« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月

2008年10月25日 (土)

新連載『我輩はダメヤクザである』

081024_2329381_4 081024_2328061 081024_2328261 『劇画マッドマックス(コアマガジン)』平成20年12月号。

新連載が始まった。タイトルは『我輩はダメヤクザである』だ。シャブに狂ってはヘタを打ち指も3回詰めた。ハンパで粗悪な我がヤクザ人生だった。再起をかけた男のヘタ打ち回想録を読んで欲しい。1コマ漫画も私が描いたものだ。まあ、己のバカさ加減を自慢しても笑われちまうが、こんなヤツに成らないよう反面教師と捉えて下さいね。40歳も半ばを過ぎてからマトモに生きるのは大変だよ。雇ってくれる会社も簡単には見付からない。何倍も努力することになる。頭が固まっててパソコンを覚えるにも間違えてばかりで悔し涙が出た。何しろ、中学の時は通信簿がオール1だった。宿題なんか一度もやったことはない。それが今じゃ親子ほどに年下の編集員から叱られて何度も原稿の書き直しだ。収入だって大したことない。悪いことすりゃ儲かるけど必ずツケは回ってくるものだ。刑務所に入るために生まれてきたんじゃない。貧乏暮らしでもシャバには夢や希望が転がってるんだ。何ヶ月か、何年か、この連載が続くか分からないけど全力投球で書いてみせるぜい!

| | コメント (1)

2008年10月21日 (火)

4コマ漫画デビュー作

12354 Photo_6 Photo_7 Photo_8 『実録!体験談 刑務所の中』というコミック本が発売されている。マッドマックスのコアマガジンからだ。この中に私の描いた4コマ漫画が載っている。ストーリー漫画の間に1個ずつで計25個の作品だが、とりあえず世間に披露するのは初めてなのでデビュー作と言えよう。

そして、この本に私が原作を書いた漫画も掲載されている。

「極楽! 炊場こだわりグルメガイド(18P)」

「実録 刑務所懺悔録(10P)」

・・・の2作品だが、読んでみて欲しい。月形刑務所と徳島刑務所のお話ですよ!

| | コメント (1)

2008年10月 3日 (金)

無事、イベント終了!

Photo Photo_2 Photo_3 9月27日、私は新宿ロフトプラスワンで「アウトローが地球を救えるか?」というイベントを行った。とりあえずは無事に終了したが反省点は沢山ある。

出演者との打ち合わせ不足のため、本来の進行ラインから大幅にずれた事。宣伝不足のため会場に空席があった事。司会向きではない私が司会をするにあたり勉強不足だった事。「テメエら、絶対に来いよ!」との私の指示を忘れて「あれ、今日だったんッスか?」と甘えを許しちゃった事(オマワリさんと後輩ども)。

つまり私の準備不足が原因だ。

しかし、出演者の方々は楽しんでいたように思われる。それは紅一点の黄金咲ちひろ様が美しかったからだ。普通はお客様が「一緒に写真を・・・」と出演者の方にお声を掛ける例が多いのだと思う。だが、出演者が我も我もと黄金咲ちひろ様と写真を撮るのに躍起になっていた。私もである・・・。

やっぱり黄金咲ちひろ様はゴールドが似合っていた。前に何度かお会いはしたが「ホ」の字になりそうで困った、困った・・・。

もっと嬉しいのがお忙しいのにマイミクの女性が駆けつけてくれた事である。またまた「ホ」の字になりそうだ。なんて惚れやすい男なのだろうか、まったく私は・・・。

そして、1人の女性のことで頭が一杯になってしまうほどボケやすく冷め難い。だからと言って自分から告白できない意気地なしな男である。

当日、乱入する予定だったジュジュはケロッとした顔で打ち上げの店外へ「ウキウキランラン♡」と顔を出した。女性とは不思議たるものだ。まあ、会場に缶ビールの差し入れをしてくれたから有難うね・・・。

それにしても打ち上げで呑みすぎたオジサンたちにも困った、困った。もっと困ったのは2丁目のデイスコへ連れてってくれた方々だ。「踊れ、踊れ!」の連発でオカマちゃんたちに囲まれて踊った。割と楽しかったが・・・。

最近になって踊るのは2回目だ。先日も六本木と2丁目で28年ぶりに踊った。若かりし頃の思い出が蘇ってくる。シンデレラ、ブラックシープ、アップルハウス、トゥモローUSA、ギリシャ館などなど、新宿のデイスコは常連だった(気がする)。が、決して私の踊りは上手くはない。白金台のお店などで踊ったら先輩に笑われるどころか殴られることは間違いない!

それにしても「アウトローが地球を救えるか?」のイベントは第2回目を行う予定でいる。もう少し仕事の基盤を固めなければならないが・・・。

とにかく出演者並びに会場へご参加下さった皆様方たちに御礼申し上げます。有難う御座いました!!!

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »