿検の結果、使用反応が出て再逮捕。後輩に譲渡した件の逮捕を含め全事実を否認した。勿論、無罪を狙った訳では090325_0439062ない。後輩らにナメられた悔しさで意地を張ったのだ。当時も今も怒りや恨みなどは感じてない。まったく私はダラしない先輩だ。その後、判決2年を打たれ、初めての懲役へ行くことになった・・・。

続いて妻・水無潤の連載『あたくしはダメヤクザの女房』は第2回目である。これは入籍早々の年明け間も無く起きたトラブルの詳細だ。読まねば損するほど面白いけど、当事者が読まないことを願っている・・・。

| | コメント (0)

2009年3月 6日 (金)

4コマ漫画の連載開始!

実話マッドマックス4月号から4コマ漫画の連載が始まった。タイトルは「元・中野ブラックエンペラー“ヘタ打ち総長”中野ジロー」だ。毎回1作ずつの掲載ではあるが有難いことである。ドジでマヌケな人生を「売り」にするのは恥かしい話だが真実だから仕方ない。こんな奴が中野エンペラーの総長だったのか、と疑う読者の方も居るだろう。だが、そもそも私たちの時代に「総長」とは言わなかった。「アタマ」とか「リーダー」とか、又は「支部長」と名乗ったり呼ばれたものだ。そりゃあ、所詮はガキばかりの集団だが、人様の上に立つ身と成れば責任は重大である。私がヘタ打てば支部の全員が笑われてしまう。何しろ、当時のエンペラーは関東に数ある暴走族の中で最大規模の勢力を誇っていた。中野支部の連中も調子に乗り、暇さえあれば他所のチームを潰して回ったものである。しかし、いつも仕返しで狙われるのは私だ。顔も知らない連中に1人でシンナーを吸って地元をフラフラと歩いてたら襲撃されたこともあった。それでも何とか他からも一目置かれる存在の支部に作り上げた。「過去の栄光」と言われたって男は自信090305_2204401 090305_2203481 を持たなければ卑屈になるだけである。故に余裕で己のバカッぷりを4コマ漫画として仕上げたつもりだ。この連載を少しでも長く続けたい。4コマ漫画は昨年からコミック本の中に何作かずつ描くようになった。それが割と好評で今回の連載に繋がった訳だ。劇画マッドマックスに連載中の「我輩はダメヤクザである」という小説にも1コマ漫画が共に掲載されている。否、イラストと世間では言うのだろう。最近は取材記事よりも漫画の原作を書く仕事が多くなった。けれど、更に次々と漫画の発注を頂けたら嬉しいものだ。まだ未熟な物書きではあるが、亡き父親の跡継ぎとしても面白い漫画を世に描き残せれば・・・と思っている090305_2207131_2

| | コメント (1)

2009年3月 1日 (日)

水無潤のヤバイ連載・・・。

090219_0109181  090223_2110472 劇画マッドマックス4月号から妻・水無潤の連載が始まった。

タイトルは「あたくしはダメヤクザの女房である」だ!

090219_0108221こりゃヤバイ事ばかり書いてある。

私の連載は「我輩はダメヤクザである」という現役ヤクザだった頃のハンパ回想録だが、妻のは現在の日常生活で起きた事ばっかり・・・。

何回続くのか分からないけどヘタすりゃ私のより長期間の連載になるかも知れない。

大学行くほど頭がいいし、文才も妻のほうがある。

それにササッと短時間で書いてしまうのだ。

チクショー、私の仕事をマネやがって・・・。

じゃあ、仕返しでストリッパーに、ポールダンサーに、AV男優になってやる(無理かな?)。

ちなみに私たちは都内某所に引っ越した。漸くネット回線も繋がったし、夫婦で団結して稼がなきゃ・・・。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »