« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

「潤命」と言う名の飲料水

大坂へ行くと何かと忙しい。
それは色々な人に会うためだ。
「ワシのアニキを紹介しますわ!」
「いや、ちょっと妻が一緒だし・・・」
「ええやん、行きましょ、行きましょ!」
とにかく大坂の人は我を譲らない(と思われる)。
そして、紹介されると次々に・・・。
何しろ、私を含めて話の長い人が多い(と思われる)。
やがて何時間も過ぎてしまう。
妻・水無潤を退屈させてないだろうか?
何せ、彼女は私が他の人を相手にしてるとプンプンむかっ(怒り)する。
だが、何処へ行っても話の中心は妻に、視線は妻のエロい身体へと・・・。
「ええ女を騙して・・・」
「このヒモ付き変態エロ作家め・・・」
「こんな男はアカンでえ!」
と口を揃えて言いやがる。
「ほな、これ持って帰り~や」
そう言って渡されたのがミネラルウオーターだ。
見ると『潤命』と言う名であった。
それじゃあ妻に勝てないね、ギブアップするしかない。
強い個性を持ちクセの悪い面もあるが、
皆さんに可愛がって貰えれば嬉しいよ。
ヤキモチなど焼いて堪るもんかいな・・・。
潤は異常なヤキモチ焼きだけどね。
それで周囲にご迷惑をかけてしまうことも多い。
だけど、枕には焼かないでおくれ。
(注・ゴミ箱に一時的だが捨てられた。)
私だって枕を抱いて寝たい時もあるんだからね。
ちなみに『潤命』のペットボトルは大事に飾ってある。
でも、それを私の目の前Photo でグビグビと飲んでる奴がいたら怒り狂うかも知れない!!!

| | コメント (2)

2009年1月18日 (日)

女囚の生活教えます!

「刑務所の中(コアマガジン)」の第2弾が発売中だ。
この中に二つの作品が掲載されている。
「大阪ミナミ 極道のムスメ」11ページ
「極妻 刑務所レズ体験」16ページ
以上のマンガの原作者は「中野遅漏」となっているが、担当編集員のワザとらしい校正ミスであろう。
その他に私の描いた4コママンガが教訓を添えて20作品が掲載されている。
内容はヤクザのヘタ打ちだが、どうも実話ばっかりなので恥ずかしい…。
まあ、読んで面白がってくだされば幸せに思う次第である!!!
01_2

02

03

04


Keimusyononakanohonn_2

| | コメント (1)

2009年1月16日 (金)

ちんこ内メーカー!

実話マッドマックス2月号
私のチン子ちゃんが「不良が語る俺の魔羅」というページに掲載されている。
やたらと我が妻は周りから亭主たる私のチン子は如何な案配なのか訊ねられるそうだ。そりゃ男性経験の豊富なエロ戦士・水無潤がギブアップしたのだからな。獄中生活ばかりで女性体験の少ない私をナメるんじゃねえ。使用してないだけ青年のままで元気なのだ。
しかし、残念ながら異常なヤキモチ焼きの潤が所有物となってしまった。おそらく誰が欲しがっても触ることは許されないであろう。ゲイの方は例外みたいだが・・・!090116_095207
090116_095114

| | コメント (0)

沖縄ハ〜ネムーン♡

10日から14日まで沖縄へ行っていた。昨年の大晦日に入籍した妻・水無潤を連れてのハネムーンだ。

11日、妻の潤は成人式でデカい乳を見せ、未来ある若者たちを狂わせてしまった。
これは某雑誌の企画であるから仕方ない。

12日、妻の潤は「水無潤、初上陸!」というタイトルで松山の繁華街をエロ色に染めてしまった。
これは私の友人が企画したものだ。

何故か、潤は沖縄で人気があるようだ。恐ろしき妻のオッパイは戦時中に襲来したアメリカ軍のミサイルに匹敵するであろう。又、そのM字を超えた開脚は更に凄まじいものだ。おそらく潤のエロは沖縄を占領下に置き、米軍基地が乗っ取られることは間違いない!

私は原稿書きに追われハネムーンを満喫してない。
殆どホテルで缶詰か、潤の後をお供して回っただけだ。
しかし、88のステーキは美味かった。ナタデココ入りのジュースも・・・。

14日には帰京したが、
いよいよ本格的に我らがバカップルは沖縄進出を企てている。
この地から日本は変化を遂げるであろう。080528_155432

| | コメント (6)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »