« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

9月27日、何かが起きる!

『アウトローが地球を救えるか?』

新宿ロフトプラスワンのイベント内容。

一部 7:00~8:00
「アウトローとは何だ?」
・ゲスト紹介
・何故、古きアウトローはカッコよかったか?
・憧れたアウトローは?
・闇に隠れた悪いヤツ。
(ゲストの方々が互いに過去と現在のアウトローについて語合います。武勇伝、失敗談、面白いエピソードが数々と飛び出す裏社会の実態!)


二部 8:10~9:10
「何故カッコ悪くなったか?」
・お国が悪いか、ヤクザが悪いか?
・暴対法
・共謀罪
・陪審員制度
(法律面を加えてのトーク。地下に潜りマフイア化するヤクザ。前科者の受け皿はなく、生存の場さえ奪い去ろうという現状。果たして悪法なのか?)

三部 9:20~10:20
「今後、アウトローは如何に生きるべきか?」
・アウトローを如何思いますか?
・アウトローは、日本を、地球を救えるか?
(会場からの質問を交えて・・・)

報告事項 10:20~10:30

という内容で行く予定です。
その他のゲストも依頼交渉中。
飛び入りも歓迎です。
警察官、公安、ヤクザ、一般市民の方もご来場をお待ちしてます。
実は何を隠そうスゲエ人も来るとか・・・?

きっと何かが起きる!!!

| | コメント (0)

2008年8月28日 (木)

政治、心身症、薬物問題・・・!

Photo Photo_2 Photo_3 去る8月23日土曜日、何かの『縁』を感じる一日であった。
まずは某出版社の編集員と大切な仕事の打ち合わせをした。
その後、私は新宿駅東口へと足を向けた。
来月に行うイベントのゲストである針谷議長とお会いするためである。
しかし、それだけではない。
新右翼と呼ばれる統一戦線義勇軍の活動には興味以上の関心がある。
決して彼らは他の団体にありがちな職業的右翼の道を歩んではいない。
何故に正業を持ちながら政治運動へと情熱を注ぐのか・・・。
まあ、それについて語れば長くなるので今回は止めておこう。
午後3時・・・。
「異常な天気が続いてます・・・」
と議長は拡声器を持って自然体で通行人に語りかける。
「ボクらは反米愛国を唱え・・・」
段々と言葉に熱さは増し、周囲から拍手が飛び交う・・・。
やがて、演説に一区切りつけると議長は私に言った。
「何か喋りますか?」
「いやあ、私如きが・・・」
と答えながらも拡声器を受け取り喋っちゃった。
「かつてアウトローがカッコよく生きた時代があったんだ~!」
そう声を張り上げたが、どうも雰囲気を壊してしまったような気もするな・・・。
ただのイベントの宣伝じゃないかよ、まったく・・・!
確かに私は過去を振り返っても現在もカッコよくはない。
ケンカも意志も弱くハンパなアウトローである(でも、ヤクザは辞めたよ)。
だけど、これからはカッコよく生きたい!
この日、もう一人の若者が街宣に加わっていた。
熊本から来た20歳の彼は純粋で素朴だ。
故に生きづらい社会で精神的に壊れないかが心配である。
定例街宣終了・・・。
私は議長たちと何処の喫茶店へ入ろうかフラフラ歩いてた。
すると「中野さん!」って呼ぶ声が聞こえたんだ。
横を見たら『こわれものの祭典』の月乃光司さんが立っていた。
人通りの多い路上でバッタリと出会うなんて・・・。
「オナニーの話しましょうよ~♪」
「新潟へ呼んでよ~♪」
などと一方的に私が話してたような気がしないでもない。
それにしても議長や月乃さんは会うたびに同じ地味な服装である。
私は気分によって服装を変えるけどね。
時に怪しく、時にマトモに・・・。
「じゃあ、またね~♪」
と互いに挨拶を交わし月乃さんと別れ再び議長たちと歩きだした。
今度は小冊子を通行人に配ってる若い男女を発見・・・。
何でも貰わなきゃ損と思い受け取った。
その小冊子には、
『薬物にNO! 生きることにYES!』
と書かれてあった。
少し薬物について語り合い立ち去る。
そして、議長たちと喫茶店に入りイベントの打ち合わせをした。
もっと暴対法や陪審員制度について勉強せねばならぬ・・・。
議長と会うたびに教えられることは多い。
政治、心身症、薬物問題・・・。
今後、これらの問題を更に深く課題として取り組みたい!!!

| | コメント (0)

2008年8月26日 (火)

劇画・大使館専門コールガール

現在、発売中の「劇画マッドマックス10月号」に原作を書いた漫画が掲載されている。

先月号と同じくエロい女がテーマだ。コールガールとして銭を儲けるのは悪いことではある。

だが、あまりにも安易に物事を考えているような気がするな。

そりゃ短時間で楽に稼げる手段ではあろう。

しかし、それで成功した例は少ないのではないか・・・。

結局は上手く銭も残せず、転落した人生を送る女の数が余りにも多すぎる。

悪質なホストやヒモ的ヤクザに利用された挙句、ドラッグに溺れてしまうケースも数知れない。

そして、男性不信に陥り精神に障害をもたらす・・・。

将来の目的を持ち、プロに徹してリッチな暮らしを手に入れるのは並大抵なことではない。

大使館を顧客に持てば一次的には良かろう。ヘタすりゃ玉の輿も夢ではない。

だけど、世の女どもよ、男を甘くみるな・・・。

世間にはスケベな男ばかりだが、色仕掛けで転ばない男もいるんだぜ。

若いときは良くても年齢と共に男から相手にして貰えなくなるのも現実であろう。

ステキでカッコいい女になるには女を磨くことは大切であり、女だからって甘えが許されるものでもない。

とりあえず読んで欲しい。

次回は私が徳島刑務所で体験した話が実話マッドマックスに掲載されるであろう。

それも楽しみにしてて頂戴ね!!!

| | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

アウトローが地球を救えるか?

 かつてアウトローがカッコよく生きた時代があった。明治維新もアウトローのパワー無くして実現されず、戦後の荒廃せし日本で弱体化した警察力の代わりとなり民衆を救ったのも揺るがせない事実である。それが高度成長期と共にアウトローが権力を持とうとした。国家権力を握る連中は恐れ慄き取締りを強化し、世の中から葬り去ろうとしている。アウトローな生き方が世間にご迷惑をかけてるのは反省すべきことだ。
 しかし、この地球から完全に「悪」が消滅することはありえない。表面上だけ真面目なスタイルをつくろってアウトロー以上に悪い輩も多く、見た目は悪そうだが割と中身を知ると意外に純粋で優しい連中だったりもする。現代のアウトローは如何に生きるべきか?
 そして、日本を、地球を救えるのか・・・?
 アウトローな超エロ・ストリッパーが乱入の予定!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 【出演者】
 ・出石大(元極道作家)
 ・針谷大輔(統一戦線義勇軍議長)
  ・黄金咲ちひろ(日本一ゴールドの似合う女) 

【司 会】 
 ・中野ジロー(作家・ライター)
 【場 所】
 ・ロフトプラスワン
  新宿区歌舞伎町1-14-7-B2F
  TEL 03-3205-6864
 【日 時】
 ・平成20年9月27日(土)
  OPEN18:30 START19:00~10:30
 【料 金】
  ♂¥2,000 ♀¥1,500 (飲食代別)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ☆出石大プロフィール☆
 昭和19年2月11日兵庫県生まれ。勤労意欲、皆無の為、16才にして餓狼会なる愚連隊組織を結成して昭和34年当時の渋谷、新宿で遊び回る。されど、得るものは無くイタズラに傷害事件を重ねた揚げ句、中等少年院等の施設を渡り歩く。 20才の秋、某組織の幹部を死に至らしめ、十年の懲役を浦和、宇都宮、府中刑務所で満期まで服役する。 出所後、東京に本拠を置く組織と縁を持ち35年間の無為なる時を過ごす。 三次団体の二代目を継承するが所詮、外様の身故に軋轢が多く平成6年に内輪のトラブルで絶縁に為る。 以後、モノ書きとして今日に至る。

 ☆針谷大輔プロフイール☆
 昭和40年東京都生まれ。新右翼民族派団体統一戦線義勇軍議長。暴走族・横浜連合総会長として神奈川で名を轟かす。引退後は右翼の世界に身を投じ統一戦線義勇軍に加入する。池子米軍住宅反対闘争に従事。昭和62年には住友不動産会長宅襲撃事件に参画。その後も実戦活動家とし武装化する中、平成8年銃刀法違反で検挙。3年4ヶ月の刑期を広島刑務所にて過ごす。服役後は、熱情的な弁舌と行動力を武器に、多肢に渡って活動を展開。新右翼の将来を担う指導者と目される逸材。http://www.giyuugun.jp/

 ☆黄金咲ちひろプロフィール☆
 昭和53年生まれ。早稲田大学卒業(第一文学部史学科美術史学専修)。 東京真珠(株)入社後、営業職として勤務するもわずか10ヶ月で脱サラ&起業。 合資会社「黄金の夜明け」の代表を務め、心理カウンセラー、カラーセラピスト、タロット占い師、ジュエリーコーディネーター、モデル、作詞家&歌手、異端の落語家、ライターなど他分野にて多才な能力を発揮。テレビや映画などに出演しては話題を呼び人気を得る、フェチやエロのような禁断の世界までもを制覇するが如き勢いで活躍中。"ゴールドが一番似合う女"。http://www2.to/golden-dawn

 ☆中野ジロープロフィール☆
 昭和35年愛知県生まれ。暴走族・中野ブラックエンペラーを設立し、燃える青春時代を過ごす。19才の頃、関東で名高き武闘派ヤクザ組織に加入。組幹部となるが、極道歴28年を経て現在は組織を完全離脱。ヤクザ、刑務所体験を生かしてアウトロー文筆家となる。 「実話・劇画マッドマックス」など主に実話系の雑誌に取材記事や漫画原作を執筆中。著書・「刑務所ぐらし(道出版)」。獄中17年、前科8犯、逮捕歴17回。
 新ブログ『中野ジローの暴走日記』 http://nakano26.cocolog-nifty.com/ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (4)

2008年8月13日 (水)

あなたの知らない刑務所世界DX

『あなたの知らない刑務所世界DX(コアマガジン)』平成20年7月6日発行

●「巨大暴力団組長が君臨する地獄の雑居房」20P

●「甲府刑務所生活の心得」15P

●「刑務官列伝・前編」9P

●「刑務官列伝・後編」8P

以上、4つの漫画が掲載されている。

かつて私が原作を書いたものだ。

漫画家さんも上手くお描きになってるし自信作と言えよう!

刑務所に入ったことのない人も、

これから入る人や入ってる人も楽しめる漫画だよ。

今までの刑務所コミック本より分厚いから読みごたえもあり、

他の作品もオモロいから読んでみてちょ~だいな!!!

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

大洗海岸にて・・・。

八月三日早朝、オス八匹とメス一匹が二台の四つ輪に分かれ茨城県にある大洗海岸へと向かった。

10代の頃には夏になると大勢の仲間たちと伊豆の白浜へ行くのが常であり、時に千葉の御宿へ単車を走らせたものだ。

大洗は水戸少年刑務所に収監される際、移送バスの中から眺めただけである。

先日は熱海海岸で亡き父との思い出にひたりながら砂浜で寝っころがった。

一昨年、千葉の富津海岸で20数年振りに泳いだ。

昨年と続いて参加した友人が主催する恒例のジェットスキー&バーベキュー大会である。

沖縄の青く透き通る海でもジェットスキーでかっ飛んだぜ!

しかし、今年に入り海水浴場へ遊びに出かけたのは初めてだ。

ところが実は遊びに行った訳ではない。

少なくとも私以外のオスメスは銭を得に出向いたのである。

それだけではなくエロ的な行為を楽しんでもいたようだ。

ラーメン、焼きそば、イカ焼き、お茶・・・。

ただ私は海の家で食うために行ったようなものである。

それとメスのお世話・・・。

バッグを持たされ、パシリをやって、日焼け止めをケツの穴まで塗らされた。

ふふふ・・・、ナメるなよ。

メスを連れて二匹で海に入り二回ほど足払いで倒し沈めてやったぜ!

勿論、そのメスが泳げないのを知っての上だ。

帰りの車内ではメスの枕になりながら思った。

早く原稿書かなきゃ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »